FC2ブログ
 

ローズミンタラ

パソコンに翻弄されて

新型コロナ禍でサークル活動でも集まることがはばかられます。

パソコンサークル「えびす」では、去年の秋からzoomを使ってオンラインでサークル活動を始めました。

s-20210128-1.jpg


三密にならずに、参加者全員が顔を合わすことができるのですから、便利です。

メンバーは頭が固くなった熟年が多いので目を白黒させながら参加しているのですが、若い先生とサポーターさんが気長に(我慢して?)指導してくれるので、助かっています。

 

ところが、使っているノートPCが不安定になってしまいました。

内蔵カメラの画像が映ったり、映らなくなったり・・・

ディスプレイの角度によってはカメラ以外の画像もチラつく。

外付けカメラを使ったところ、カメラ機能そのものは大丈夫だということが分かりました。

一定の角度では、ディスプレイも大丈夫。

ということは・・・PC本体とディスプレイをつなぐヒンジの接触不良か?

これは厄介だねぇ。

やむなく、zoomには、豆福のパソコンを借りて参加していました。

 

パソコン本体とディスプレイが分離できるといいのに! 

ふと、骨董品のipad-2があることを思い出しました。

IOS9.3.5からバージョンアップできずに、お蔵入りになっていたのです。

(ちなみに現在のIOS14.3です)

s-20210128-2.jpg

これを使うと、PCとディスプレイの分離ができることになるのではないか?

調べてみるとspacedeskと言うフリーソフトをPCipadに入れるとミラーリングできることが分かりました。

久しぶりに充電して試してみると・・・映りました。

ところが、ところが、映るのは映るけれど約3秒遅れでカクッ・カクッ・カクッとしか動きません。

パントマイムのロボットの動きです。

骨董品はディスプレイとしても骨董品、現役として使うにはムリがありました。

 

次に思いついたのが、TVPCの画面を投影するという方法。

客間に22インチのTVがあります。

最近はお客が泊まることもないので、これを使おうか。

10年前の製品ですが、幸いなことにHDMIの受け口があります。

HDMIケーブル(1.5m)は100均で購入(330円)してきました。

さて、映るか?

s-20210128-3.jpg

(左側のシルバーがノートPC、正面がTV)

繋いでみると「Oh!ミラーリング成功!」

画質はPCよりも低いけれど、大きく映るので迫力があります。

 

ところが、ところが、ところが、目が慣れていないせいかワードを使うにはワイドすぎ。

デザイナーやユーチューバーはもっと大きなモニターを使っているのですが、ブログをアップする程度では、この横幅は持て余し気味。

画面はTV側でモードの切替で調整をすることができました。

これでワードはOK! 快適、快適。

 

ところで、Webはどうじゃ? メールはどうじゃ?

ん~! 逆にWebもメールも横幅が入り切らないことになりました。

また、切り替えなければなりません。

なかなか面倒だということが分かりました。

 

豆福からは「諦めて、直しに出すか、新しいのにしたら?」

ありがたいお言葉ですが、330円じゃあ直しも買えもしないからね。

手持ち品の有効活用で、どこまでできるのか試したいのです。

これで満足したわけではないけれど、しばしこれで遊んでみます。

「薔薇がいなくなったら、パソコンですか?」

豆福は、呆れ顔です。

 

Q&A

ノートPCをデスクトップPCとして使うには、天板を閉じないと邪魔です。

閉じて使うには、いくつかの課題がありました。

 

Q①:ノートPCを閉じても電源が落ちないようにするには?

A①:Windowsロゴ(スタート)から「設定」を開き→システム→電源とスリープに進みます。

s-20210128-4.jpg

後は、「画面」も「スリープ」も「なし」に変更すればOK

 

Q2:閉じているノートPCをどうやってONにする?

