ローズミンタラ

いちごジャム

寒い!

先週は、「暑い、暑い、6月なのに真夏だ!」と言っていたのに・・・。

今週は、一転して4月並みの寒さ。

低温、霜注意報まで出る始末。

ついに、暖房を入れてしまいましたよ。一体どうなっているんじゃ?

 

あっ、天候の激変は横に置いといて・・・ジャム作りのお話です。

地元農家のTさんから最後通告が来たのです。

「もう、いちごがなくなるよ~」

晴天が続き過ぎると、いちごの粒が十分に大きくならないうちに熟してしまい、売り物にならなくなってしまうのです。

 

慌ててTさん宅へ。

鮮度が命の果実。

早朝に起きて、収穫し、選果し、箱詰めして出荷。

手間ひまを考えると楽な仕事ではありません。

手のかかった小粒の苺を格安で分けてくれるのですから、ありがたいことです。

 

まずは、いちごを水洗い。

s-1076- 1 

 ザルにとって、水を切ります。

 

いちごのヘタを取り除いて、計量してから鍋に投入。

s-1076- 2 

つい、つまみ食いをしたくなるのですが、それは計量する前に しておきます。


果実重量の50%グラニュー糖をかけ、しばらく置くと果汁が滲み出てきます。

s-1076-3.jpg 



 軽くかき混ぜると、果汁の出方が早くなります。

s-1076-4.jpg 


 

火を入れると、果汁がどんどん滲み出ます

s-1076-5.jpg 

いちごを煮ているときは、焦げ付かないように木べらで絶えず撹拌しているので、手がだるくなるのですが、部屋中が甘い香りに包まれて、至福のひとときでもあるのです。

いちごジャム初心者の頃は、アクが気になって神経質にすくっていたのですが、最近はやめました。

品質や味に大差ないことが分かったからです。

余り煮すぎるとアメ状になってしまいます。

木べらで撹拌しているときに鍋底が見え始めたら出来上がりのサインです。

ゆるいかな~?と思っても、冷えてくると思っていたよりも固くなっているものです。


出来上がったジャムは、ジップロックに詰めて冷凍保存します。

s-1076-6.jpg 

プリザーブスタイルのジャムが10個、

これで約一年分のジャムができました。

朝のヨーグルトに、トーストにトッピング。

紅茶に入れると香りが楽しめます。

去年作ったのが冷凍庫に、あと一個あるので、新しいジャムが口に入るのは・・・来月かな~!


 

 

PageTop

マーマレードの季節

採りたての甘夏が届きました。

皮の厚い「川野」という品種です。

これがマーマレードに最適。

ほろ酸っぱくて甘い、春の味。

ポットハウスに注文していた甘夏、これが届くのを心待ちにしていたのです。

s-1050-1.jpg 


熊のパディントンはマーマレードが大好き。

大福もパディントンに負けず劣らずマーマレードが大好き。

 

惜しげなく食べるには、パディントンのルーシーおばさんのように自分でつくるのが一番。

自分でつくるには、よく切れる包丁が必要です。

今までは、砥石を使ってボクが研いでいました。

簡易研ぎ器なんぞ問題にならん。

よく切れるぞ。 

と ほくそ笑んでいたのです.

(研ぐ前の包丁)

s-1050-2.jpg 


去年、狸小路の「宮文」で包丁を研いでもったところ、めちゃめちゃよく切れる。

しかも切れ味が長持ちする。プロとアマの差が歴然。

というわけで、先日、札幌へ出かけた一番の目的はこの「包丁研ぎ」にあったのです。


研ぎ上がるまでに時間がかかるので、その間に棟方志功展を観に行ったという次第。

マーマレードを一年分つくるので、一丁の包丁でスライスすると、切れ味が落ちてきます。

それで、包丁を交代しながら使うのです。

ポットハウスのHPによると、スライサーでも大丈夫なようですが、うちではまだ試したことがありません。

(研ぎ終えた包丁)

s-1050-3.jpg 

プロの腕は、確かです。

見ただけでも、ピカピカ光って、いかにも切れそうです。

包丁の刃を指で挟んで、スーッと引いても一つも当たるところがありません。

食材がスパッと気持ちよく切れます。

 

料理の腕が上がったように感じますが、甘夏を薄くスライスする技はボクの手におえません。

豆福の匠の技の出番です。

ボクは、下ごしらえに専念することにします。

さあ、今年もマーマレードづくり開始です。

 

ブログを見て、ご自分でも作った方がいらっしゃいました。

「自作したけど、ほんとに美味しかったよ!」との声。嬉しかったです。

今回も作り方は、前回とほぼ同じなので、2015年3月18日 のブログをリンクしておきます。

よろしければご覧ください。


甘夏マーマレード

http://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-635.html

 

 

PageTop

寒いときは

大寒の翌日からめちゃくちゃ寒い日が続いています。

雪も容赦なく降る。

 

こんなに寒くては、暖房だけでは足りません。

身体の中から温めて、さっさと寝るに限ります。


s-1042- (1) 


おでんには、熱燗が定番

豆福が10号の土鍋におでんをつくりました。

これで、3人前

だしは、昆布と鰹節。

 

s-1042- (2) 

大根、わらび、タケノコ(根曲がり竹の赤ん坊です)

おでん用のはんぺん、里芋、

お袋さん(小あげの中にゴボウ、干しシイタケ、鶏肉が詰まっています)

これがおいしい。

だしが滲み込むだけではありません。

ゴボウ・椎茸・鶏肉そのものからも旨味が出るので、2倍おいしくなります。

 

お酒は、大信州

倅が買って来たのをご相伴。

これを定番の熱燗にするのは勿体ない。今回は、冷やでいただきました。

 

s-1042- (3) 

これは、蕗、ゆで卵、こんにゃく、昆布、かまぼこ、竹輪。

小あげの中には、お餅が入っています。

これもおいしい。

いくつでも腹に入っていきそうなのです。


もう一個ないかなー?

