ローズミンタラ

気になる


10日は、「百まい襖(ふすま)展」で杉吉墨絵師のパフォーマンス。

気になっていました。

描き始めからは行けなかったのですが、折よく完成間近で会場に到着。

s-996-1.jpg 

描いていたのは「鹿」でした。

すさまじい迫力の竜虎図に対して、こちらは穏やかな気配。

s-996-2.jpg 


最初から見ていた切り絵師のSさんによると、「凄かったよ・・・真似できないね」

s-996-3.jpg 

例え写真があっても、そのようには描けない。

頭の中の映像があっても、それを襖に投影するのは至難の業。とのことでした。

わずかの時間でしたが、描く姿を見ることができたのは、幸せでした。

 


その彼の切り絵も気になるものがありました。

タイトルが「失敗作・・・涙  作者より」

s-996-4.jpg 

どんな失敗作なの・・・???


s-996-5.jpg 

どこが失敗なの・・・???

ん~分からん・・・今度会ったら解説してもらわなければ・・・

でも、それを聞くのは失礼かな~?

 


もう一つ気になっていたものがありました。

豆福曰く、「ハートが画鋲でつくられていたの気づいた?」

「えっ?」

「気づいていなかったでしょう。見てきたら」

s-996-6.jpg 

画鋲で埋め尽くされているとは、気づきませんでした。

遠目には「黄金のハート」で完結していたのでした。

近寄って見ると

s-996-7.jpg 

ありゃま~!

ほんに画鋲じゃ!

いや~チクチクと痛そう!

ん~、気づかなかったせいもあって、痛く、切ない。

 

この百まい襖展は、見直すたびに新たな発見がありそうです。

入場料はタダ。

作品展は18日までです。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

画鋲とハートのミスマッチが面白い!というか発想の斬新さかな?
豆福&大福のコンビはいつも健在ですね。

takarinn | URL | 2017/09/12 (Tue) 16:26 [編集]


Re:💓

同じところにいたはずなのに、同じものを見たはずなのに、視点が違う。
二人とも本が好きなのに、読んでいるジャンルが90%違う。
この違いが弥次喜多道中の雰囲気を出しているのかもしれません。

大福 | URL | 2017/09/12 (Tue) 21:45 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)