これは難問でした。

A2:難問はパソコンの専門家に聞くに限る。

ボクのPCdyanabookなので東芝にメールで尋ねると

「あんしんサポート」センターからメールで返信が来ました。

s-20210128-5.jpg

ちょっと操作が面倒でしたが、コンセントの電源のON、でPCのスイッチが入るようになったのです。これで難問解決

閉じたPCのキーボードは、ipadで使っていたBluetoothキーボードを流用。

テンキーは、ThinkPadx200で使っていた無線テンキーを流用

マウスはdyanabook付属の無線マウスがある。

かくして、ノートPCはデスクトップへと変身したのです。

 

今回は「放浪記」ならぬ「パソコンに翻弄され」た「翻弄記」でした。

PageTop

オンラインえびす

お国の緊急事態宣言で、地域交流センターゆうの活動は中止。

パソコンサークル「えびす」の活動も中止していました。

 

先月末になると、緊急事態宣言が解除されたので、「ゆう」の貸し館が開始。

えびすも広目の研修室でソーシャルディスタンスを確保ながら開始することになりました。

s-20200611-1中研修室

リモートの参加者を含めても参加者は13名なので、余裕の広さです。

 

えびすの活動は「4/月」程度なのですが、みっちぃ先生のスケジュールによると、今月はミーティングツール「Zoom」の基礎で、来月からは座学とオンラインを半々で進めるようです。

果たして、ついていけるか、ちょっと心配

 

久しぶりの顔合わせ、しかも大きなマスクをしているので誰なのか分かりにくい。

声を聞いてから、「ああ、〇〇さん! お久しぶりです」という塩梅。

s-20200611-2えびす

事前にZoomで練習しているメンバーと、今日インストールするメンバーが居たので、とりあえずスタートラインを統一しました。

 

東京、札幌、赤平、浦臼のメンバーはオンラインで参加。

s-20200611-3.jpg

遠く離れているのに、同じ時間に顔合わせできるというのはオンラインの強みですね。

Zoomは、無料で使える人数は100人まで、時間は40分ですが、主催者が有料会員の場合は無制限になります。

えびすの参加者は無料会員ですが、主催者のみっちい先生が有料会員なので、時間を気にせずに進めることができました。

おかげで、だいぶ分かった!(ような気がします)

 

100人もオンラインで参加したら、小さなパソコン画面に入り切らない!

と思ったのですが、今や大画面のモニターをつなぐこともできる。

プロジェクターで投影して大画面で見ることができるかもしれない。

100人オンラインは、心配ご無用ですね。

 

この日は、Zoom入門編でした。

これから先、どんなセミナーが展開されるのでしょうか?

落ちこぼれないように、がんばります。

 

PageTop

i-phoneのカーソルを簡単に移動

先日のブログに、『マスク売り切れ! 棚からマスクが消えてしまった。

まるでオイルショックのトイレットペーパー買い占め騒ぎの再来です。』

と載せましたが、本当に再来したかのようです。

 

新型コロナウイルス予防でマスクの売り切れは、何とか理解の範囲内でしたが、トイレットペーパーやティッシュの買い占め、果てはキッチンペーパーまでが売れに売れているというのは・・・

こうなると、もう、なんとも理解の範囲外です。

 

歴史に学ばない(?)日本人像が垣間見えて、寂しくなります。

あつものに懲りてなますを吹くの類で、振り子の揺れが大きすぎます。

 

北海道では新型コロナウイルスの感染拡大を阻止しようと「緊急事態宣言」が出されました。

s-20200301-1.jpg

(北海道新聞の記事です)

2/28(金)~3/19(木)に集中的に対策を講じるとし、

当面、2/29(土)・3/1(日)は、外出自粛を要請するというもの。

籠城(ろうじょう)、蟄居(ちっきょ)、閉門(へいもん)が、現実になりました。

外出自粛となると、読書やパソコン・スマホとおつきあいする時間が増えます。

 

緊急事態宣言を真摯に受け止め(?)蟄居して、iphoneで遊んでいました。

入力した文字を訂正したいときに、カーソルを思うような位置に移動できなくてイライラしたことがあります。

タッチしても指が太いのか、狙った位置に収まってくれません。

カーソルを指で強く押し込んで、指を左右に捻ることで、12文字分は移動できるのですが、それ以上はムリ。

タッチペンを使うと狙った位置にカーソルを移動できるのですが、いつもタッチペンがあるとは限りません。

 

それを指でも簡単にできる方法が紹介されていました。

便利なので、ご紹介します。

s-20200301-2.jpg

文春オンラインに載っていたのです。

https://bunshun.jp/articles/-/11295?page=4

 

