ローズミンタラ

予行演習


雨が上がった今日、晴れ渡った空。

空気も洗濯されて、呼吸するのが気持ちいいです。

気持ちいいのは人ばかりではありません。

バラたちも気持ちがいいのです。

 

ボクを見て! 私を見て! そっちでなく、こっちを見て!

もうじき咲くから、見てて!

s-970-1.jpg 

あちらのバラも、こちらのバラからも、催促されます。

「もう少し咲いたら、また、見に来るからね」

これから毎日、ご機嫌伺いをせねばなりません。

 

今年仕入れたバラ

s-970-2.jpg 

ニコールがもうじき満開になります。

今年、新たに仕入れたバラたちが、咲き始めました。

「そりゃあそうだよ。本州で育ってからここに来たんだもの」

バラを育てている人からはこう言われそうです。

早く咲いて当たり前なのですが、当たり前でも、咲くとうれしいものです。

 

ローズミンタラで冬越ししたバラ

s-970-3.jpg 

もうすぐ開花を迎えます。

彼女たちはつぶやいています。

「咲き遅れたんじゃないよ。これがここのスタンダードなんだからね」

来週には、開花が始まるはず。

 

オープンガーデンの予行演習をしなければ・・・

南の面には、「Open Garden」の看板。

これでいいかな?

s-970-4.jpg 

「小さな庭ですが 中に入れます。アーチからどうぞ」

カクテルは、一昨日咲いたは一輪だけだったのに、今日は十数花。

雨後のタケノコならぬ、雨後のカクテルかな?

 

アーチの出入口でも予行演習。

s-970-5.jpg 

五郎さん作の「花台+案内板」です。

 

これで、予行演習は完了しました。

さ~て、本番は、いつかな~?

 


ps

ここでちょっとバックヤードもご紹介。

 

芍薬

s-970-6.jpg 

大輪の赤い芍薬です。名前は分かりません。

比較のために黄色の牡丹ハイヌーンと一緒にパチリ。

この芍薬は二十数年前に株分けしてもらったものですが、咲くと「お見事!」としか言いようがありません。あまり大きすぎて、花茎が花を支えきれなくなるのが玉に瑕。

 

クレマチス

s-970-7.jpg 

これも名前が分からないのですが、出身は、ご近所のTさん宅です。

枝を貰って挿木したところ、運良く根付いて3年目

手のひら大の花が咲きました。 嬉しいものです。

これだから挿木はやめられない。

 

「これ以上増やしても、植えるところがないからね!」

これは、豆福の陰の声です。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)