ローズミンタラ

花植えボランティア

 

昨日は、「北海道子どもの国」の花植えボランティアの日でした。

朝まで雨模様だったのですが、運よく雨が上がったので、作業進行。

ちょいと寒めの日でした。

s-961- (1) 

マリーゴールド3種とベゴニア3色を植えます。

土が湿っていて、植えるには最適。

あらかじめ碁盤状に糸が張られているし、花材は運ばれてきているし、移植ゴテはあるし、

花材の配置図もある。 

ボランティアは労力奉仕だけでいいのかな?

 

s-961- (2) 

碁盤状の張り糸はこんな風です。

20数センチ間隔で張られていて、この花壇は約1700升の区切りがあるのだそうです。

 

s-961- (3) 

植え込み完了!


奥のレンガ色の建物は「北海道子どもの国」のレストハウスと管理棟

左上のグレーの構造物はピラミッドのミニチュア。

ミニチュアと言っても5階から2階まですべりおりる「ドームスライダー」や、5階から3階までの「螺旋スベリ台」、トランポリンなどがあって、雨の日でも子どもが楽しめる施設なのです。

ここには、世界の七不思議を縮尺再現した「ふしぎの森」があるのです。

ピラミッド、万里の長城、ストーンヘンジ、ピサの斜塔・・・あとは何だっけ?

子どもになって、調べ直してこねば!

 

花植えは、一段落ついたと思ったら、もう一花壇ありました。

こちらの花材は、先ほどの花壇の残りを人力で運搬。

配置図は、ありません。

ここは労力奉仕だけでなく、智慧も必要でした。

でも、大丈夫。強力な助っ人がいたのです。

アマチュア画家の「のぞえさん」です。


s-961- (4) 

彼女の采配で、植栽はどんどん進みます。

「あれ!この花材が残っているんだったら、使うんだった!」

Oh、ノー!

もう植え終わります。あとの祭りです。

今年は、これで我慢することにしましょう。

 

s-961- (5) 

11時30分植え込み完了。

植え込みが終わったころ小雨がパラパラ。

丁度いいお湿りです。

 

雨を気にして急いだせいか、ちょいと疲れ気味。

スマホもお疲れになったのか、写真のピントが甘い。

ホントは若い美男美女揃いだったのですが、それなりに写っていない。

残念(?)。

 

ひと月もしたら、花壇は見頃になることでしょう。

WELCOMEフラワー としての役割を果たすに違いありません。

自分がかかわったので、ちょっと楽しみ。

 

ps

一夜明けた今日は、鼻水とくしゃみが・・・

花粉症かな~。それとも風邪か?

とりあえず、早寝、早寝!





PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)