早速iphoneの「メモ」で試してみました。

s-20200301-3.jpg

日本語ひらがな入力のときは、「空白」を長押しするとキーボードが白地になります。

すかさず白地のキーボードに指を移すと、指の動きに応じてカーソルが任意の場所に移動するのです。

 

英数字画面のときは、どうする?

s-20200301-4collage.jpg

  (英字キーボード)           (数字キーボード)


スペース・キーの位置は下方になるけれど、長押しするとキーボードが白地になるのは同じです。

このカーソルを移動する方法は、音声入力で誤変換された単語を訂正するときなどに便利です。


 

 

PageTop

いぶし銀の夢

【冠(かんむり)】

「クラシック classic」という冠がつくと、重厚で、上品で、華麗。

音楽にしても、バレーにしても、文学にしても、このイメージどおりです。

車になると古典的名車。スピードはそこそことしてもカーマニア垂涎の的。

ひとには、「いぶし銀」という文言がありますが、これも垂涎の目標?

 

ところが、往年のパソコンとなると、重くて、遅くて、能力不足となります。

生鮮食品と同じで、時間が経つほど活きが悪くなり、見向きもされません。

新陳代謝が激しい代物です。

古いパソコンは「中古」と称されて、「クラシック」の尊称を使われることはない。

ちょいと可哀想。

 

Think Pad X200

s-20200127-2.jpg

十数年前はモバイルの代表格だったThink Pad X200

今や骨董品ですが、愛着があって捨てられません。

そんなお蔵入りしていたパソコンをパワーアップした記事を読みました。

これは、イケルかもしれない!

 

先日、DynaBookをカスタマイズしたばかりです。

これはもともとWin10でしたが、起動が遅くなったので、HDSSDに装換してメモリを増設した結果、パワーアップして「羊の皮をかぶった狼(?)」に変身したのでした。

 

Think Pad X20032ビットのXP、メモリは4Gb)をそのままWin10にすると動作が鈍くなるかもしれないな~?

と思っていたところ、64ビットのWin10を積んだ480GbSSDを見つけました。

しかも、Microsoft Officeと互換性のあるOfficeも入っている。

もしかして、ハイパワーのクラシック・マシンとして蘇るのではないか?

淡い期待が出てきました。


【カスタマイズ】

開腹手術は例によってヤギさん頼みです。

Oh! Win10がスムーズに動作する。

 

次は、メモリの交換です。

ユーチューブに交換の手順が載っていたので、自分でやることにしました。

s-20200215-2.jpg

PCを裏返して、バッテリを外して、入っている2Gbのメモリを2枚とも外します。

下に用意した4Gbのメモリ2枚に入れ替えます。

 

メモリ横のバネを開くとメモリがピョンと起き上がるので、抜き差しができます。

s-20200215-3.jpg

2Gbのメモリを外します。


Gbのメモリ2枚を入れました。

s-20200215-4.jpg

合計8Gb、これ位あればWin10でも普通に動くはず。

 

さて、これで、パソコン側でメモリを認識してくれるといいんだけど・・・。

s-20200215-6デバイスの仕様

Oh! OK! 大丈夫でした。 8Gbとして認識されています。

これでスペックは従来の2倍以上になったはずです。

本当は、CPUも取り替えたいのですが、それは、次の♪お楽しみ~。

 

あとはネット環境を整えてと・・・

EdgeWin10メールの立ち上げにはちょいと手こずりましたが、どうやら成功。

使い慣れていないせいか、EdgeWin10メールは使いにくい。

s-20200215-5.jpg

Googleもインターネットセキュリティ対策ソフトもダウンロードしたので、これで完成。

骨董品は「いぶし銀マシン?」として蘇りました。

 

 

PS

ネットで調べると、この程度の中古品は2~5万円で出回っていました。

今回は、ベースとなるPCがあったのでそれ程の費用はかかりませんでしたが、部品を買って手間ひまかけるなら、中古のPCを買ったほうが早いかもしれません。

豆福からは、「2台も持ってどうするの?」と聞かれます。

そうなんです。合理的に考えるとグーの音も出ません。

「サブ・マシンとして使うんだから・・・」と言い訳をしましたが、愛着あるマシンを「いぶし銀マシン」として蘇らせたいという夢にとり憑かれたんでしょうかね?

