fc2ブログ
 

ローズミンタラ

AINU ART ~モレウのうた~

【天気予報】

18日の日曜日は、いいお天気でした。

豆福と「北海道近代美術館」に行くことにしました。

札幌までは約80㎞、冬は途中で吹雪に遭うと困るので、天気予報は気になります。

s-20240218-1.jpg

16日のTVの気象予報をスマホでパチリ)

気象用語には面白い名前がついているものです。

雪解けを誘う風は「雪解風(ゆきげかぜ)」

雪解けに現れる光は「雪解光(ゆきげこう)」

雪解けを促す雨は「雪解雨(ゆきげあめ)」

季語としても使われているようで、今回は気象予報士に教えられました。

 

AINU ART ~モレウのうた~】

札幌までの高速道路は豆福が運転、札幌市内は大福が運転することにしています。

北海道近代美術館では「AINU ART ~モレウのうた~」と「LAST SNOW 札幌国際芸術祭」が開催されていましたが、ボクの経験では複数の会場を見ると記憶がぐっちゃぐちゃになるので、今回は「アイヌアート」に絞りました。

s-20240218-3.jpg

 

写真撮影OKのところが数か所ありました。

アイヌアートというと、こんな印象が先立つのではないでしょうか?

s-20240218-2.jpg

モレウ(渦巻)、マキリ(小刀)の意匠などなど。

もちろん、こんな文様がたくさんあったのですが、ちょっと趣が違うものもありました。

 

【カムイミンタラ】

布のタペストリーに「カムイミンタラ」を見つけました

作家は川村則子さん。

s-20240218-4.jpg

240×160㎝の大作です。

「カムイミンタラ」は「ローズミンタラ」命名の語源にもなったので、森の神々にお礼を申し上げました。

 

【楽しい木彫作品】

木彫では面白い作品がありました。

こぶし大のクルミの木に魚を彫ったものですが、釣りあげられた瞬間なのでしょう。

s-20240218-5.jpg

魚「いってぇー」というタイトルです。

斑点模様からすると、「ヤマメ」でしょうかね?

「痛い」ではなく、「いてー」でもなく、「いってぇー」というタイトルが絶妙なのです。

釣り針と目の表情が面白くて、何度も見返してしまいました。

s-20240218-6.jpg


撮り忘れたのですが、クルミの木彫りで、魚が「ほろ酔い」の作品もありました。

帰ってきてからパンフレットを見ると、載っているではありませんか!

コピーで恐縮ですが、拝借することにしました。

s-20240218-7.jpg

これは「ほろ酔い」ではなく、相当入ってますね。 ビールっ腹を見れば、一目瞭然です(笑)

「ほろ酔い」は、貝沢幸司さんの作品で、二風谷で活躍した木彫家。

魚をモチーフにユーモラスな木彫作品を多く残した。と解説されてあります。

このほかの作品も見てみたいものです。

 

【落暉(らっき)】

帰りは、夕刻になりました。

ボクは助手席で沈む夕日を見ていました。

「見に行こうか?」と豆福。

「いや、ここから見えるから(行かなくて)いい」

s-20240218-8.jpg

道新に載っていた俳句を気にしていたのを知っているから出たお誘いです。

その句とは、『真っ直ぐに 枯れ木ぬけ来る 落暉(らっき)かな』というものです。

新聞に投稿された句で「落暉(らっき)」とは、「夕日、落日」だということを豆福に教わりました。

新しいことばを知ることができ、相応の「落暉」を見ることもできて、Luckyな日となりました。

 

 

PageTop

まだ、2月なのに

2月といえば冬の寒さが溜まって、底冷えする日がある筈なのに…。

何ということでしょう!

 

【真冬にプラスの気温】

一昨日、昨日とプラスの気温。

真冬にこんなことになると、ロクなことはありません。

s-20240215-1.jpg


幹線道路はアスファルトが出ていても、脇道になると、

♪ 踊り踊るな~ら ちょいと 東京音頭 ヨイヨイ ♪

というような凸凹運転になっちゃいます。

歩くにしても、ぐっちゃぐちゃのザックザク。

お洒落な冬靴の出番はありません。実用一点張りの長靴、長靴。

 

ですが、砂川は市道管理が行き届いていて、隣街よりも札幌よりも除雪の評判はいい。

りんご園3号通りにも除雪車が入りました。

s-20240215-2.jpg

春になれば、雲散霧消するものを・・・

除雪するにしても、お金がかかるというのに・・・邪魔な雪です。

 

【バトンタッチで春は来る】

寒いけれども陽の光が強さを増してくる「光の春」から

小川のせせらぎが聞こえ始める「音の春」へ、

そして雪が解けてくる「気温の春」へとバトンタッチして来るのですが、

今回は、その三つがいっぺんにやってきました。

 

【庭景色】

窓から見るとすっぽりと綿帽子をかぶった庭木。

s-20240215-3.jpg

3日ほど前までは、こんな小山の雪綿帽子でした。

 

