ローズミンタラ

雲海カフェ

雲海は、雲間に浮かぶ「竹田城(兵庫県)」や星野リゾート トマム の「雲海テラス(北海道)」などがメジャー

へそが曲がっているせいか「飛行機に乗ってしまえば、空の上は雲海だらけじゃないの!」と思うと、見に行く気にはなれなかった。

 

ところが、身近なところで「雲海」を見ることができるスポットがあるというのです。

スキー場で名をはせている「かもい岳」の頂上が「雲海」のビュースポット!

自宅から車で30分程度。

しかも、17日はカフェメデルさんが頂上で「雲海カフェ」をオープンするという。

しかも、しかも、オプショナルで「かもい岳温泉+朝食」が楽しめるというのです。

s-999-1.jpg 

 

豆福と朝5時に出発。

頂上まで車で行くことができる。

まだ薄暗いのに、人がいるわ、いるわ!

s-999-2.jpg 

 


日が出だすと、早い!

あれよ、あれよという間に昇ってくる。

s-999-3.jpg 

 


早朝の頂上は寒い。 ホットミルクをお願いしました。

s-999-4.jpg 

 


予約していた「温泉入浴券&朝食券」

s-999-5.jpg 

寒くてローソクに手をかざす人も・・・炭火コンロがありましたが、暖を取るにはそちらの方が合理的。

 


日が昇ると」、周りの景色が良く見える。

s-999-6.jpg 

 

 

展望台の眼下にはスキー場ロッジや温泉施設。

s-999-7.jpg 

 


反対側には砂川、滝川、新十津川、奈井江、浦臼が見えます。

s-999-8.jpg 

こちら側にも雲海。

雲海にかもい岳の影が映っているのが見えましょうか?



s-999-8-2.jpg 

 

 

こちら側にも雲海カメラマンがいました。

あれ! 砂川のKさんではありませんか!

完全防寒スタイル。

s-999-9.jpg 

この防寒着なら長時間粘っても大丈夫なんですね。

彼によると、ここの雲海は、こんなものではない。今日の雲海はショボイとのこと。

台風18号の前触れで、大気が不安定になったせいでしょうかね~?

 

頂上に到着してから1時間以上たちました。

Kさんは4時半に到着したというのに、まだ、帰る様子が見えない。

「雲海」に魅了されてしまったのですね。

ボクたちは引き上げることにしました。

 

かもい岳の湯につかると、冷たくなった体に温泉が滲みる。

朝食はバイキング。

s-999-10.jpg 

たらふく食べて、さあ、帰還。

満腹になって、温泉で体が温まって、車の振動は、まるで揺り籠。

助手席の豆福は、半眼朦朧。

自宅に着くと、今度はこちらに睡魔が移転。

 

ふっと、会津磐梯山の一節が頭をよぎりました。

 

♪小原庄助さん 何で身上潰した

朝寝 朝酒 朝湯が大好きで

それで身上潰した

ハー モットモダー モットモダ

 

朝酒は飲まなかったけれど、朝湯と朝寝を堪能。 こんな贅沢は、ほどほどにということでしょうか?







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)