FC2ブログ
 

ローズミンタラ

らん、らん、らん


まだ、昨日の 「 らんフェスタ 」 の余韻に浸っていました。

甘い香り、スパイシーで刺激的な香り、ほのかな香り、

バラの香りとは ちょっと違うようです。

匂いを思い出すなんて、ボクの祖先は、狼か? それとも犬か?

s-651-1.jpg

市販の切り花は、香りが出ないように品種改良されてきています。

部屋に強い香りが立つのが嫌われているのだそうです。

そりゃあ、小さな部屋に カサブランカ を ドカーン と飾るなら、

匂いにむせることもあるでしょうが、多少匂ってくれたほうが

「 生花だ 」 という実感があります。



蘭の花、ことに カトレア などは、妖艶です。

光の加減で妖しい姿を見せます。

s-651-2-18日の朝刊

原産地では、どのように見えるのでしょうか?

“ 熱帯の奥地でひっそりと咲いている ”

そんなイメージなのですが、ほんとうは、どんなふうなのでしょう?



「 ひっそり 」 と言えば、クリスマスローズが咲きました。

名前の華やかさとは裏腹に、うつむき加減に咲いて、

なかなか顔を見せてくれません。

大きな葉の下で、「 ひっそり 」 と咲いているのです。

s-651-3クリスマスローズ

あちらから パチリ、こちらから パチリ。

上から パチリ、下から パチリ。

何とか、花の顔を撮りたいという悪戦苦闘の結果、

白は一株しかないのに、こんな写真になってしまいました。

これも品種改良して、名前にふさわしい咲き方にして欲しいものです。











PageTop