FC2ブログ
 

ローズミンタラ

薔薇の冬支度完了!

今日は、気温一桁の予報でした。

寒い!

寒いと言われても、何と言われても、冬囲いは、しなければなりません。

豆福と着ぶくれて、モコモコになって、いざ出陣!

 

ところが、 陽が出てくると汗ばむほど。

お天道様の力は偉大です。

太陽と豆福の叱咤激励を受けて作業が進み、薔薇の冬支度は完了しました。

s-1193-1.jpg


バードテーブルにつけていた薔薇の看板も取り外して冬支度。

s-1193-2.jpg

(時間(とき)を忘れる庭のシンボル)

冬支度が完了したので、嬉しいはずなのですが、

庭も、バードテーブルも素っ気なくなって、ちょいと寂しい。

 

時間に余裕ができたので、バックヤードの牡丹、紫陽花、ブルーベリーの冬囲いも完了

s-1193-3.jpg

明日、ラベンダーを始末すれば、冬支度はすべて完了かな?

 

※ これから先は、パソコンサークル「えびす」の愉快な仲間達に試読いただいたものですが、ご指導を受け加除したので、ご覧いただきたいと存じます。

 

s-1193-4.jpg

(寿来ベリーの紅葉です)


秋に聞こえてくるのはイブ・モンタンの「枯葉」

今年は、劇団四季の「サウンド・オブ・ミュージック」を見たせいでしょうか。

TV映画で「サウンド・オブ・ミュージック」を見たせいでしょうか。

いつもと、違う歌が聞こえてきました。

 

「サウンド・オブ・ミュージック」の背景は、第2次世界対戦前夜。

ところは、ナチス軍によるオーストリア併合が迫るザルツブルグ。

ミュージカルは、トラップ・ファミリーがアルプスを越えてスイスに亡命するお話。

ザルツブルグの祝祭劇場で、主人公の家族がドレミの歌やエーデルワイスのあと、So long Farewell(さようなら、ごきげんよう)」を歌いながら一人、二人、三人と・・・舞台から消えて行くシーンの歌です。

これが、薔薇を剪定していくときに聞こえて来るのです。

ちょっと切ない。

 

薔薇は、一株、二株、三株と・・・剪定されて行きます。

花や葉が茂っていた株が段々と消えていきます。

この時季、あのシーンが思い出されるのです。

ちびのバラ園が名作と肩を並べるようで恐縮なのですが、「So long Farewell(とても長い別れ)」の歌声が聞こえて来るのです。

薔薇姫は、眠りにつきます。

雪ぶとんを羽織り、来春まで「夢見る眠り姫」となるのです。

So long Farewell(とても長い別れ)

See you again(またね~)

 

s-1193-5.jpg

(小さなバラは、テーブルフラワーに)

PS.(追記)

【実話がありました】

この映画には実話がありました。

トラップ・ファミリーはオーストリアから亡命し、1938年にアメリカに渡り、「トラップ・ファミリー合唱団」として1956年までアメリカ各地で公演活動をしたとのことです。

 

 

PageTop

ハニーブーケの剪定

ハニーブーケの剪定

 

今年は、雪の季節が遅く、平地では、まだ、初雪を見ていません。

例年は10月に初雪が降るのですが、今年は、なし!

これも温暖化?

 

冬支度が佳境に入りました。

本日は、薔薇の剪定を終えました。

s-1192-1.jpg


立ち性の薔薇の丈を5060cmに切り詰め、葉を全部切り落とし、切り口に癒合剤を塗り、広がっている茎をシュロ縄でコンパクトに纏めました。

つるバラの丈は長めに残しますが、雪で折られないように横支柱にくくりました。

s-1192-2.jpg


切り詰められ、葉のない丸坊主の庭は殺風景になってしまいました。

でも、これで終わりではありません。

明日、雪囲い用の脚立を立てるつもりです。

s-1192-3.jpg

去年は、脚立に下駄を履かせて、冬越しがうまく行ったので、今年も使います。


【ハニーブーケ】 

s-1192-0.jpg


ハニーブーケは、つぼみが膨らんでいたので、剪定を遅らせていました。

もし、今年中に咲くと、年に4回咲くことになり、「四季咲きの薔薇」を実証できるのではないかとも思っていました。

s-1192-4.jpg


さすがにこの季節は寒い。

もうじき雪が来る。

諦めて、剪定しました。

でも、「咲くのではないか?」という気持ちを諦めきれず、つぼみをバケツに入れました。

s-1192-5.jpg

ガクが開いているのもあるので、開花すると思うのです。

つぼみが固いのは、ムリかな?

