ローズミンタラ

幼苗

 

「おじさんちは、よく生えるね~!」と半分呆れ気味につぶやいたのは、姪っ子です。

自分は、これで当たり前だと思っていたのですが、今年の生え方は、いつもより多い。

やっぱり、姪っ子の言うとおりかな?

生えてくるのが髪の毛だったら、嬉しいのに。

生えてきたのは、こぼれ種から生えてきた「幼苗」。

 

【ビオラ】

s-964- (1) 

バラの株間に生えてきた無数の双葉がビオラです。

去年のこぼれ種が芽吹いてきたのです。

バラの株の向こうにチラリと見える紫や黄色は、ビオラの親株。

 

ちょいと向こう側に行って見ると、

s-964- (2) 

これが、ビオラの親株です。

あの幼苗もいずれ大きくなります。

バラの下草(したくさ)が多すぎると(下花かな?)風通しが悪くなり、過湿になるので、間引かなければなりません。

 

【クレマチス】

s-964-3.jpg 

バラと相性がいいと言われているので、数種類植えているのですが、こぼれ種でこんなに発芽するとは思いもよらぬことでした。

白の白雪姫、紫の新切り、ピンクのダイアナ。

名前を忘れてしまった薄ピンク。

ご近所から挿し穂を貰って付けた白にピンクの縦筋入りと

いつの間にかうちの住人になったブルーの野良。

この「幼苗」は、誰の娘かな~?

 

【三尺バーベナ】

s-964-4.jpg 

砕石の間から芽吹いたのは「三尺バーベナ」

別名 ヤナギハナガサ(柳花笠)

河原などでよく繁殖するのだそうです。

道理で砂利をものともせずに芽吹いてくるわい。

 

咲いたら、こうなります。

s-964-5.jpg 

これは、去年の映像なのですが、欲しい、という人がいて、40本ほど里子に出しました。

今年は、どうかな?

 

【野良植物】

このほかに、のら植物が定着したり、新たなのら植物が侵入してくるのですから、ウチは住み易いんでしょうかね?

土壌条件としては、決していいとは思えないのですが、植物も「蓼食う虫も好き好き」ということがあるのでしょうか。

 s-964-6.jpg

こんな下花なら釣り鉢の盛り立て役となるのですが、のら植物は生命力が強いので、うかうかしていると野生化したり、雑草化してにバラが占拠されてしまうかもしれません。

明日からは、バラの手入れに精を出さねば。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)