ローズミンタラ

走る


富良野グループの演劇、 「走る 」 を観に富良野演劇工場まで車でひとっ走り。
3月6日 (月) の夜のことでした。
豆福はテレビで 「 前進せずにその場で走る姿 (?) 」 に驚き、
ボクは走ることに 「あこがれ 」 があって、見に行くのを決めたのです。
s-936-1.jpg
ポスターの
「 人は何のために走るのか 何に向かって走るのか 」 の問題提起は、鮮烈でした。
ボクは走ることはムリなので、そんなことは考えたこともなかったのです。
悔しいことには、夢の中でも走ったことがありません。
「 夢の中でぐらい走らせてくれてもいいのに! 」

s-936-2.jpg

走ることはムリですが、車でなら人並みに走ることができます。
ボクにとって車は、便利なランニングシューズのようなもの。
舞台のランナーが 「 水とガソリン、どちらが大事ですか? 」 と 言いながら走っていましたが、ボクは 「 どっちも! 」 です。

s-936-3.jpg

パンフレットに、舞台の 「 あらすじ 」 が載っていました。
「 時のマラソン ・ ・ ・ 一年365日を昼も夜もなく走り通す奇妙で過酷なレース。
報酬も賞金もトロフィーさえも出ない、この徒労のレースに、毎年全国からランナーが集ってくる ・ ・ ・ 」

s-936-4.jpg

公演時間1時間40分。その間、30数名のランナーが走り、走り、走る。
3.11のトラウマに苦しむ者、 走りを極めたい者、 病を押して走る者、 自衛隊で駆けつけ警護の任を負わされた者、 桃尻ランナーの尻を追いかける者、 伴走者とともに走る者、 心身ともにボロボロになっても走る者、 様々なランナーが、春夏秋冬を、人生のドラマを、走り、走り、走る。
「 人は何のために走るのか
何に向かって走るのか ・ ・ ・ 」
この問いかけは、走りを知らないボクにはムリ。 熟年ランナー夫妻に訊いてみることにしよう。

1時間40分で答えを見つけることはできませんでしたが、舞台は体力勝負だということを見せつけられる公演でした。
ちなみに、ゼッケン3番の人は、疲労骨折で代役が出演していたのだそうです。

s-936-5.jpg

8時40分に舞台が終わってからの帰り道。
お天気はいいし、道路は舗装が出ていてカラカラ。
それなのに、国道38号はガラガラ。
片道1時間20~30分の道のりですが、ボクの車の前には車がいない。
後ろにも車がいない。まるで太平洋独りぼっち (いや違った、ふたりボッチでした)。


s-936-6.jpg

この国道はしばらくぶりだけれど、こんなに車が少ないのは初めて!
オリンピック特需で32兆円の経済効果とか言われていますが、田舎はそんな風とは無縁です。
高齢者の比率が増えて夜は出歩かず、遠出をする者がいなくなった。
経済活動が低調になり物流が減って、夜の9時台なのに国道に車はいない。
首都圏とは、大きな落差。
この実態を知ったうえで、お偉方は施策を講じているのでしょうか?

演劇 「 走る 」 での問題提起と、国道を車で 「 走る 」 ことで想起した疑問。
珍しく、小難しいことを考えてしまいました。







PageTop

匠の日


4日(土) は スキルアップセンターで 「 匠の日 」
正式には 「 匠の技とふれ合う日 」 なのですが、タイトルが長すぎるので、ショートカット。
s-935-1スキルアップセンター

s-935-2.jpg

隔年で開催されて、今年で10回目
一昨年は3月15日でした。
匠の技とふれあう日

今年のお目当ては、 「 木工 」
ボクの脳回路はミーハーで、すぐにヒトの影響を受ける性質(たち)。
今回は、萌樹工房さんの影響を受けたのかもしれません。
s-935-3積み木

s-935-4木工製品

一昨年は3Dプリンターに目が留まったのですが、
今回はレーザー加工機に食指が動きました。
s-935-5レーザー加工機

木のハンコ作成を無料実演していたので、ローズミンタラのハンコもお願いしました。
この加工機は自作の模様も焼き付けることができるのです。
名前のハンコだけではつまらない。
ローズミンタラのロゴマークを作成して、それをレーザー加工機で ・ ・ ・

