ローズミンタラ

1/2成人式


12日のことです。
「 ゆう 」 とかけて何と解く?
1/2 ( 二分の一 ) 成人式と解きます。
その ココロは?
はい、開館して10周年 になります。

これは、
ゆう開館10周年感謝祭のキッズ落語・大喜利の受け売りです。
「 10周年 = 20歳の二分の一成人式 」 と ゆう こと。

s-930- 1

豆福と この賑やかしい感謝祭に行ってきました。
10周年を記念した福袋 ( 砂川スイーツサンクスBOX ) は
販売開始から18分で売り切れ!!
売り子さんは売るものが無くなって(?) B級グルメ店の販売応援。

s-930-3ポークチャップ

Bグルのポークチャップは、6店舗がワンコイン(500円)で出店。
食べ比べ ・ ・ ・ とはいうけれど、一人で6食は食べきれない。

SUNAcafe と 口福厨房 の ポークチャップ が この日のランチになりました。
s-930-2店舗

店ごとに店の味に特徴があります。
全店制覇するには、しばらくかかりそうだなぁ~。

午後3時からは、市民劇の 「 夢のつみたて 」
10周年記念に加えて、ちびっこ俳優など総勢80名が出演しているせいか、客席には、親・兄弟姉妹に爺ちゃん婆ちゃんご親戚、そしてご来賓。
350の客席が満席。

s-930-4.jpg

市民劇といえば、函館の野外劇が有名ですが、それとて夢が何年も積みたてられて今になったもの。
ゆうの夢もつみたてられていずれ満期を迎える時が来ることを期待しましょう。
s-930-5.jpg

市民劇の内容は、北海道新聞のローカル面に詳しいので、そちらにお任せすることにします。
s-930-6.jpg

第一幕のエンディングで子どもたちが 「 ♪未来へ 」 を歌いました。
s-930-7歌詞2

今まで何度も聞いていたはずなのに、
歌の途中で挿入される台詞に、耳がダンボになりました。
なんのてらいもなく、あんなにも大きな声で、「 大好きです 」 と言えることに心が震えたからです。

ボクたちは 「 大好きです 」 と言える、言ってもらえる街づくりに関わってきたはずなのでした。
リタイアしても、「 街づくり 」 などと大上段に掲げずとも、「 大好きです 」 と言える、言ってもらえることに携わって行けるはず。
ちびっ子から 「 活 」 を入れられた市民劇でした。
ボクも 「 チョット分の一 」 だけ、成人式のおすそ分けを貰えたような気がします。

ps

「 皆さんは この砂川の街が 好きですか? 」
「 川のせせらぎが いつも聞こえる この街が 好きですか? 」
「 お父さん お母さん おじいちゃん おばあちゃんが暮らす この街が 好きですか? 」
「 僕たち 私たちは 大好きです 」

ちびっ子たちの大きな声が このセリフが 舞台から客席へ飛んだのです。
この台詞の重さに圧倒されたのでした。





PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)