ローズミンタラ

Goodbye ツルちゃん

ツルちゃんが旅立って初七日になりました。

片道切符を携えて、政志さんのもとへ逝ったのです。


s-1087-1.jpg 

96年の生涯でした。

この地で生まれて、育ち、農業をしながら子育てをしてきました。

父・政志が先に旅立ってから25年になります。

「父さんがなかなか迎えに来ない。

いい男だったから、あっちで、いい女(ひと)を見つけたので、来ないんだ」と言っていました。

90過ぎでも妬いていたのか、お茶目で言っていたのか、今となっては聞く術がありません。

大好きだった政志さんのもとへ飛んで行ったのです。

 

s-1087-2.jpg 

そういえば、先日、ローズミンタラのクレマチスが目線より高い位置で咲いているので、「そんなに高いところで咲いてどうするの?」と書いたのですが、これはツルちゃんを見送るために空に向かって咲いていたのかもしれません。

藤色は、ツルちゃんの好きな色でした。

ピンク気味の藤色ですが、ローズミンタラの花を代表して、見送りしたのでしょう。

 

s-1087-3.jpg 

祭壇は、おんちゃんのお嫁さんが目が不自由なツルちゃんのために「明るい色の花で飾って」とお願いしたところ、誕生祝いのような賑やかな祭壇ができました。


s-1087-4.jpg 

赤い色のバラが50本も入っていたのには驚きましたが、誰かの

「あちらで生まれ変わるんだから、誕生祝いでいいんじゃない?」の一言で一件落着。

 

ピンクの棺に白無垢の装束、藤色の上衣と花々に包まれ、子、孫、ひ孫、親戚縁者が折ってくれた千羽鶴に囲まれ、多くの人に見送られての旅立ちでした。

s-1087-5.jpg 

母は、多くの方々のおかげで天寿を全うすることができました。

お世話いただいた方々に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。


【クレマチス】

s-1087-6.jpg 

ツルちゃんは、弟夫婦、弟の子、弟の孫と一緒に暮らしていたのですが、年令とともに身体が思うようでなくなり、今年の4月に特別養護老人ホーム福寿園に入所しました。

ところが、翌月5月に転倒し、大腿骨を骨折してしまったのです。


【イソトマ】

s-1087-7.jpg 

砂川市立病院で手術をし、リハビリを続けていましたが、検査したところ、進行した直腸がんが見つかったのです。

高齢であることに加え、体力が低下しているところから手術は断念しました。

そうなると、リハビリ後は福寿園に戻るか、療養型の病院で見守るしかありません。


【ガーデンオブローゼズ】

s-1087-8.jpg 

体調が落ち着いた627日に隣町の奈井江町立国民健康保険病院に転院しました。

話をすることもままならず、食事も細くなってきたので、家族交代で見守っていたのですが、79日午後331分、弟夫婦、豆大福夫婦の前から政志さんのもとへ飛び立っていきました。


【アスピリンローズ】

s-1087-9.jpg 


花見にも、赤平のらんフェスタにも、バラの花見にも、もう誘えないと思うと寂しさは否めませんが、25年間、あんなに思い続けていた政志さんに逢いに行くのだと思うと、お祝いしてあげなければなりません。

さぞかし、つもる話に花を咲かせることでしょう。

今宵は、政志さんとツルちゃんの再会に献杯しようと思います。

 

追伸。

お願いがあります。

s-1087-10.jpg 


今回のブログでツルちゃんの旅立ちを知っても、どうか、お気遣いはなさらないようお願いします。

ツルちゃんは、政志さんに会いに行ったのです。

み~んなからお祝いされて、幸せだな~!と思っていただきたいのです。

よろしければ、ご一緒に「おめでとう」と献杯いただければ幸甚です。

 

 

PageTop

おくることば

ジローと さよならするために、おくるために、本文を綴ってもらいました。

これは豆福の思い出であり記念碑であり弔辞でもあるのです。

 

