ローズミンタラ

みのりの夏


「みのり」には「秋」という言葉が続くのが定番なのですが、夏だって、みのるものが結構あります。

西瓜、メロン、いちご、エトセトラ。

それなのに、「みのりの秋」という言葉以外は聞いたことがありません。

なぜかな~?

 

想像するに、古語では「花」という言葉が「桜」を指しているように、「稔り」とは「水稲」を指しているのではないでしょうか?

「瑞穂(みずほ)の国」の古人(いにしえびと)は、稲が秋にみのるのを待ちかねて、「みのりの秋」という言葉を生み出したのでは・・・と思うのです。

 

ちょいと前置きが長くなりましたが、ローズミンタラでも「夏の実り」がありました。

 

【寿来ベリー】

本当はジューンベリーといいます。

当地は寒冷地のせいか6月(ジューンJune)には実が熟さず、7月(ジュライJuly)になってから熟するのです。

そのことから、ローズミンタラでは寿が来るようにと願って「寿来ベリー(ジュライベリー)」と命名したのです。

s-982-1.jpg 

近くで撮ったので果実が大きく見えますが、枝豆よりも小さいのです。

赤黒いのが熟した実。甘くて、酸味はほとんどありません。

ジャム用に200gほど採取しましたが、まだ、十分に残っています。

後は、来客と小鳥のためにそのままにしておこうかな。

 

 

 

【ハスカップ】

原生地では「ゆのみ」と呼ばれていました。

挿木してから数年目、やっと実りの夏を迎えました。

s-982-2.jpg 

これも近くで撮ったものですが、枝豆大の実です。

濃い青紫が熟した実。 酸味が強いので、ジャムに最適。

カルシウム、アントシアニン、鉄、ビタミンCE、トコフェロールなどが多く抗酸化(活性酸素を防ぐ)作用があるのだそうです。

カルシウムはりんごの10倍、鉄はミカンの8倍、ビタミンCは、レモンより多く、老化防止効果で注目されているビタミンEも豊富。

「不老長寿の妙薬」と言われているので、これに寿来ベリーを加えれば、最強のジャムができること間違いありません。

 

【いちご】

イチゴも実りました。

ケンタロウという種類です。

s-982-3.jpg 

ジャムにするほどは取れないので、お遊び生食用です。

 

【ブルーベリー】

去年1016日に嫁いできたブルーベリーも実を付けました。

うまく冬越しできるかなと心配したのですが、大丈夫だったようです。

s-982-4.jpg 

色づくのは、今月末か来月初め。

ブルーベリーがお嫁入してきた経過は去年のブログをご覧ください。

http://rosemintar.blog.fc2.com/blog-entry-880.html

 

ps

遅咲きのロートレックが咲きました。

ころっとしたアンティークなバラ。

s-982-5.jpg 

早咲のジュリアなどは、咲き終えて、次の芽が伸びて、ツボミをつけているというのに、この遅さ。

早咲と遅咲きの差は約3週間。

秋に向けて、その差はどんどん開いていきます。

でも、早咲き遅咲きがあるからこそ、そこそこ咲いている花を見ることができるのです。

これから先は、一斉開花は望めませんが、いつも、どれかこれかが咲くのです。

 

 

 

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)