FC2ブログ
 

ローズミンタラ

台風くずれ

 

3日のことです。

台風18号崩れの温帯低気圧が来るというので、またしても開花している薔薇、翌日には開花しそうな薔薇を切り落とすことになりました。

今年は、台風の影響が多いような気がするのですが、気のせいでしょうかね?


 【before】

s-1183-1.jpg

春に比べると花数は少ないのですが、品のいい秋薔薇が咲きました。

切り落とすのは忍びないのですが、冷たい雨に抗うことが出来ません。


【切り取った薔薇姫】

s-1183-2.jpg

切り取った薔薇は朝ドラ「スカーレット」にちなんで(?)信楽焼の壺に入れて玄関飾り。

これでも挿しきれないので、花瓶を総動員。


s-1183-3.jpg

小さな薔薇は、テーブルフラワーにしました。

 

s-1183-4.jpg

ハッピートレイルズは、切り取りようがありません。

このまま耐えてもらうことにしました。

ブッシュ系の薔薇なので、多少の雨風には大丈夫。

 

【after】

s-1183-5.jpg

剪定が終わっあとは・・・・・ん~! これは、寂しいねェ。

まだツボミはあるのですが、今月下旬には初雪の便りが来ます。

それまでに、咲くことができるかな~?

低気圧が去ると、寒気が入って来ると言われているけれど、四寒二温(?)でいいから「小春日和」があると、薔薇は咲くことができるはず。

涼しい気候が好きな薔薇姫には、もう少し頑張ってもらいましょうかね。



 

PageTop

秋バラ

季節外れの暑さ。

8月上旬の気温なのだそうです。

s-1181-1.jpg

台風17号崩れの温帯低気圧が過ぎ去って以来、晴天が続き、日中の暑さも半端ない。

このお天気は、明日まで。

 

【マイガーデン】

s-1181-2マイガーデン

晴天が続いたおかげで、薔薇姫はルンルン気分。

秋バラとは思えない勢いで咲き始めました。

 

s-1181-3-5日


問題は、明後日の台風18号崩れの温帯低気圧。

予報では2日間の雨、そしてその後に襲ってくる寒気。

s-1181-4.jpg

これは、雨具を持たない薔薇姫にはきついだろうな~?

どうすることも出来ない!

 

せめて、晴れた102日の姿をご覧ください。

【ガーデンパーティ】

s-1181-5ガーデンパーティ

右下は、散る寸前のガーデンパーティです。

今回の秋薔薇は大きく咲いて、色が濃く、香りが素晴らしい。

晴天が続いたおかげで、散る寸前まできれいな花弁を見ることが出来ました。

雨に会うとシミができて、うなだれ、溶けてしまうのですが、今回はセーフ。


【リオサンバ】

s-1181-6リオサンバ

散り際のリオサンバなのですが、まるでこの色この姿のために咲いたようで、太陽の力を感じます。


【ヘンリー・フォンダ】

s-1181-7)ヘンリー・フォンダ

これから大きくなるはずなのですが、雨に耐えることができるかな~?


【クリスチャン・ディオール】

s-1181-8クリスチャン・ディオール

株が弱っていたのですが、今年は、何とか咲いてくれました。

花弁が朝露で光っているのが見えるでしょうか?


【アプリコットネクター】

s-1181-9アプリコットネクター

秋は涼しいので、花が開いてからも散らずに大きくなるのですが、雨が大敵なのです。


【ブルーライト】

s-1181-10ブルーライト

花数が少ない株です。

ベーサルシュートが出ないので、参っています。


【チンチン(乾杯)】

s-1181-11チンチン

春は、花数が多く、賑やかに咲くのですが、秋は控えめですね。


【Mr.リンカーン】

s-1181-12リンカーン

とても香りの良いバラです。

先日のブログで、青っぽくないリンカーンを載せましたが、日が経つとやっぱり青が目立つようになってきました。

薔薇には青の色素遺伝子が無いと言われているのですが、この薔薇の青っぽく見えるのは何なんでしょうね?


雨になると、うなだれ、散り、溶けるので、その前に大急ぎで載せちゃいました。

ご覧頂き、ありがとうございます。

明日は、剪定作業かな?






 

PageTop

ウオンテッド!