次郎(Himedaruma White spears Jiroh

虹の橋はどんなところですか。

住み心地はいいですか。

ご飯はいっぱいもらえますか。

s-1054-1ジロー 

糖尿病になって、ご飯を制限されてつらかったね。

こんなに突然、私の前から消えてしまうなんて思いもしなかったよ。

流れるお水が飲みたくてお風呂の水道の蛇口にスリスリしていつの間にか自分で出すことを覚えた君、夜じゅうチョロチョロ水が出たままなんてこともありました。

今はどこで水を飲んでいるのかな。

くれぐれも川のそばまで行って、落っこちたりしないようにね。

 

そこにはブーパパもブッチ兄もいるのでしょう。昔みたいにうんと甘えて暮らせるね。

三本だった足は四本に戻りましたか。いっぱい走り回って楽しく暮らしてね。

いつか私が会いに行くまで待っててね。

 

Himedaruma White spears Jiroh、久しぶりに君の本名を書きました。

ショーキャットとしてエントリーシートに書いていたのはもう何年も前のことです。

君はショーに出るのが大嫌いでした。

s-1054-2キャットショー 

(キャットショーの審査風景)

でも、そんな君を連れて東京や大阪、さらにはアメリカのサンフランシスコで開催されたショーにまで連れて行きました。

素敵な君を自慢したかったからです。

協力的でない君はなかなかグランドのタイトルが取れなかったのを思い出します。

ショー会場では、「この会場で一番大きい(重い、審査しにくい)猫」、とジャッジに言われたこともありました。

優しく大きいメインクーンそのままの猫でした。

 

君が生まれたのは2005年1月7日、7人兄弟でした。

7日生まれの七福神、「毘沙門天」の幼名をもらいました。

生まれて一ヵ月半ころ初めて会ったとき、君の両耳の先だけが白かったのでこの子がいいと、うちの子にするのを決めました。

それでつけたのが正式名称。

Himedaruma White spears Jiroh、白いとんがり矢のジローでした。

 

生後4か月で茨城県の生家からMichieママに連れられて北海道までやってきて、でっかいブッチ兄に可愛がられてのびのびと大きくなりました。

時々玄関の風除室の引き戸を開けて庭の散歩なんて危ないこともやっていました。

でもそれ以上先には出ていかないとってもいい子でした。

s-1054-3玄関の階段 

(玄関前を散歩中!)

5年前大好きだったブッチ兄が糖尿病の悪化で亡くなって、入院していた病院から連れ帰ったとき、君はじっとブッチ兄のそばから離れなかったのを思い出します。

その後ひと月以上最小限の食事しかせず、寝てばかりでうつ状態のようになっていました。そのころに高いところから落ちて左足の膝関節と尾の付け根を痛め、歩けなくなったこともありました。

それ以来高いところには登れなくなったけれど、そんなに不自由でなく暮らしていました。

ブッチ兄亡き後、家族になったアーチ弟をかわいがり、時には厳しく躾けてくれました。

s-1054-4ハンモックジロー 

(おんなじハンモックでギュギュッと)

2016年4月糖尿病が判明、ちょうど同時期に左足の膝上に小さなしこりが見つかりました。レントゲン検査の結果、軟骨肉腫らしいとのことで、治療の方法は断脚しかない、その時は大腿骨からとるとのことで獣医ともども悩みましたが、しばらくはそのまま暮らさせようと決めました。

毎日のインシュリンの注射で糖尿病も落ち着き、穏やかに1年半がたった2017年10月初め、直径5センチほどに大きくなった肉腫のひどい痛みが出ました。

穏やかな君がギラギラと光る眼で私をにらみ、聞いたこともないようなうなり声をあげてうずくまりました。

すぐに獣医のもとへ行き、相談しました。

s-1054-5左足 

この時のレントゲン写真では大腿骨上部は傷んでいないとのこと、そして君の全身状態が良好であることから断脚を再度勧められました。

痛み止めでは対応できなくなることは目に見えていました。

その日のうちに手術、左足は付け根から切断されました。


最初はおしっこもうんちもおしりを砂につけて、不自由そうにしていましたが、上手にお尻をあげられるようになりました。さすがにうんちはイキまなければならないので介助が必要でしたが何とか5か月間暮らしていました。

