FC2ブログ
 

ローズミンタラ

ジャリンバ初詣

大晦日までは、お天気は荒れることがなく、雪も少なめでした。

穏やかなお正月を迎えることができるかと思いきや、年があけると一転して吹雪。

元旦、2日と除雪車が出動しました。

穏やかな日が続く? そんな甘い考えではダメじゃと言われたかのようです。

 

3日は小雪(こゆき)となり、恒例の「ジャリンバ初詣」

お賽銭は、市の図書館、地域交流センターゆう図書室の絵本になるので、ささやかな額ですが応援してきました。



先にちびっこさんがお参りをしていまいた。

s-20200103-01.jpg

かわいい!

赤ジャリも青ジャリもメロメロです。

彼女たちのお願いは何だったのかなぁ? 

赤ジャリと青ジャリのあの様子じゃあ、願いはきっとかなうことでしょう。

 

今年は、御札がバージョンアップしていました。

「お守り袋」が追加されたのです。

その中には、何と、ジャリンバ様の御神体の分身が入っているではありませんか!

s-20200103-2.jpg

これは、これは、きっと、「願いがかなうジャリ!」

 


ジャリンバ初詣のあとは、おんちゃんちでお年始。

ご先祖様をお守りしていただいているので、ご先祖様にも新年のご挨拶。

s-20200103-3.jpg

姪っ子とお母さんの手作り料理に舌鼓を打ちながらの楽しい会食です。

悔しいことには、体調が、まだ、万全ではないので、腹七分で箸を止めました。

量はともかく、味は充分に堪能しました。

おんちゃん、ごちそうさまでした。

今年もよろしくおねがいします。

 

 

PageTop

お出かけ

26日のことです。

「お天気がいいうちに、近美に行ってこようか?」

「カレンダーも買いたいしね」

薔薇姫に冬眠されてしまったからと言って、くすぶってばかりいられません。

出かけることにしました。

 

近美(北海道立近代美術館・札幌市)では、「アイヌの美しき手仕事」展が行われているのです。

s-1199-2アイヌの美しき手仕事

「ローズミンタラ」の語源は、一部、先住民族の言語を拝借しているので、敬意を表しに行こうというわけです。


砂川ではすっかり雪が消えていました。

それより南の、しかも都会の札幌には「雪はなかろう」と思っていたのですが、

s-1199-1.jpg

着いてみると、ツルツル。

お~、こわ!

 

s-1199-3.jpg

会場は5つのブースに別れており、収集家のが活躍した足跡とコレクションが展示されているのでした。


この会場の一部では、写真撮影もOK

s-1199-4.jpg

画像は刺繍された衣装と「刀掛け帯」です。

刀は、武士のように腰に挿すのではなく、ショルダーバッグのような形で帯刀していたのでしょうかね?


s-1199-5.jpg

刺繍の文様は独特の魅力があります。

赤モリン地切状刺繍衣装は実物を写すのがだったので、パンフレットからの切り抜きです。

本物は生地といい、色合いといい、異彩を放っていました。

 

来年、4月24日に民族共生象徴空間「ウポポイ」が誕生します。

s-1199-7ウポポイ

どんな施設なのか、雪が消えたら、行ってみようかな?


 

PS.

少人数ですが、ムックリの演奏体験イベントがあります。

参考までに載せておきます。

s-1199-6.jpg



 

PageTop

りんご狩り・第2報

今月も「りんご狩り」をしました。

パソコンサークル「えびす」は、りんごの木のオーナーにもなっているのです。

先月の29日は、「つがる」でしたが、今回は「ハックナイン」(HAC-9)です。

s-1189-1.jpg


29日のブログにも載せたのですが、

「ハックナイン(「HAC-9)」は、「ふじ(母)」「つがる(父)」の交配品種

北海道産りんご品種の第一号です。

品種名の「ハックナイン」は系統番号HAC-9(Hokkaido Apple Clone 9)の英語読みの響きが良いということから、命名されたのだそうです。

 

りんご狩りの会場は「りんごの森(三谷果樹園)」

s-1189-2.jpg

この建物の中でりんごの販売もしています。

 

建物を撮っているうちに仲間から置いていかれちゃいました。

s-1189-3.jpg

と~くに、ちいさく見えるのが「えびすの愉快な仲間たち」なのですよ。

 

えびすの木は、この鉄塔が目印です。

s-1189-4.jpg

熟したリンゴがたわわに実っています。

 

えびすの木は、どうかな?

s-1189-5.jpg


えびすの木に到着すると、皆さん手早くて、ボク出る幕はありません。

撮影に専念することにしました。

s-1189-6.jpg

 

「これ、おいしそうだよ。撮って!」とMさん。

s-1189-6-2.jpg

ほんに、おいしそうで、すぐにでもかぶりつきたかったのですが、我慢!