連日の温かさに綿帽子が溶け落ちてしまいました。

s-20240215-4.jpg

雪囲い用の丸太があらわになり、こうなると無粋ですが、手の施しようがありません。

 

この雪山の中には、イチイ(北海道ではオンコといいます)が囲われています。

s-20240215-5.jpg

去年の11月、初雪が降った日の写真です。

 

【三寒四温】

春が来るまで「三寒四温」が繰り返します。
これは北海道では3月に使う言葉だと思っていました。

ところが、2月をすっ飛ばして、3月がやってきたような気温の変化。

このまま、雪解けまっしぐらなら嬉しいのですが、そんなに甘くはないでしょう。

とんでもない時期に「寒の戻り」があると、薔薇へのダメージが大きい。

心配してもどうにもならないのですが、なんかいい方法ないかな~?

 

 

PageTop

二度おいしい

【一粒で2度おいしい】

曖昧な記憶で恐縮ですが、グリコのキャラメルの宣伝にこのキャッチフレーズがあったような・・・

記憶違いだったら、お許しのほどを!

この話は、置いといて、

 

「舟を編む」は、「大渡海(だいとかい)」という辞書を編集し、発刊する物語です。 

『辞書は言葉の海を渡る舟だ』、『ひとは辞書という舟に乗り、暗い海面に浮かびあがる小さな光を集める。もっともふさわしい言葉で、正確に、思いをだれかに届けるために、もし辞書がなかったら、俺たちは茫漠とした大海原をまえにたたずむほかないだろう』、『海を渡るにふさわしい舟を編む』

気恥ずかしいけれど、格好いいくだりですね~。

「大渡海(だいとかい)」という辞書のネーミングも「大都会(だいとかい)」とオーバーラップして煌めきます。

 

また、その話か! そうなのですが、「舟を編む」を2度読みしてしまいました。

NHKのお先棒の前宣伝をしてしまったので、「舟を編む」を読み返してみたのです。

12年前に読んだ記憶はびっくりするほど消去されていました。

忘却力がついたせいでしょうか、2度目を読んでみても、やっぱり面白かった。

一冊で2度楽しめることが分かりました。これは、グリコのキャラメル並みです。

 

【トラさん】

2度読みして気づいたことが、いくつかあります。

飼い猫(半分はノラ猫風です)の「トラさん」が登場するのですが、最初に登場したときは、主人公・馬締(まじめ)や馬締の下宿のタケおばあさんに懐いた猫だと思っていました。

途中では登場する機会はなく、トラさんのことなど忘れてしまった後半233ページで再登場します。

 

下宿の大家のタケおばあさんが老衰で亡くなるのです。

『唖然としたまま葬儀を終え、馬締(まじめ)と香具矢(かぐや)はタケおばあさんのいないこたつにあたった。そこでようやく、飼い猫のトラさんの姿を見かけないことに気づいた。近所を探しまわり、保健所にも連絡を入れ、何日も帰りを待ったのだが、ついにトラさんの行方はわからなかった。

自分をかわいがってくれたタケおばあさんの死を察し、トラさんは旅に出たのかもしれない。(中略)』

ここで、「フーテンの寅さん」を連想してしまいました。


そして主人公の「馬締(まじめ)」は「真面目」を連想させ、「香具矢(かぐや)」はタケおばあさんとの組み合わせで竹取物語の「かぐや姫」を彷彿とさせるのです。

これは、 お洒落ですね~。

 

【「大渡海」と「舟を編む」の装丁】

お洒落なのはここだけではありません。

小説の文章とこの単行本の装丁を見比べるとわかるのです。


240ページから次ページにかけてのくだりです。

『得意そうな赤シャツをよそに、馬締の目は机のうえのデザイン案に引き寄せられていた。

「大渡海」の箱も、本体の表紙とカバーも、夜の海のような濃い藍色だ。帯は月光のごとき淡いクリーム色。表紙をめくると現れる見返しの紙も、同じクリーム色だった。」

s-20240213-1.jpg

「舟を編む」の装丁そのものが「大渡海」をイメージするものでした。

しかも、中央に刻印された古代の帆船には大渡海の出版社(玄武書房)の「玄」の文字が!

今更ながらの驚きがありました。

 

「大渡海」という文字も銀色で、藍色をバックに堂々たる書体で浮かびあがる。よく見ると、箱と本体カバーの下方には、細い銀の線で波のうねりが表現されているのだった。『背の部分には、古代の帆船のような形状の舟が描かれ、今まさに荒波を越えていこうとするところだ。』

s-20240213-2.jpg

本の帯の背にはトラさんがいました。

『本体の表紙と裏表紙には、三日月と舟のマークがそれぞれ控えめに刻印されている。』


装丁が本文と一体になっていたということは、遅ればせながら今回初めて気づきました。

グリコ並みに2度楽しむことができましたよ。

 