上手にぴょんぴょんと跳ねるように歩き回って、お父さんの書斎椅子の後ろで座り込み大好きな缶詰ご飯の催促をするのが日課でした。最近はたまにおかしな咳をしたり、頻繁におしっこに行ったりすることもあったのですが大きな問題ではないとおもっていました。

 

あの日、3月13日午後7時頃、君がうんちをしているとのお父さんの声でお風呂場の前のトイレに行き、左のお尻を浮かせました。いつもは一日に一回のうんちが2時間ほど前に終わったばかりでしたので、予想はあったのですがひどい下痢でした。

汚れたお尻を拭き、うんちを始末してふと見ると、お風呂場に横たわったままの君がいました。おかしい、と抱き上げましたが、すでに息をしていなかったのです。

ゆすぶってみても、反応は何もなくそのままでした。

「お願い息をして」と叫んでみても駄目でした。どうしてあげれば良かったのか、うんちなんかほっておいて君を見ていれば良かったのか、何もできなかった自分を責めるばかりです。

 

ごめんね、苦しい君を助けてあげられなくて、赦してね。13年間いつもそばにいてくれてありがとう。楽しい日々をありがとう。でかくて、きれいで、可愛くて優しい次郎が大好きでした。

 

ps.

またしても、つらい話でスミマセン。

豆福は書いては涙、そして、ため息でしたが、何とか綴り終えました。

気持ちが穏やかになる日を待つばかりです。

s-1054-6.jpg 

生家のMichieママからお花が届きました。

虹の橋の花園から摘んできてくれたに違いありません。

 

豆福のおくることばとMichieママのお花を見ながら、海援隊を思い出していました。

詩が生まれたシーンは違うのですが、お別れはつらい。

 

♪暮れなずむ町の光と影の中

去りゆくあなたへ贈る言葉

悲しみこらえてほほえむよりも

涙かれるまで泣くほうがいい

人は悲しみが多いほど

人には優しくできるのだから

 

さよならだけではさびしすぎるから

愛するあなたへ贈る言葉

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

遠ざかる影が人混みに消えた

もうとどかない贈る言葉

もうとどかない贈る言葉

 

贈ることば

https://www.youtube.com/watch?v=pEql1uv7osU

 

 



 

PageTop

心の準備ができていないのに

2月逃げる、3月去る。

短いはずの2月は、とても寒く、毎日のように雪が降り、憂鬱でした。

今年の2月は、とても長く感じたものです。

 

3月の声を聞くと、さすがに温かみが増し、春のきざしが見え始めました。

3月は卒業の季節、別れの季節ですが、昨夜、ジローとお別れました。

突然の出来事です。

心は一気に2月の寒さに逆戻り。

s-1053-1ブッチ&ジロー 

2005年、ジローが子猫で来たときは、ブッチが面倒を見ていました。)

 

ジローとは、豆福の愛猫なのですが、13歳のメインクーン。

豆福は「あのヒトはよく食べるのよ」と言っていたので、猫ではなく人だと思っていたのでしょう。

食事は糖尿病療法食のカリカリでした。

夕食には、特別に猫缶を半分もらえるのが最大の楽しみでした。

もう一匹のメインクーン、アーチと半分こしていたのです。

s-1053-2.jpg 

(アーチが来ると、今度はジローが兄貴分です。仲良くケンカしていました)

 

夕方6時になると「ごはん まだ~? 早く頂戴!」と催促に来たものです。

自分のをさっさと食べ終えて、アーチが残すのを待っている。

都合よくアーチが残すと、それも喜んで始末するので、食器はいつもピッカピカ。

よく食べ、いびきをかきながらよく寝て、体重910kg

存在感のあるヒトでした。

 