台風崩れの温帯低気圧が通り過ぎると、季節外れの気温。

朝晩はともかく、日中は汗ばむほどの陽気。

こんな気候には、虫たちも陽気になるようなのです。

ニコロ・パガニーニの葉が穴だらけになってしまいました。

s-1179-1ニコロ・パガニーニ


これは「葉切り蜂」の仕業だと思うのですが、仕事をしている現場を見たことがありません。

葉を巣の材料にするのだそうです。

人の目を盗んで葉を切り取っていく、見事な仕事っぷりです。

s-1179-2.jpg

お尋ね者を手配するにも、顔写真がありません。

実際に切り取っている現場を撮ってみたいものです。

 

幸いなことにすべてが被害にあっているわけではありません。

被害が広がらないうちに、咲き始めた秋薔薇をご紹介します。

 

【ヨハネ・パウロ二世】

s-1179-3.jpg

春先は「この株、大丈夫かいな?」と心配していたのですが、見事に復活。

秋には十数本立ちの株に成長しました。

その頑張りには拍手です。


s-1179-4ヨハネ・パウロ二世 (2)

これもヨハネ・パウロ二世。

豆福のブログデビュー作品です。

白や黄色の薄い色を撮るのは難しいのですが、i-phoneで難なくパチリ。

ん~、侮れません。

 

【ピース】

s-1179-5ピース

昨日まで蕾だったピースが咲きました。

秋は気温が低いのでツボミの期間が長く、大きく育ってから開花します。

花も大きくなり、色と香りも強くなるのです。

ところが、急に暖かくなったので、待ちきれなくて咲いてしまったようです。

 

 

【秋薔薇集合写真】

s-1179-6秋薔薇

上段左からランドラ(黄)、ハニーブーケ、アライブ。

下段左からリオサンバ、レッドクイーン、芳純です。

まだまだ咲きます。

 

秋薔薇は花数は少なくなりますが、「天高く・・・」に呼応するように背が高くなり、花も肥えてきます。

虫や病気に痛めつけられながらも夏を乗り切った「葉」が活躍したおかげです。

レッドクイーン、ベルバラなどは2mを超えたてっぺんに小さなツボミを付けました。

あまりにも背が高いので、花まで栄養を届けることができるのか?と不安になります。

自分で伸びたのだから、頑張って咲いてもらうしかありません。

「雪景色になる前に咲いてよね」とお願いしながら、しばし秋薔薇を楽しもうと思います。

 

 

 

PageTop

逃走経路

ご心配をおかけしましたが、薔薇は無事です。

昨夜、雨は降りましたが、風は吹かず、静かでした。

通過後の吹き返しの風も無く、穏やかなものだったのです

 

大荒れになると言われていた今日は雨も上がり、好天。

午後から避難させていた釣り鉢をかけ直し、植木鉢を元に戻しました。

支柱に縛っていた薔薇の紐をほどき、支柱を抜くと、薔薇は何事もなかったかのような素振り。

作業は夕方までかかりました。

 

s-1177-1.jpg

(夕暮れのローズミンタラ)

今週は晴天が続く見込み。

きっと、秋のシックな薔薇に出会えるに違いありません。

s-1177-2.jpg

ん~、それにしても

あの台風崩れの低気圧は、どんなふうに北海道を通過して行ったのでしょう?

逃走経路を知りたいものです。



 

PageTop

タイフーン予告編

大型で強い台風17号が北上中。

北海道は23日から24日にかけて大荒れになるとの予報。

台風から温帯低気圧になっても、勢力を維持したまま来るというのだから始末が悪い。

こんなやつ、来てほしくない。

s-1176-1.jpg

 

大雨、大風に備えて薔薇に対策をすることにしました。

開花した枝は切り取り、背高ノッポには長い支柱を立て、シュロ縄で縛ります。

見た目が悪くなるので支柱は目立たないようにしていたのですが、もうそんなことを言ってられません。

s-1176-2.jpg

野暮ったくとも見た目が悪くとも、支柱を立てて、風から守らなくっちゃ!

支柱を立てても、千葉県に上陸した台風15号のような風に吹かれたら、ひとたまりもないのですが・・・じっとしていられません。

 

ホップも2階まで伸びていたのを切り詰め、オベリスクだけにしました。

s-1176-3.jpg

 

もうすぐ開花する薔薇もカットして室内で飾ることにしました。

s-1176-4.jpg

2日間も雨にあたると、雨痛みしてしまうからです。

 

他人(ヒト)様にお見せできる薔薇を切ってしまったので、防風対策も兼ねてオープンガーデンの看板は外しました。

s-1176-5.jpg

これから秋の薔薇が最盛期になると思っていました。

そこにこの台風17号です。 意地悪!

 

切り取った薔薇は室内に飾ることにしました。

s-1176-6.jpg

本数がありすぎて、投げ入れです。

ちょいと切りすぎた気もしますが、緊急事態でもない限りこんな豪華な飾り(?)はできません。

 

修景用のハッピートレイルズは背が低いので外で頑張ってもらいます。

s-1176-7.jpg

嵐の後でも元気よくハッピーに咲いていて欲しいな。 頑張れ!

 

 

 

 

PageTop