ローズミンタラ

夏バラの季節

今年の気候は「変です」

4~6月は風が強く、寒い日が多かったのです。

4月が寒いのは当たり前、でも、寒風吹きすさぶのには には参った。

5月は、大地を乾燥させる風が吹くのは当たり前、それに加えていつまでも寒かったのは、想定外。

6月にカッコーが鳴くと、苗植えの季節。

それなのに、寒くて暖房を入れたこともあったのです。


気をもんでいたら、7月に入るや否や、最近は「猛暑!」

暑くて、暑くて、花の手入れや水やりは 日中はできません。

「熱中症注意報」が3日連続で出て、この先も30℃超えが続くというのですから異常です。

  

異常な気候ではあるのですが、バラは涼しいところが好きなので、生育は順調でした。

ほろ酔い三人娘が酔いつぶれてしまったことは、先にお知らせしたところですが、同じときに散ったフリージアとジュリアは、もう夏花を咲かせました。


【夏のバラ】

s-983-1.jpg 

手前の黄色いのがフリージア、左奥の茶色いのがジュリアです。

ほろ酔い三人娘は、酔いは覚めましたが、咲くまでにはもう少しかかりそうです。

 

2番花(夏バラ)が咲き始めた一方で、まだ一番花も咲かせてないバラもいるのです。

【ハッピートレイルズ】

s-983-2.jpg 

ブッシュ系のバラです。

蕾が色づいてきたので、咲くのはもうすぐだと思うのですが。

ハッピーなことは、簡単には咲かないものよ、と言われているみたいです。

小さな花なのですが、幸せのピンク花がたくさん咲くので、いくつかはポプリにして幸せのおすそ分けに使うつもりです。

 

今、咲いているバラは、こんなふうです。

【バイランド】

s-983-3.jpg 

一枝に数輪の花をつけますが、初めの一輪が開いたときと、全部開いたときとでは、おおきさが倍以上も違うのです。

これを島に例えると「倍の島(バイランド?)」

日英混淆の無茶な語呂合わせですが、名前を覚えるには、有効でしょう?

 

【ロイヤルボニカ】

s-983-4.jpg 

古株ですが、今も元気です。

 

【マリアテレジア】

s-983-5.jpg 

バラの名前には、スーパースター、大君主、聖者など豪華絢爛(ごうかけんらん)な名前が冠されていることが多いのですが、「マリアテレジア」もスゴイ!

マリアテレジアはオーストリア女帝です。

マリー・アントアネットの母親でもあるのです。

それを知ると、綺麗だけではなく気迫も伝わってくるようです。

 

【ピンクサクリーナ】

s-983-6.jpg 

バラの作出者はメイアン(仏)

一重咲きで、5枚の花弁が桜のように咲きます。

おしべも美しいバラで、紅をさしたようなピンクの花弁が咲くにつれ桜色となり、散り方も桜の花のようにひらひらと優雅に散るのです。

・・・・・

でも、でも、この娘は、律儀に毎朝ボク達を召使のように呼びつけるのです。

花びらを拾って、株の状態を診て・・・・人使いの荒いバラでもあるのです。

 

【ピエール・ド・ロンサール】

s-983-7.jpg 

今年の春の新入り娘です。

一季咲きで耐寒性に難があるらしい。

残念なことにハーディネスナンバー(耐寒性の指標)が調べきれない。

こうなると、冬越しが不安なのですが、工夫するしかないね。

 

【?】

s-983-8.jpg 

豆福の実家の庭バラを挿し木した つるバラが咲きました。

クレマチスの間からちょこんと顔出し。

名前が分からないので、とりあえずルージュと呼んでいるのですが、これは一体なんでしょね。

 

【ボーダーガーデン】

s-983-9.jpg 

ボーダーガーデンには、アスチルベとガウラ

アスチルベは下側のピンクと白です。

「明日、散らなくても、明日散るべ」

あっ、これも名前を覚えるための語呂合わせです・・・・。


アスチルベの右側が「ガウラ」

風にそよぐ軽やかな花茎なのに名前が「ガウラ」とは、音感が重い。

和名に「白蝶草(ハクチョウソウ)」という優美な呼び名があります。

こちらの方がピンとくるのですが・・・

 

【大鉢】

s-983-10.jpg 

豆福の寄せ植え作品の一つ。

鉢物、釣り物のほとんどが豆福の作品群です。

赤茶色の葉っぱを放射状に広げたコルジリネはわが家で冬越ししたものです。

千年木と言われるくらいですから暖地では冬越しなんぞ当たり前なのでしょうか、こちらは寒冷地、冬越しが「難敵」なのです。

この暑い盛りに、冬越しのことを考えると、ちょっと涼しくなったような・・・気のせいかな~?

 

 

ps.

こちらの7月に 30℃超え が3日も続くのは、明治以来なのだそうです。

やっぱり異常です!








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)