FC2ブログ
 

ローズミンタラ

修学旅行最終日


3日目は、高桐院と高台寺を観て、帰ることにしました。

高桐院は、大徳寺の塔頭 ( たっちゅう ) の一つで、

細川忠興が建立した細川家の菩提寺。

境内には、忠興と夫人のガラシャが祀られています。

s-364-1 高桐院に至る道

表門に至る道は、高木や竹が林立して、予告編が始まります。




表門をくぐると、そこは、別世界。 豆福好みの世界です。

よく使われている風景ですが、写したくなる佇まいです。

s-364-2高桐院に至る細道

細い石畳、目隠しの竹林は、

遠近法の絵画のようで、奥行きを感じさせます。





9時オープンなのに、すでにこの行列。

s-364-3高桐院入口

「 アレ、この石は人の顔に見える 」

「 いいものを見つけましたね 」 と前列の人。

歓迎のご挨拶に現れたのでしょう。

「 高桐院の座敷わらし 」 と命名しようかな?



院内に掛け軸がありました。

s-364-4 一鳥啼山更幽

「 一鳥啼 ( な ) いて、山更に幽 ( かすか ) なり 」

と読むのでしょうか?

「 鳥 」 を文字ではなく、水墨画で表すなんぞ、遊び心満載です。

庭では小鳥が鳴いていました。

じっとしていると、ここは、奥深い静かな山荘。

そんな錯覚をさせるところです。

この佇まいが、魅力の一つです。




次は、高台寺

ナビに翻弄されて、正規の駐車場から離れたところに駐車。

ここは、豊臣秀吉と北政所 ( ねね ) の菩提寺。

でも、ここに至る道は 「 ねねの道 」 と名付けられていて、

ねねの菩提寺という印象が強い。

没後も 「 かかあ天下 」 ( 失礼! ) ということですかね。



ここは、高桐院とは全く逆。

s-364-6高台寺入口

広い、明るい、にぎやか。

坂もあれば、階段もある。廻りきれない。

s-364-7高台寺庭園

帰る時間が迫ってくる。

s-364-8高台寺

後ろ髪を引かれながら帰途につきました。

s-364-9高台寺触れ仏

また、いつか、きっと・・・楽しい修学旅行でした。



ps

高台寺に行く途中で竹製の垣のようなものを見ました。

s-364-10高台寺これな~に

これは一体なんなのでしょう?





PageTop