夢は広がりましたが、残念なことに、ロゴマークは、構想途上。
しかも、加工機のお値段は200万円!
お値段を聞いた途端に、食指がピタッと止まってしまいました。

ここには、「 匠のたまご 」 の高校生も実演していて、煙を使った空気砲や圧縮空気を使った機関車などは子ども達に大人気。
「 ブラックウォール 」 という耳慣れないネーミングに惹かれて、子ども達と一緒に実演に参加してきました。
透明なアクリル筒の中間に壁 ( これがブラックウォール ) があって、物体は通過できない ・ ・ ・ はずなのですが ・ ・ ・ ドラえもんのように難なく通過してしまったのです!
s-935-6ブラックウォール
①ボーリング球にフェルトを貼ったものに透明なアクリルの筒をかぶせます。
②アクリル筒の中ほどに黒い壁があります。
③アクリルの上から掃除機で吸引すると負圧でボーリング球が持ち上がってきます。
 黒壁を超えることができるか!
④難なく超えてしまいました!
 「あの壁は、いったい、ナニ?」

SSH ( スーパーサイエンス・ハイスクール ) の生徒さんの説明を聞くとナ~ンダ!となるのですが、見た目は黒い壁があるのです。

説明書を貰って来たので載せておきますね。
s-935-7ブラックウオールをつくろう
偏光板のトリックでした。
見た目ベルリンの壁は、あっという間に突き抜けてしまったのです。
若い人に、教えられた匠の日でした。


ps.
今日のおやつは、これ!
s-935-8豆大福

自分たちの名前にちなんだ餡餅に つい、つい、手が伸びてしまったのです。







PageTop

三人官女


♪ きょうは たのしい ひなまつり

豆福の友人は筆まめさんで、絵葉書や一筆箋が届きます。
最近も三人から届きました。
折しも、ひな祭り。
三人官女ならぬ、「 三人簡女 」 になりました。
「 簡 」 は、「 書簡 」 の 「 簡 」 です。

s-934-4三人簡女
左から、堀文子の 「 月と猫 」 、猫好きの豆福用。
こんな渦巻き模様のカリントウがあったことを思い出しました
中央は、源氏物語 「 野々宮図 」 、光源氏の背丈の高さに驚きです。
右は、芹沢健介の 「 木の字 」 、木に鳥がとまっている図かな?

ひな祭りで楽しいのは、小さな女の子とおよばれした男の子。
それとお酒が飲めるお父さんだけかもしれません。
お母さんは、ひな人形の出し入れなどにてんてこ舞い。

ウチでも飾るのをやめてから久しいのですが、豆福の友達から
楽しいものが送られてきたので、それを飾って お祝いをすることにしました。

s-934-1-表裏一体
( 表裏一体 )

この 「 日本手ぬぐい 」 は、技術が精巧で、表から見ても裏から見てもそれなりに見えます。
早い話が、表か裏か、分からないということです。
唯一つ、分かるのは三日月の形。

それでは、今日の月の形は どっち?

s-934-2月齢
調べてみると、左側でした。
これから月が満ちていくようです。
12日が満月

s-934-3.jpg
今日は室内で上弦の月を愛でながら白酒をいただきます。







PageTop

本物の Apple pen ! 