2年ほど前、ジローは左後ろ足の付け根に軟骨腫瘍が見つかりました。

足の切断か、経過観察かの二者選択を迫られましたが、元気だったこととジローのQOL(生活の質)を考えて、経過観察することにしました。

元気にしていたのですが、軟骨肉腫は徐々に大きくなり、痛みに耐えられなく成ったので、昨年10月に片足を切断しました。

どうなることかと不安でいたのですが、片足でピョコンピョコンと上手くバランスを取って歩くのです。

お風呂の洗面台の蛇口からチョロチョロと流れる水を不器用に飲むのが好きで、しょっちゅう風呂場から「水~、みず~!」の催促。

動物の運動補完能力はすごいものです。

s-1053-3.jpg 

(アーチはジローが大好き、しがみついて寝ます)

 

時々妙なセキをするようになり、肺に転移したのかと疑ってみたり、尿の出が悪くなって、どうしたことかと心配したりしましたが、相変わらず食欲は旺盛。

甘えん坊で、いびきも存在感あるものでした。

元気でいたので、このまま、あと数年は一緒に暮らせると思っていました。

 

ところが、お別れは突然にやってきたのです。

定時に大好きなトロミのある猫缶とカリカリを食べてから、猫のトイレに入りました。

「あれ?さっきもトイレに行ったのに?」

三本足ではトイレが不自由なので、豆福が介助をしていたのです。

今回のトイレは、下痢便でした。

お風呂の床にジローを出して、下痢便を片付けていると風呂場で異変が起きたのです。

ジローが動かない! 呼吸をしていない!

ジローどうした! ナニが起きた! しっかりしろ!

いくらマッサージをしても、いくら名前を叫んでも

・・・・・・・・・・

あれよあれよと言う間に逝ってしまいました。

s-1053-4.jpg 

(ジローとお別れです。大好きなCIAO缶を添えて)

 

 豆福は涙に暮れ、食事が喉を通りません。

「なんで、先に行っちゃったのよ?」

まさかの急死に、茫然自失。

昨夜は一睡もしていません。

 

ジローの生家、Michieさんにメールしたところ、ジローの父親ブーパパも2日前に亡くなったのだそうです。

ジローは、虹の橋のたもとに旅立ったのだ。

そこで、ブーパパと一緒に暮らすのだ。

もしかしたら、先に行っているブッチも一緒かもしれない。

豆福は懸命に分かろうとしているのですが、心と体が納得しない。

さっきまで、元気でいたのに!・・・・

心の準備ができていないのに連れて行かれてしまった。

もう、ご飯を催促する声は無い、低音のいびきも聞こえません。

妙に静かで、落ち着かない。

時間が解決してくれるのを待つしか無いのですが、豆福には、寂しく切なくつらい日々です。

こんなときボクが、気の利いたセリフを言えるといいのに・・・思いつけず、くやしい。

  

 ps

落ち込んだ話にお付き合いさせてしまい、申し訳ありません。

近日中に、陽気な豆大福に復帰するつもりです。

少しのお時間をください。

 

 

PageTop

芳ケ江国際ピアノコンクール

ず~っと、気温が低くて雪が降り止まない。

ところが、今日は一転して雨まじり。

なんとも不順な天気。

うず高くなった雪山とは対象的に気分は凹み気味。

s-1045-1.jpg 

札幌では雪まつりが始まり、

お隣では冬のオリンピックが開催されている。

晴れやかで賑々しいのに、ナニ落ち込んでいるの!と

気合を入れる自分と、それについていけない自分がいて、どうにもバランスが悪い。

「冬眠したいな」と思うことが多くなりましたが、きっと、モノトーンの世界と雪投げに飽きたんですね。

 

豆福が恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読み終えました。

評して、「音楽を文章で表した本だよ」

「ん? 音楽を文章で表すってどんなこと?」

演奏は絵画と違って、時間とともに消えていくので、苦手の分野なのですが、彼女の評が気になって読んでみることにしました。

s-1045-2.jpg 

「蜜蜂と遠雷」は、直木賞と本屋大賞を取った作品です。


小説を読むのは久しぶり。

学生のときは、一晩で一冊読破などという荒業(あらわざ)をした記憶もあるのですが、今ではすっかり昔話です。

 