 

このハニーブーケの選定をしていた豆福から声がかかりました。

「ハニーブーケに9枚葉があるよ」

s-1192-6.jpg

元気なバラは5枚葉だけでなく、7枚葉になることがあるのですが、9枚葉になることは稀です。

ハニーブーケの花つきが良かったのは、「葉」が元気だったからなんですね。

 

ハニーブーケは剪定され、束ねられてコンパクトになりました。

s-1192-7.jpg

剪定された薔薇姫は、眠りにつきます。

もうじき、雪ぶとんを羽織り、来春まで「夢見る眠り姫」となるのです。

See you again(またね~)

 

今日の剪定で切り取った薔薇や薔薇の蕾は室内に取り入れました。

s-1192-8.jpg

きれいに咲いた花も、ツボミも、ごちゃまぜです。

 

最後まで頑張って咲いていたハッピートレイルズも剪定。

s-1192-9.jpg

もう、飾る花器がありません。

これもバケツに入れるしかありませんね。

 

 

PageTop

まだ、咲きます

小春日和と言うにはちょっと涼しすぎ。

でも、雪虫にとっては違うのかもしれません。

雲霞のごとく飛んでいるのです。

しかも、白いダウンコートを脱ぎ捨て、すっぽんぽんで。

寒くないのかな~?

s-1188-1雪虫、キクリン

(雲霞の雪虫を撮るのはボクの腕ではムリなので、キクリンさんのブログから拝借しました)

爆量発生

https://pakeokame.exblog.jp/28657301/

車で走るとフロントには、小さな黒点がびっしり。

車が黒点病にかかってしまったかのようです。

 

先日から庭の冬支度を始め、やっとラティスを片付けました。

ラティスが無くなると、立体感が失せてしまいました。

s-1188-2.jpg

(只今、作業の途中)

立体から平面に移行し始めたのです。

来春のためには仕方がない作業なのですが、

庭が庭でなくなるようで、寂しい。

 

薔薇の「冬越し剪定」も始めました。

ツボミの無い株は短く冬剪定をしていますが、大きなツボミの株は葉を残しています。

もう一花咲かせてから(?)、冬剪定をしようという魂胆です。


【ガクが開いたツボミ】

s-1188-3.jpg

ガクが開いたツボミは、雪が来る前に開花する可能性があります。

このようなツボミが、まだ、いくつかあるのです。

 

こちらは、どうかな?

【固い蕾】

s-1188-4.jpg

ハニーブーケの蕾で、ガクがまだ開かない。

房咲きの薔薇なのですが、さすがにこの時季は房咲きになれません。

一茎一花で咲いてもらうつもりです。

もし、咲いたら・・・春、夏、秋、晩秋と4回も咲くことになります。

本当に四季咲きのバラを見ることができるのかもしれません。

 

【アライブ】

s-1188-5.jpg

21日にWノックアウトをご紹介したときに、

「この薔薇の横にアライブのツボミが膨らんできている。

雪が降る前に咲けるかな~?」

と書いた薔薇です。

寒さが和らいだお陰で、咲くことが出来ました。

 

【ガーデンパーティ】

s-1188-6.jpg

いつものガーデンパーティの色合いではありません。

クリーム色、一色になりました。

秋にはどの薔薇もカラフルになると思っていたのですが、晩秋には淡い単色の色合いになりました。

 

【レッドクイーン】

s-1188-7.jpg

春、夏、秋と、安定して咲いてくれる薔薇です。

今年は枝がどんどん伸びて、背丈2.5m

見上げる上にツボミがあります。

これは、どうなるんじゃろか?

 

【切り花】

s-1188-8.jpg

切った花は花瓶で楽しんで、その次はドライ。

暖房を入れる季節になったので、ドライフラワーには最適なのです。


 

 

PageTop

まだ、咲きたいよう!