本物の 「 Apple pen ! 」 がやってきました。
何というタイミングでしょう!
先日、ミニ・ミニ・コンポの Apple pen をアップしたばかりなのに、今日は、本物の Apple pen !
s-933- Apple-pen
みまもりんごのペン立てです。
これは、留萌の萌樹工房 (もえぎこうぼう) さんの作品。
自治体キャラクターを木工作品にしているのですが、今回の 「 みまもりんご 」 作品が一番かわいい!
これって、ひいき目かな~?
実用性だけでなく、ピコ太郎の歌と一致したところなんぞ、思わずうなってしまいました。

今日は、キャラクターの使用承認作品を提出するために来砂。
作品は 「 Apple pen ! 」 だけではあません。
ちょっとご紹介しますね。

s-933-アップルウオッチ
これは、「 Apple watch ! 」
※ あの有名なアップルウオッチは、Apple wrist watch ! (アップル腕時計) なので、これが 正真正銘?の 「 Apple watch 」


これは、「Apple-cutter」かな?
s-933-Apple-cutter.jpg
セロハンテープのカッターです。
セロハンテープの中心の歯車部品をつくるのが大変なのだそうです。


これは、「レターラック」
s-933- もっこ
リンゴ箱をイメージした製品です。


まだ、まだ、あります。
s-933-.jpg
左は、パズル。 かわいくて簡単そうに見えるのですが、小さな子どもさんには、頭の体操になります。
右上はポケットティッシュBOX、右下はティープレート。


どれもが 「 見守り+りんご= みまもりんご 」 です。
どれも秀逸な手作り作品ばかりですが、驚いたのは 「 Apple pen 」
みまもりんごの葉っぱの帽子と頭の隙間をご覧いただけますか?
s-933-リンゴの葉
矢印をつけておきましたが、あの狭い隙間を糸鋸で切り抜いているのです!
バットの材料になる堅いアオダモの木。 その厚さ3㎝。 
それを切り抜いたのですから、驚きです。

このグッズをボク達だけで楽しんでいるのはもったいない。
みまもりんごのデザイナーさんにも見てもらわねば ・ ・ ・ 急遽、まち子さんに連絡。
運良く、足を運んでいただけました。
みまもりんごの 「 生みの親 」 と 「 育ての親 」 の顔合わせが成立しました。
短い時間でしたが、楽しい時間でしたよ。
s-933- ティープレート

みまもりんごグッズは5月14日(日)に砂川地域交流センター ゆう の 「 ZAKKAフェスタ 」 でデビューする予定です。
よろしければ、カレンダーにメモしてくださいね。
販売価格は、聞き漏らしたので、萌樹工房さんのHPをリンクしておきました。
類似の製品から類推してくださいね。
今から5月が楽しみです。






PageTop

Apple pen !


20年ほど前にステレオがダメになりました。
大型のスピーカーを捨てるのは惜しかったのですが、置き場所が無くて、粗大ごみ。
代替で来たのはミニコンポでした。

s-932-1.jpg

ラジオ、CD、Wカセット + レコードプレーヤー。
合理的な機構で活躍してくれたのですが、お年のせいかカセットの一方が動かなくなり、CDの音飛びが激しくなってリタイアすることになりました。

代替品を捜していると、ダビング機能がついた格安のミニコンポが2種類も目にとまりました。
これ、いいんじゃない?

s-932-2.jpg

ところが、製造元は聞いたこともない会社。
加えて、豆福のネット検索によると、ターンテーブルの動きにムラがあるとのお告げ。
安物買いの ・ ・ ・ かな?  断念しました。

そういえば、レコードプレーヤーは AIWA 、 スピーカーは SHARP。
これは壊れていないのです。
SONY のラジカセもある。 どれもれっきとした日本の製品

これをドッキングしたら ・ ・ ・
ピコ太郎の
♪  I have a pen + I have an apple = Apple pen !
になるかもしれない。

ダメもとで、チャレンジ。
コードをつなぐジャックを3点ほど買って、あとはハンダ付け。
音が出るか?

s-932-3.jpg

コンポらしくカラーボックスを加工して ・ ・ ・ 並べてみました。
丸一日がかりでしたが、 Apple pen  出来上がりです!

音は?
出ました!
音質は? ラジカセ以上、ステレオ未満かな。
カラーボックスも含めて、投資額5000円程度ですから、まあ、こんなもの。
音飛びが無くなっただけでも安心して聴くことができるようになりました。
しばらくは ミニ・ミニ・コンポ Apple pen が活躍します。








PageTop