FC2ブログ
 

ローズミンタラ

雪がとけると

昨日から雨が降り続いています。

「春雨じゃ、ぬれて参ろう」

というには、強すぎる。しかも冷たい。

格好をつけて、濡れて参ると、風邪を引いてしまいそうです。

 

でも、この雨で、庭の雪は溶けきってしまうに違いありません。

雪が溶けるに従って、驚く景色が待っていました。

s-20210418-1.jpg


一見なんの変哲がない雪囲いに見えますが、

よくよく見ると、

s-20210418-2(骨折)

オンコを保護していた焼き丸太が骨折。

雪囲い用の焼き丸太といえば、直径5cm10cmあります。

その中間地点で折られたのですから驚きです。


s-20210418-3.jpg

この冬の雪の圧力を見せつけられました。

 

「萌樹工房あれこれ」の330日のブログに載っていた

「春の息吹」https://moegikoubou.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

のようなエゾシカの被害はなかったので、まあ、オンコの樹が無事で良かったと思うことにしました。

 

去年の秋につくったばかりの雪囲いの脚立もご覧のとおり。

s-20210418-4.jpg

横板がビスごと引きずり降ろされ、垂木が縦に裂け、ビスが折れてしまったのです。

こんなにすごい雪害は初めてです。

 

新しい雪囲いがこのようですから、古い雪囲いは言わずもがな。

s-20210418-5.jpg

横板が外れてパランパランになり、垂木が折られ、一つとしてまともなものがありません。

丸太が折れたということは、丸太より細い材でできている雪囲いは全滅ということ!

刀折れ、矢玉尽き、弁慶の仁王立ち、満身創痍で薔薇姫をかばっていました。

 

「痛かったろうに、ありがとう。 今、直してやるからな。」

外れた板は張替え、折れた垂木は交換、直しようがないものは新しく作り替え、今年の春は、物いりで、忙しい春になりました。

 

PS

ネズミの被害はヒアシンスにも及んでいました。

花芽が食されていたのです

s-20210418-6.jpg

花を食すなんぞ、エディブルフラワーと洒落込んで・・・とも思いましたが

花を愛でずに花芽のうちに食すのですから「憎きネズ公」です。


s-20210418-7.jpg

しかも、水仙の球根は避けるのですから、何ともはや利口なものです!

 

原種チューリップの被害地には、豆福がバックヤードで養生していたポット苗を補植しました。

s-20210418-8.jpg

これで多少は格好がつくことでしょう。

雪が溶けると、花の芽が出てくるだけではなく、一冬(ひとふゆ)のツケも顔を出すことは承知していましたが、ネズミの食害といい、雪囲いの骨折といい、この冬のツケは大きすぎです。




 

PageTop

暗躍してる

庭で暗躍しているモノがいる。

雪が溶けてくるとチューリップ畑の一角に小さな穴がいくつもあるのです。

s-20210413-1.jpg

植えたはずのチューリップがいない!

穴を掘った犯人は、キタキツネ? 野ネズミ? 野うさぎ? それとも・・・???

夜陰に乗じて跳梁跋扈する野生動物は事欠きません。

何かは、分からないけれど暗躍している。

 

チューリップの列の一部分が途絶えている。

昨年、植え替えをしたばかりなのに・・・

掘り返してみると、チューリップの白根はあるのに、球根と茎がない!

ん~!

食べられてしまった!

土の中で 何かは、分からんけど悪さをしとる。

 

庭に積み上げた雪も徐々に溶けて、もうひと塊のクロッカスが芽を出しました。

ところが、

s-20210413-2.jpg

(上がまともに咲いたところ、下が食い散らかされたところです)

これは食い散らかされている!

新芽は柔らかくて旨いのか?

野生動物にとっては、新芽はご馳走か?

 

犯人は誰だ?

寝ずの番をするわけにもいかず、対処法も分からず、

暗躍する奴には、困った。

 

PS:見つけました!】

13日は、強い風と雨。

何もすることができず、ボーッと庭を眺めていると、黒い影がチョロチョロと動く。

ナニッ!

あれは、野ネズミではないか!

s-20210413-3.jpg

チョロチョロと菰(こも)の周りをうろついて、また、雪穴へ戻って行く。

暗躍どころか白昼にもかかわらず、ずうずうしく出て来おった。

犯人は、アイツに違いない!


s-20210413-4.jpg

雪のトンネルをかいくぐって出没しているに違いない。

数年前に薔薇が野ネズミの被害にあったことがあります。

また、被害にあっていなければよいが・・・

 

どうしてくれようか?

市中引き回しの上、はりつけ獄門か? それとも、八つ裂きの刑か? 

いや、まて、まて、その前にどうやって捕まえるのかが問題だ。

犯人は判明したけれど、次の難問が出てきてしまった。

「大山鳴動して鼠一匹」とはいうけれど・・・

その一匹が厄介だ。

どうしよう?

 

PageTop

ラティス取り付け開始

雪が猛スピードで溶け出し、車道はすっかり夏道。

気の早い(?)Kさんは夏タイヤにしたけれど、臆病な大福はもう少し先で交換することにします。

3月末にオンコの樹の頭開け(かしらあけ)を載せましたが、今日は胴体まで開けました。

s-20210401-1.jpg

雪の溶けるスピードが早い!

 

薔薇の雪囲いも徐々に見えるようになってきました。

s-20210401-2.jpg

下駄を履かせたので、重い雪でも土にめり込まずに済んだようです。

ホッとしましたが、それは、一瞬のこと。


あれ!?

s-20210401-3.jpg

雪囲いの板を取り付けていたビスが雪の重さに負けて、折れてしまった。

これは、まだ、新しい方の雪囲いです。

ということは・・・まだ、雪の下の雪囲いは・・・どうなっているんじゃ?