先週はとても寒かったのですが、今日は、穏やかな小春日和です。

先週から冬越しの準備をはじめました。

若い頃のような勢いで越冬準備をすることができません。

アタリマエのことながら、体力の低下に抗うことは不可。

体力と相談しながらの作業開始です。

s-1187-1.jpg

これは、丸太でイチイの冬囲い。

あまり大きくなると手に負えなくなるので、約2mで芯を止めています。

真冬にはてっぺんまで雪に埋まってしまうので、兼六園のような雪吊りは出来ません。

雪の圧力に負けないために、実用一点張りの冬囲いです。

 

横を見ると薔薇のつぼみがいっぱい!

s-1187-2.jpg

今年は、薔薇にとって快適な気候だったのでしょう。

今も薔薇が元気なのです。

雀のお陰(?)で、害虫が少なかったのも元気な要因かもしれません。

 

これで雪が降らなければ、四季咲きバラの名前の通り、本当に春、夏、秋、冬と4回花を咲かせることができるでしょうに!

 

【フリージア】

s-1187-3.jpg

これはフリージアという名前の薔薇

本物の(?)フリージア同様にとてもいい香りがします。

本物のフリージアは、この地域では2月に出回ります。

2月は雪の中なので、花屋さん頼みです。

 

【芳純】

s-1187-4.jpg

これも、香りがいい薔薇です。

秋の夜は冷涼なので花はゆっくりと開きます。

晴れが続くと、色濃い花の香りが長く楽しめるのです。

テルテル坊主が必須アイテムになりました。

 

【ピンク・ラ・セビリアーナ】

s-1187-5.jpg

秋は、透明感のあるショッキングピンク色になります。

花弁が少なく、小さくて、匂いもないのですが、魅力的な色彩です。

 

【バイランド】

s-1187-6.jpg

またしてもピンクです。

秋は、開花状態が長持ちします。

夏は、油断していると翌朝には散ってしまうのですが、秋は開花期間が長いので、のんびり愛でることが出来るのです。

 

Wノックアウト】

s-1187-7.jpg

秋は赤い色が濃く、春、夏とは違ってシックな色合いになります。

この薔薇の横にアライブのツボミが膨らんできています。

雪が降る前に咲けるかな~?

 

【リパブリック・ドゥ・モンマルトル】

s-1187-8.jpg

つる性の薔薇で、下向きに咲きます。

枝が太く長くなるとアーチ状にできるので、下向きでも見応えがあるのでしょうが、残念ながら小さいまんま。

悩みのタネの一株です。

 

【ヨハネ・パウロ二世】

s-1187-9.jpg

素晴らしい香りのバラですが、雨痛みしてしまいました。

今年は、十数本咲いてくれたので、香りを堪能しました。

白いバラは、雨痛みしやすい。

朝露でもシミができてしまいます。

バラ園の白バラで、シミがないのに出会えたら、それはラッキーですよ。


【ロイヤル・ハイネス】

s-1187-10.jpg

薄ピンクですが雨痛みし始めたので、切り花にしました。

色形がいいので、コンテスト用の薔薇です。

元株がだめになり、挿し木が頑張っている花です。

 

今ごろになって暖かくなってきたので、薔薇は咲く気が満々。

そろそろ冬眠の準備をしなければならないのに・・・。

咲くのが早いか、雪が来るのが早いのか。

越冬の剪定をいつ始めたらいいのか? 迷っています。

 

 

 

PageTop

台風くずれ

 

3日のことです。

台風18号崩れの温帯低気圧が来るというので、またしても開花している薔薇、翌日には開花しそうな薔薇を切り落とすことになりました。

今年は、台風の影響が多いような気がするのですが、気のせいでしょうかね?


 【before】

s-1183-1.jpg

春に比べると花数は少ないのですが、品のいい秋薔薇が咲きました。

切り落とすのは忍びないのですが、冷たい雨に抗うことが出来ません。


【切り取った薔薇姫】

s-1183-2.jpg

切り取った薔薇は朝ドラ「スカーレット」にちなんで(?)信楽焼の壺に入れて玄関飾り。

これでも挿しきれないので、花瓶を総動員。


s-1183-3.jpg

小さな薔薇は、テーブルフラワーにしました。

 

s-1183-4.jpg

ハッピートレイルズは、切り取りようがありません。

このまま耐えてもらうことにしました。

ブッシュ系の薔薇なので、多少の雨風には大丈夫。

 

【after】

s-1183-5.jpg

剪定が終わっあとは・・・・・ん~! これは、寂しいねェ。

まだツボミはあるのですが、今月下旬には初雪の便りが来ます。

それまでに、咲くことができるかな~?

低気圧が去ると、寒気が入って来ると言われているけれど、四寒二温(?)でいいから「小春日和」があると、薔薇は咲くことができるはず。

涼しい気候が好きな薔薇姫には、もう少し頑張ってもらいましょうかね。



 

PageTop