※「舟を編む」から引用したところは四角枠囲みとしました。


PageTop

「舟を編む」の予告編

先日載せた、三浦しをん著『舟を編む』が、NHKBSで放送されることになりました。

「舟を編む」~私、辞書つくります~

2月9日の「あさイチ」で予告していました。

しかも夕刻の番組の繋ぎ目でも予告。


NHK自社番組の前宣伝の感は免れませんが、気になったのでネット検索してみました。

s-20240210-1.jpg

「舟を編む ドラマ」で検索した画面です。

 

これだけではありません。

2013年に公開された映画のリバイバル上映が31日から2週間あるのだとか。

s-20240210-2.jpg

でも、田舎には、来ないね。 だって、映画館が無くなっちゃったんだもの。

 

テレビの話に戻ると、第一話が2月18日(日)NHKBS、夜10時から1049分まで。

https://www.nhk.jp/p/funewoamu/ts/GZ8RQ7PNJ1/

毎週日曜、全10話です。

259ページの小説なので23話だろう、と思っていましたが10話とはね。

小さな驚きでした。

 

「小さな驚き」で思い出したのですが、このドラマの主人公の名は「馬締(まじめ)」でした。

「真面目(まじめ)」と同音です。

辞書の編集者としてふさわしい?名ですが、失礼ながら、ふざけているのかとも思いました。

和歌山方面では旅人に馬の差配(さはい)をする問屋場(といやば)のことを馬締(まじめ)といったのだそうです。

著者はふざけではなく、洒落っ気でこの名を使ったのでしょう。

 

PS

Wikipediaからの引用です。

「玄武書房」に勤める馬締光也が、新しく刊行する辞書『大渡海』の編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられ、個性豊かな編纂者たちが辞書の世界に没頭していく姿を描いた作品。「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」という意味でこの書名が付いている。


s-20240204-2.jpg

10話ともなると、原作からどれだけ脚色されちゃうんでしょうかね。

これも気になるところです。

原作は2011年に出版された第14回本屋大賞を受賞した作品です。

機会があったら原作をぜひ。

 

PageTop

速読vs遅読

暦の上では春の兆しの「立春!」

まだ、雪があるので寒いのですが、「光の春」の始まりです。

 

先日、留萌市のブロ友のことを書きましたが、萌樹工房の「KEARASHI」さんです。

リタイア後、木彫・木工クラフト工房「萌樹(もえぎ)工房」を立ち上げ、道内各市町村のキャラクターグッズなどを製作・販売しています。

 ブログ「萌樹工房あれこれ」(https://moegikoubou.blog.fc2.com/)では、ご活躍ぶりをご覧いただけます。

『当北海道留萌市の吹雪は、毎日のように全国トップニュースで放映され、すっかり冬のブランド?になってしまった』とありました。

ブログ写真を見ると、「すごい!」としか言いようがない、半端ない雪の量!

後日のブログで除雪の写真を見ると、「きれい、きれい、すっきり!」

スポーツマンのKEARASHIさんらしい除雪っぷりです。

 

そのKEARASHIさんから2冊目の手づくり本をいただきました。

「方言玉手箱」~北海道の方言~

205ページ、63話の大作です。

これを自作しちゃうんだから、こちらも「すごい!」としか言いようがない。

s-20240204-1.jpg

曰く、「方言大賞」に応募しようかと思って・・・

「それはいい、是非に」と返す間もなく

「実は、方言大賞とはホラでね。皆、在ると思っちゃうんだよ」

「そりゃあそうだわ、それじゃあ、ホラ言大賞じゃないですか」

例年、2月に行われる「世界らん展日本大賞」にあやかって、

全国津々浦々の方言を集めれば、「方言大賞」があっても不思議はない。

まあ、今回は「放言大賞」受賞ということにしておきましょう。

 

この「方言玉手箱」、ヤマゴ(山子=内陸の者)には「???=分からん」方言が載っていました。なんせボクは山奥のヤマゴだからね~。

浜ことば(方言)は、新鮮です。

しょっぱなの方言は、「にんべ」でした。

彼の本から引用すると、留萌地方では、「変形する」「ピッタリ合わない」「ずれている」「ねじれている」という意味に使うらしい。

初めて聞きました。

北海道方言でも浜とヤマでは共通ではないものがいくつもあります。

かみしめて読み進めました。

 

現役時代は、本は速読がステータスであるかのように思っていました。

速読ではありませんが、「舟を編む」(三浦しをん)は、面白さのあまり一気に読んでしまった記憶があります。

s-20240204-2.jpg

でも、この「方言玉手箱」は早く読むのは勿体ない。

声に出して、現地のイントネーションを想像して読むと、味が増します。

スルメを噛むように、ゆっくりと味わい、しゃぶり尽くすのです。

読むスピードはぐっと遅くなりますが、それが楽しい。

北海道新聞社に売り込んだら、出版してくれないかな~?

ん? これも放言になるかな?

 

PS

年のせいでしょうか、次のページをめくるのが待ち遠しくて、早く読みたいという急く気持を我慢できるようになりました。

一話読んでは、おいしさを反芻し、時間をおいてから次の話に進みます。

「方言」って、こんなに面白いもんだったっけ?



 

PageTop