満腹の筈なのに、土鍋の中を捜します。


ん~、人数分だけでした。

さすが、居酒屋 “豆福“。

ボクが何を食べ過ぎるのか、承知しているようです。

 

 


PageTop

中心街に”牧場”

連休に所用があって札幌へ走っているときのことです。

「そういえば、ランチするところに “桜ダイニング”とかいうお店があったよね。」

「発寒(はっさむ)の?」

「そう!」

去年から、ちょっと気になっていたお店でした。

札幌の中心街でランチのつもりが、急遽、発寒(はっさむ)に変更になりました。

ナビとスマホで探したけれど、正確な場所は???

以前に見た新聞広告の記憶によるとJR発寒駅そばのイオンの近くだったような気がする。

とりあえず、イオンを目指しますか?

 

やっとこさ、イオンに到着。

さて、“桜なんとか” はいずこ?

地図ソフトで周辺を拡大して探すと、イオンの隣にあるではありませんか。

正規の名前は、「牧場(まきば)ダイニング桜」

どうりで、検索してもすぐに出てこなかったはずです。

 

ところが、近くまで来ているのに、入り口が分からない。

地図上では、どの道からでも入れそうなのに、積雪あって入口が分からない。

s-1038-1牧場ダイニング桜 

結局ぐる~っと回り道をして、矢印の入り口を見つけました。

 

 

駅に近くて、ショッピングモールに隣接、学校や公園や住宅地にも隣接

発寒(はっさむ)の中心街なのに、この風景。


s-1038-2.jpg 

街の中にサイロと牛舎!

ちょっと信じられない風景です。

街の開発に取り残されたような牧場(まきば)

 

レストラン & カフェ としてリニューアルされたのです。

s-1038-3.jpg 



ランチは、日替わり弁当「桜の昼膳」と食後のコーヒーをお願いしました。

s-1038-4.jpg 

 

 

桜の昼膳

s-1038-5桜の昼膳 

お弁当は、サラダ、イカの塩辛、牛蒡とコンニャクの煮物、ヒジキの煮物、卯の花、蕗のみそ漬け、焼サケ、一口茄子の辛子漬け、天ぷら、刺身、

 

 

どちらかといえば、高齢者向きのローカロリー食だね。

このダイニング桜の向かいに高齢者介護施設がありました。

もしかしたら、施設の総菜もここでつくっているのかな?

 

札幌の中心街で食事の筈が、ちょっと遠くまで来てしまいました。

これから用事を足すので、今日の帰りは、真っ暗かな~?

 

 

 

 

PageTop

正月太り

暮からお正月にかけては、おいしいイベントが続きました。

クリスマス、お餅つき、年越し、お年始・・・

おいしい食べ物、飲み物の誘惑には、めっぽう弱い。

しかも、運動は苦手とあっては、おのずと結果は知れたもの。

 

お餅つき、年越し、お年始は、おんちゃんちのお世話になりました。

お餅つきは昨年のブログに載せたので、カット。

年越しのそばは市販品でしたが、うどんは小学校5年生と3年生の姪っ子の子たちが手打ちしてくれたのです。

小学生とは思えないような出来栄えにビックリ。とても旨い。

 

元旦の夕方は、「砂川彗星」のお神酒で一献

s-2036-1.jpg 

アテは、左上から「旨煮」(これは義妹からの差し入れ)

鮭の飯寿司は、市販品

あとは、ぜ~んぶ豆福の手づくりでした。

叩き牛蒡と酢レンコン、黒豆、ポテトサラダのサーモン巻き、味付きブロッコリー、スナップエンドウ、かにかま、ふくさ焼き、かまぼこ、ローストビーフの味噌漬け、海老。

お正月は、多種な食材が賑やかに踊ります。

旨煮をちょいとつまんで、お神酒をクイッ! 

叩き牛蒡をかみしめて、も一度クイッ!

鮭の飯寿司で、も一つクイッ!

・・・・・

あれよあれよという間に、お神酒とごちそうは腹の中へ。

ほど経ずして、夢の世界で二次会と相成ったハズなのですが、よく思い出せない。

「初夢」は、持越しとなりました。

 

 

二日は、おんちゃんちへ「お年始」

ここでもごちそう。

s-2036-お年始 

 お嫁さんと、姪っ子の手づくりです。

イクラたっぷりの ちらし寿司。

今季はサケが不漁で、いくらが高騰しているというのに・・・奮発したね。

伊達巻き、かまぼこ。

栗きんとんは、甘栗が丸ごと入った逸品。

一口サイズの昆布巻き。煮海老、サケの焼漬け、ウインナー、枝豆。

手の込んだ品々が揃いました。

箱根駅伝を見ながら、「お酒」ではなく、「お茶け」で乾杯。

煮しめとお刺身の写真は、お酒も飲んでいないのに手振れでボツ。

 

という次第で、暮からお正月にかけては、相当、カロリーオーバー。

雪が降らないので、運動代わりの雪かきもない。

わがままを言うと、「毎朝5㎝程度の雪を降らせてください」

その程度だと運動にちょうどいいのです。

 

そういえば、

ジャリンバ初詣で、「食べても太らない身体」をお願するのを忘れていました。

今からお願いしても後の祭りですかね~?

 

 

 

 

PageTop