もう少し地に足がついたことをしなければ・・・(反省!)




 

PageTop

アンチエイジング

使いやすかったWindows7のサポートも先日で終わってしまいました。

もう、ネット環境では使えませんね。

Win95から始まって、98XPVista、7、8と代替わりして来たので、次は9だろうと予測していたら、出てきたのは、なんとWin10

どうしてこんなに変わるんでしょう?

 

Win10が出たときは7を使っていました。

ある日、勝手に10に乗っ取られて(?)しまったことがあります。

強引に7に引き戻して使っていましたが、キーボードにトラブルが出て、入力ができなってしまったので、今使っているWin10のパソコンにしたのでした。

4年前のことです。

s-20200127-1.jpg

最近、このパソコンの寝起きが悪くなりました

ときには電源を入れてから目が覚めるのに3分もかかってしまいます。

次にデータ呼び出すのにも30秒前後かかるではありませんか。

作業を終えてシャットダウンするのにも30数秒。

こう書くと、そんなに長くも感じられませんが、灯りに例えると分かっていただけることでしょう。

スイッチを入れてから灯りがつく迄に3分かかるとしたら、その3分はとてつなく長い。

パソコンがジジイになってしまったのです。

 

こちらもジジイなので、調べ物をしようと起動するまでボーッと待っていると、何を調べるのかを忘れてしまいます。

起動スピードは完全にスマホに負けています。

こんなノロノロ動作は、手術後の自分の姿を見ているようで、情けない。

歳を取ると気が長くなり、丸くおおらかになるのかと思っていましたが、どうやら気は長くなりそうもありません。

 

試しに、古いWinXPのパソコンを出してみると、XPのほうが早いではありませんか!。

s-20200127-2.jpg

XPはサポートが終了しているので、ネットの利用はしていません)

12インチなのですが、キーが打ちやすいのとワイドでない画面が気に入っています。

今となっては重量が重いので、モバイルと呼ぶにはおこがましいのですが、退職後の仕事の相棒だったので、処分できずにいます。

 

気を長くする訓練なら、遅いままでもいいのですが、作業効率が悪すぎます!

パソコンは、dynabookAZ85、脳みそのcpucore i7(第6世代)、作業エリアのメモリーは8ギガバイト(Gb)、記憶容量のハードディスク(HD)は1テラバイト(Tb)。

当時としては処理能力に優れたものを手にしたと思ったのですが、度重なるOSの更新とソフトの導入やデータの蓄積で疲れてしまったんでしょうかね?

 

起動が早くなるというソフト面の対策を試したのですが、目立った効果はありません。

どれだけ重いデータが入っているの?

あれっ! HD20%しか使っていないではありませんか!

ということは、度重なるOSの更新が殊の外重かったということでしょうか?

 

ソフトだけではダメだ。ハードの対策に切り替えよう。

メモリーを増設し、ハーディスクをSSDに入れ替えることにしました。

(メモリー)

s-20200127-3.jpg

パソコンにメモリーの空きがあったので、追加するメモリーとSSDをお取り寄せ。


でも、パソコンを開腹手術する知識がありません。

開腹手術は地元のパソコン取扱店にお願いしました。

愛称:ヤギさんというパソコンに堪能なマイスターがいるのです。

(SSD)

s-20200127-4.jpg


メモリーを追加して、OSとデータのクローンをSSDに入れ替えてもらうことにしました。

午前にお願いして、午後には一丁上がり。

スマホのスピードにはかなわないけれど、気持ちよく稼働するようになりました。

取り替えたHDは、バックアップの外付けHDとして使います。

外観は代り映えしないけれど、中身がパワーアップしました。

昔の車の宣伝文句を引用すると、“羊の皮をかぶった狼”に変身。

ヤギさん、どうもありがとう。


s-20200127-5.jpg

(右上の箱は、外付けHD用のケースです)

ん~! これらの部品を取り替えただけでパソコンは若返えりました。

最大級のアンチエイジングに満足です。

ヒトも部品を取り替えたらサクサク動けるようになる時代が来るかもしれません。

ボクもがんを切除したので、春まで気張って、アンチエイジング!?

ん? いくらなんでも、それは、無理か!




 

PageTop