話は、3年毎に開催される芳ケ江国際ピアノコンクール風景(浜松国際ピアノコンクールがモデルだと言われています)

25)90人のエントリーが第一次予選、第二次予選、第三次予選とふるいにかけられ、本選へと進んでいく物語。

500ページの半分まで読んだところで、しおりを挟んで、ブログを書き始めました。

どんどん読み進めたい興奮と一気に読む力が無くなったのにがっかりしての小休止です。

 

ミステリー小説とは違ったハラハラ・ドキドキがあるのです。

早く次のページを読みたいという気持ちに駆られます。

最初に4人の演奏者の曲が紹介されていて、この4人を中心に話が進んでいくのです。

しおりを挟んだところは、二次予選の演奏中でした。

s-1045-3.jpg 

「蜜蜂と遠雷」を読み進めていくと、それぞれのピアノ曲を聴いてみたくなります。

検索してみると、同じことを考えた人がいて、すでに一年前に曲目リストをアップしていました。

それぞれの登場人物のコンクールでの演奏曲を、第一次、第二次、第三次、本選と、それぞれ演奏しているのです。

 

これが見つけたブログです。

「蜜蜂と遠雷」のピアノ曲をコンクールでの演奏順に集めてみた

https://spread-root.com/mitsubachi-to-enrai-piano/

 

本の中のコンクールは、次のような時間配分です。

第一次予選(演奏時間20分未満)・・・90人

第二次予選(演奏時間40分未満)・・・24人

第三次予選(演奏時間60分未満)・・・12人

本選は、オーケストラと協演      ・・・  6人

 

一次予選を読みながらピアノ曲を想像し、次に実際に一次予選の曲を聴く、

二次予選は、ピアノ曲を聴きながら登場人物が演奏する場面を読んでいました。

こんな本の読み方は、未知との遭遇。

錆びつき始めた脳が、ギシギシと悲鳴を上げ始めました。

 

さて、明日からは「蜜蜂と遠雷」の後半戦。

誰が優勝するのか、どんな展開になるのか。楽しみです。

「音楽を文章で表した本だよ」で読み始めた本のお陰で凹んだ気分は、回復傾向。

冬眠しなくてもすみそうです。



 

PageTop

雨の降る日は、ねこ

 

「 雨の降る日は天気が悪い 」

言い古された、あったり前の格言(?)

こんな日は、庭の仕事は、お休み。

 

寝室を見ると、豆福の愛猫の「ジロー」と「アーチ」がベッドを占領して寝ているではありませんか。

猫は、別名「寝子?」と言われるように、よく寝ます。


モフモフの毛に包まれて、気持ちよさそう。

こんな生活ができるなら「生まれ変わって来るときは、ネコになりたい」

あっ、これは豆福の独り言です。

 

今日の北海道新聞の夕刊に「ジロー」と「アーチ」が載りました。

「ペットじまん」のコーナーです。

s-959-1おばんでした(道新) 

(左上の写真です)

黒白の猫がジロー、その上に乗っている茶猫がアーチ。

 

3月、春の日差しが強くなってきた窓辺。

「くっつきたいんです」(アーチ)

「いやなんです」(ジロー)

と もめながらも、ときには一緒にひなたぼっこ。

 

3月に投稿した写真なので、もう、投稿したことを忘れていました。

窓の外には、まだ雪があります

新聞の写真では、よく分からないので、元写真を載せます。

s-959-2.jpg 

(窓の外は、まだ、雪)

漫画では「縁側」で  ひなたぼっこする猫がいますが、それは本州仕様。

北海道に「縁側」は不向きなのです。

ネコは出窓か、窓辺のテーブルでひなたぼっこするのです。

ところが、今日は一日中雨。 ひなたぼっこは、おあずけになりした。 残念!







PageTop