ローズミンタラ

葉むしり


冬支度は、根雪との競争です。
庭のラティス類を外すと、メイクを落とした 「 すっぴん 」 状態。
なんとなく、落ち着きませんが、次のメイク開始は、来春です。
それまで、一眠り。
s887-1.jpg

つるバラは別として四季咲きのバラは、50~60 cm に剪定して、
葉をぜ~んぶむしり取りました。
凍害があることを予定して、枝を長目に残す人もいるのですが、
大株になると冬囲いが扱いにくいので、ボクは、「 強剪定 」
葉は、枝から むしり取り、落ち葉は拾い集めます。
面倒なのですが、翌年の病気の発生率が違うので、ちょっと頑張りましたよ。

アスピリンローズ
s887-2.jpg
ブッシュ系なので 枝だらけなのですが、今年もよく咲きました。


芳純
s887-3.jpg
今頃、ベーサルシュートを出して、どうするの! ( 根元の赤い芽が太枝になるベーサルシュート )
季節を間違って伸びてきたので、今年の モノ になりません。
幹の周りのピンクの小花は、ジプソフィラ。
意図して植えたわけではないのですが、いつの間にか増えて庭の住人になっています。

s887-4.jpg
この芳純のツボミが大きくなってきたので、この株だけ葉むしりを中断。
咲くことができるか? ボクにとっては、ちょっとした冒険です。


手前左から、レッドクイーン、 サムライ、 ベルバラ、奥が、リンカーン
s887-5.jpg
冬越しの剪定をするときは、今年の花の顔思い出されます。
「 ありがとう。 ことしも、きれいだったよ 」
あまり声に出すと、いぶかられるので、
ウインクしながら・・・ボディランゲージ。
「 目は口程に物を言う 」 と言いますから、分かってくれたはずです。

庭の小さな緑は、ビオラの幼苗です。
今年咲いたビオラのこぼれ種が芽を出して、雪の下で越冬。
早春に咲き始めます。

室内1
s887-6.jpg
今年最後のツボミです。
咲きそうな蕾だけを取り入れたつもりなのですが、どうなるかな~?

室内2
s887-7.jpg
開きかけの花は、水盤に飾りました。
水盤といっても、もとをただせば、灰皿なのです。
煙草をやめてから三十数年。禁煙成功の記念品になりました。
昔は 火 ( タバコ ) で役立っていたのが、今は 水 ( 水盤 ) で活躍。
「 マッチポンプ 」 のようで ・ ・ ・  つい、 苦笑してしまいます。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

寒風の中から救い上げたバラのつぼみたち、優美とか、華麗とかの薔薇定番のほめ言葉では言いきれない魅力がありますね。ローズミンタラのフルコース、最後はプチケーキアイスクリーム添えの甘いデザートをいただだいた味わいでしょうか。心をこめ手間をいっぱいかけたシェフに感謝!

jarinnko | URL | 2016/10/28 (Fri) 23:27 [編集]


プチケーキ

おいしく召し上がっていただき、ありがとうございます。
これからもおいしく召し上がって頂けるように精進します。

大福 | URL | 2016/10/29 (Sat) 23:11 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)