雪が溶けたときの庭を想像すると・・・これは、怖いね。

 

めげていられないので、ラティスの取り付けを始めました。

s-20210401-4.jpg

雪が無くなってからラティスを取り付けたなら、それだけで庭らしくなるのですが、

こんなに雪が残っていては、どうひいき目に見ても庭らしくありません。

溶けたところから、順次ラティスを立てていくことにしましょう。

 

 

積雪は、まだ1m以上ありますが、溶け始めたところから花芽が動き始めました。

s-20210401-5.jpg

原種チューリップの花芽です。

♪ ならんだ ならんだ チューリップの・・・が

とても丈夫で、雪を突き抜けて芽が伸びてきます。

 

その横では、早くも福寿草が。

s-20210401-6.jpg

こんなところに植えた覚えはないのですが、こぼれ種が移動しながら咲きます。

予定外の場所で咲いたのは、植え替えたいのですが、クロッカスの間ではシャベルを入れるとクロッカスの球根まで傷つけてしまいかねません。

まあ、これは、気にしないようにするしかありませんかね。

 

PS.【根開け(ねあけ)】

 「もののほん」によると「根開け(ねあけ)」とは、日差しが徐々に強くなって、黒っぽい木の幹が他の部分より暖かくなることで、木の周りから雪解けが進んで、雪面に穴が開いたような状態に見えることです。とありました。

これは、樹だけに起きる現象ではありません。根っこのない電柱でも周囲の雪が溶けて穴が開くのです。

根っこがなくても「根開け」と言うんでしょうか?

s-20210401-7.jpg

そして、これはバックヤードの雪囲いです。

この周りでも穴が開きました。

 いよいよ、春到来ですね。

 

PageTop

根開け(ねあけ)

白鳥が北帰行を始めて、鳴きながら飛んでいく姿を見るようになりました。

クゥーッ、クゥーッと言う鳴き声で飛びます。

Qu-、Qu-、Qu-、

行き先を案内しているのでしょうかね?

まるで、春を呼んでいるような声です。

 

札幌では、31日からの毎日の最高気温の合計が500℃を超えると桜が開花するのだそうです(今朝の気象番組から)。今年の開花は426日なのだとか。

札幌が咲くと砂川もほどへずして咲き始めます。

まだ、一月近くあるのですが、待ち遠しいですねぇ。

 

日差しの強さを肌で感じます。

今日の暖かさで雪の嵩(かさ)は、一気に低くなりました。

s-20210327-1.jpg

と、言っても雪はあるのですが、バードテーブルよりも低くなりました。

目に見えて嵩(かさ)が低くなると嬉しくなります。

 

オホーツク海の流氷が離れて、出漁が可能になることを「海明け」といいますが、内陸では樹の周りの雪が溶けて、穴ができ始めることを「根開け(ねあけ)」と言います。

s-20210327-2.jpg

(本画像は札幌市の西岡公園管理事務所のHPから拝借しました)

https://www.sapporo-park.or.jp/nishioka/?page_id=8288

 

古い情報で恐縮ですが、「根開け」は、このサイトがわかりやすいかも。

『根開け』で感じる春

http://otenki-plus.net/2017/03/29/%E3%80%8E%E6%A0%B9%E9%96%8B%E3%81%91%E3%80%8F%E3%81%A7%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E6%98%A5/

 

ローズミンタラのオンコの樹は、雪囲いの丸太が見え始めたばかり。

s-20210327-3.jpg

さしずめ「頭開け(かしらあけ)」という図でしょうか。

お隣の車庫の屋根雪も相当少なくなりました。

「根開け」を見るのは、もう少し先になりそうです。

 

PageTop

もうすぐ

南の国から桜の便りが聞こえてきます。

「河津桜を見に行ったのはいつだったっけ?

「もう、10年以上前になるんじゃないの?」

TVを見ながらの会話です。

綺麗だろうな~、羨ましいなあ~。

目に見えないコロナのせいで、見に行くこともできやしない。

 

こちらは、まだ雪が山のようにあるんです。

でも、「ゴールは見えたようなもの。桜の便りが届くのも、もうすぐのハズ。」

と思うことにしよう。

まあ、イソップ物語の「すっぱい葡萄」のようないいわけです。

 

先日載せた、ご近所の屋根の工事は、無事終了しました。

s-20210319-1.jpg

煙突が無くなったので、雪害も無くなるに違いありません。

ご近所のことだけに、ホッとしましたよ。

 

庭の雪山も徐々に溶け始め、雪囲いの頭が見えてきました。

s-20210319-2.jpg

赤丸を付けたところがイチイの木を雪囲いした丸太のてっぺんです。

チョコっとだけ、頭を出しました。

隣の車庫(右側)と同じ高さになってしまったのですが、やっと低くなり始めました。

 

雪山もだいぶ低くなり、後退し始めました。

s-20210319-3.jpg

この雪山の中にジューンベリー、イチイ、薔薇姫たちが春を待っているのです。


ジューンベリーが姿を表し始めました。

s-20210319-4.jpg

すっぽり雪に埋まっていたので、雪が溶けるときに枝を折られないように手助けをしなければなりません。

これほど高く積もるとは思っていなかったので、例年通りロープで縛っておいたのですが、雪の力で引きちぎられてしまいました。

降っている雪は払えば済むのですが、積もった雪は、溶けていくときに悪さをします。

昼の暖かさで雪が溶け、夜の寒さで氷となって細枝に絡みつき、周りの雪(氷)と連なって重くなり、枝を引っ張って折ってしまうのです。 

厄介なことです。

これからが要注意の時期。

雪解けまで「もうすぐ」なのですが、気が抜けません。

 

 

PageTop