ローズミンタラ

GW


世の中は、なべてGW (大型連休、ゴールデン・ウィーク) の真っただ中。
いつもは、 「GW (ゴールデン・ウィーク) ならぬ GW (ガーデニング・ウィーク) 」 とばかりに、庭を這いずり回っていました。
ところが、今年は雪融けが早かったので、作業が前倒し。
今年は、這いずり回らなくても済みそうです。

【 いこいの森 】
豆福とちょいと近郊までお出かけ。
手始めは、pinさん縄張りの 「いこいの森」
浦臼神社のあるところです。

s-954-1.jpg
(小窓からお賽銭を入れて、交通安全祈願)

ここは、カタクリ、エゾエンゴサク、エゾリスの聖地
リスを撮るのがお目当てなのか、早朝からバズーカ砲列がずらり。

s-954-2バズーカ砲
(ボクは早朝は苦手なので、pinさんの写真を拝借しました)
駐車場には本州ナンバーのキャンピングカーも数台。
エゾリスとカタクリ、エゾエンゴサクの取り合わせにメロメロな人が多いんですねぇ。

s-954-3.jpg
(ピンクがカタクリ、 ブルーがエゾエンゴサク、 黄色がフクジュソウ)

s-954-4.jpg
(カタクリ)

s-954-5.jpg
(エゾエンゴサク)

人が踏み荒らさないように虎ロープが張ってあります。
毎年、花数が増えて、見栄えする場所になりました。

気になったのは、一緒に生えている蕗(ふき)
これが大きくなるとカタクリやエゾエンゴサクに悪さをするのではないか?

取り除いてしまいたい。でも、ここは、他人の所有地。
「とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ」
みっちぃ先生の言霊集のフレーズを思い出して、断念しました。

あ~、でも、やっぱり取り除きたい。
土地を管理している方、どうぞ蕗(ふき)に気づいてください。


【アルテピアッツア美唄】
いこいの森の次は、アルテピアッツア美唄へ。
ここでは、彫刻家・安田侃(かん)さんの彫刻 と “のぞえきょうこさん” の絵画 「 ミハイロビッチ・スメルニコフ展3 」 を同時に楽しむことができるのです。

s-954-6.jpg

s-954-7.jpg

彼女が創った架空の人物 ミハイロビッチ・スメルニコフによる絵画展です。
彼女が年上のミハイロビッチ・スメルニコフを創造し、ミハイロビッチがこの絵画を描いたのです。

s-954-8ミハイロビッチ
(ミハイロビッチ氏)
ミハイロビッチは、終戦の年、17歳でした。
アパートに住み、若い頃はカフェの給仕をしていた ・ ・ ・ 彼の風貌や性格まで丁寧に創り上げ、その彼に作品をつくらせる ・ ・ ・
絵画を感性で描くことができる人、見ることができる人は幸せです。

s-954-9.jpg
(ウエルカムローズ)

s-954-10.jpg
(夢)
ミハイロビッチは「夢」も見るのです。
数字に執着する性格らしく、生まれた日から、今日までの日数をカウントします。
円周率の数字が果てしなく続く ・ ・ ・ ネバーエンディングストーリー!
ボクのつたない脳味噌は、相当混乱してしまいました。

PS
■会期      2017年5月8日(月)※最終日は15:00まで
■場所      アルテピアッツア ギャラリー(木造校舎2階)展示室A&B
■料金      無 料







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)