ローズミンタラ

矢来風雨の声

「夜に雨が降って、朝からいいお天気」

こんなふうだと、鉢の水やりもせずに済むので、理想的?

昨夜から今朝にかけて、こんなお天気でした。

 

嬉しかるべきお天気だったのですが、雨量が凄すぎ。

「しとしとしっぽり」というような色っぽい降り方だとよかったのに・・・

 

「矢来風雨の声・・・っていう文句があったけど、誰だっけ?」

「孟浩然の春暁でしょう!」

 

そう、そう。

「春眠暁を覚えず・・・」の出だしで、「矢来風雨の声 花落つることを知る多少」という一文でした。

「昨夜は雨や風の音がした。どれだけの花が散ったのかわからない」という意味ですが、夕べは弓矢が飛んでくるような降り方だったのです。

 

またしても、庭はちりちりぱっぱー。

大輪のバラや、花首の弱いバラは雨水の重さに耐えきれず、下を向いてしまいました。

s-987-1ベルばら 

こうなると、お天気が良くなっても元には戻りません。

♪お医者様でも草津の湯でも・・・治りゃせぬ チョイナチョイナ~

 


そのままでは可哀想。

水鉢に飾ると、なかなかいいではありませんか。

s-987₋2ベルサイユの薔薇 

ベルサイユの薔薇

大きさと言い、色合いと言い、迫力があります。

 


次々と試してみました。

s-987₋3サムライ 

サムライ

写真だとベルバラと区別がつきませんが、

ベルバラの色よりはちょっと明る目、気品のあるビロード感です。

 

s-987₋4ガーデンパーティー 

ガーデンパーティー

クリーム色にピンクの縁取り。花びらが柔らかさを引き立てています。

 


s-987-5 芳純 

芳純

香り高く、花数も多いバラです。

 

 

今回の荒天アクシデントが無ければ、水鉢に浮かべることはなかったことでしょう。

そう考えると、矢来風雨の声もまた良きかな。

(負け惜しみです)






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)