どんどん収穫されます。

s-1189-7.jpg

 

てっぺんの高いところはstoneさんに、おまかせ。

s-1189-8.jpg

彼女はヨガにも堪能で、体幹が鍛えられているので、高いところもヘイチャラ。

 

収穫は30分程度で完了。

人数が多いと、収穫もあっという間です。

帰り道の足取りが軽いこと、カメラを構える暇もないうちに、行っちゃいました。

s-1189-9.jpg

 

収穫したりんごは山分け(笑)?

s-1189-10.jpg

持ちやすいようにビニール袋に分け入れます。

 

山分けしても食べきれない分は、実費販売

s-1189-11.jpg

それにしても、この林檎はデカイなぁ。

 

計ってみると・・・370

s-1189-12.jpg

特大なのを選んだわけではありません。

見た目では、どれも350g前後ではないでしょうか。

これだけ大きいと、一人でガブリというわけには行かないなあ。

豆福と分けっこすることにしましょう。

 

 

PageTop

秋色

15日(火)は、北海道子どもの国の「花ボランティア」の日でした。

本来は、8日(火)だったのですが、雨で遅延したのです。

今回は宿根草花壇の刈り取り。

枯れた穂や茎などを刈り取り、増えすぎた苗を処分する作業です。

風は冷たいけれど、青空のいい天気。

豆福と参加してきました。

s-1186-1.jpg

駐車場の周囲にはトチの木が植栽されています。

黃葉が進んで、秋色が始まりました。

栗のような実は、渋抜きをして、トチ餅などに使われます。

でも、作業が面倒なので、実際に作っている人に会ったことがありません。

 

中央のこんもりした小山が標高約240mの「石山」

s-1186-2.jpg

広葉樹が多い山なので、まもなく紅葉がきれいになる筈です。

 

宿根草花壇に行く途中も秋色が始まりました。

s-1186-3.jpg

 

宿根草花壇は花が終わり、枯れ茎となり、雑草が進出していました。

s-1186-4.jpg

この雑草はしぶとい。

今回は、予定の日が変更されたので、参加ボランティアが少ない。

 

それでも、草花に詳しいボランティアばかりなので、思ったよりも早く終了。

s-1186-5.jpg

こどもの国のボランティア作業は、今年は今回で終了。

また、来年、元気にお会いしましょう!

 

さあ、ローズミンタラも越冬準備を始めなくっちゃ!



 

PageTop

太陽に向かって走れ!

106日は、道東の別海町パイロットマラソンの日でした。

フルマラソンは、定員1300人。

完走した選手には、鮭が1匹、丸ごともらえます。

豆福の友人(茨城県)が2年前に参加して入賞。賞品と鮭をゲット。

この鮭が、美味だった!

鮭につられて()、秋味につられて、今回はご夫妻でエントリー。

そして、愛媛からは妹のクーちゃんが応援に来ると言うではありませんか。

これは、応援に行かねばなるまい。

s-1184-1別海町パイロットマラソン

6日の早朝5時に出発。

外は、まだ暗い。

30分も走ると、明るくなり始め、6時には太陽が昇ってきました。

往路は東に向かって走るので、太陽が目の前に登ってくるのです。

眩しい!

慎重に走るしかありません。

映画のタイトルが思い浮かんできました。

「太陽に向かって走れ!」

そう言い聞かせると、気分が高揚して、疲れが半減(?)します。

そう、

復路も、日没の太陽に向かうことになるので、やっぱり「太陽に向かって走れ!」になります。

 

11時過ぎに別海町陸上競技場に到着。

到着前にランナーの集団とすれ違ったのですが、なんせ1300人の集団

ご夫妻を見分けることは出来ませんでした。

 

陸上競技場のゴール地点でクーちゃん+豆大福の三人で待っていると・・・。

s-1184-2.jpg



鮭が二匹戻ってきました。

お二人とも完走!

s-1184-3.jpg

しかも奥様は年代別でトップ。

すごいパワーです。

 

夕方からは参加者と応援者と地元の人の交流会がありました。

これに参加して、旧交を温めることにしたのでした。

交流会で抽選がありました。

s-1184-4.jpg

参加引換券に番号が振ってあるのです。

賞品数も多かったのですが、うちのチームは5人中3人が当選。

じゃがいも10kg、乳製品詰め合わせセット、ヨーグルト引換券というものでしたが、茨城、愛媛、砂川がそれぞれ賞品をゲット。

マラソンパワーで、応援者にもおすそ分けを頂きました。。

 

翌日は、野付湾のトド原と知床峠まで同行。

ランナーの次の宿泊地ウトロでランチを取って、グッバイ!

Have a good trip!

豆大福は、太陽に向かって走り、帰ってきました。

楽しいマラソン応援、家についたのは、午後7時。

遊び呆けた38時間でした。

 

 

 

PageTop