ローズミンタラ

えびす牡蠣まつり


昨日は、「 パソコンサークルえびす 」 の牡蠣まつりでした。
参加者は12名。
場所は、「 地域交流センターゆう 」 の食品工房。
この部屋は、飲食OKなのです

s885-1.jpg

「 えびす 」 はパソコンだけでなく、面白そうなこと、おいしそうなことには
躊躇なく実践してしまうというアクティブなサークル。
音頭をとる みっちぃ先生の多芸な才能と活きの良さに惚れて参加しているメンバーが多いのです。
ゆる~い繫がりも長持ちしている秘訣なのかもしれません。
「 えびす牡蠣まつり 」 には豆福も参加。

s885-7.jpg

牡蛎とワインだけでは物足りない。
借りた部屋が食品工房なので、メンバーがそれぞれ手料理を作りました。
準備時間を見こして、工房は午後4時から借用

s885-3.jpg

牡蠣のアヒージョ : オリーブオイルとニンニクで煮込む小皿料理
s885-4.jpg
鶏レバーの燻製
玉ねぎがメインのマリネ&サラダ
s885-6.jpg

ピザ&炊き込みご飯
豆福は、パスタとサラダを作ることにしました。
s885-2.jpg
パスタソースは、2種類。
定番のミートソースには 「 おくやま農園のミディトマト 」 を使って、
カルボナーラは、笑門庭特製のベーコンが隠し味。
先日の料理教室の影響か、チョット塩味が薄かったけれど、旨味の効いたパスタができました。
健康に配意したパスタになったということです。
s885-11.jpg

トマトはたくさんもらってきたので、生食にも提供。 ありがとうございました。

名寄から参加したK夫妻は、名物「白鳥大福」の差し入れ。
s885-15.jpg
もう、食べきれなくて、 お餅 だけに おもち 帰りとなりました。
( あっ、こんな語呂合わせじゃあ通じないかな )

牡蠣は、厚岸(あっけし)湾の仙法志(せんぽうし)漁港から 120個 お取り寄せ。
一人当たり10個の計算なのですが、ピンさんがセレクトした鶴沼白ワインがおいしくて、いくらでも食べることが出来そう。
s885-10.jpg

ピンさん: 「 牡蠣は5個くらいが限度だね~ 」
ボク: 「 えっ! 10個は軽いでしょう! 」
ピンさん: 「 10個も食べるのは、ぜいたくだよ 」
ボク: 「 ん~、でも、この贅沢は、素敵だよ 」
s885-9.jpg
居酒屋さんの焼き牡蠣は、1個500~600円
このお値段で、10個を食すのは、お財布がムリ!
直営で取り寄せすると1個150~200円
これなら10個は、贅沢かもしれないけれど、何とかなりそう。

飲んで、食べて、だべって、
飲み始めるのが早すぎたのか、料理の手際がよかったのか、
6時過ぎには、大半がまんぷく状態。

時間が余ったので、リンゴの皮剝き大会。
誰がリンゴの皮を一番長く剝くことができるのか?
s885-12.jpg
参加したけれど、
ワインが効いて、リンゴを回しながら皮をむいていると、目が回りそう。
頭の周りに薄い雲がリング状にかかったような気分。
チョット、飲みすぎたかな?
s885-14.jpg

かくて、
おいしく楽しい 「 えびす牡蠣まつり 」 の夜は更けていくのでありました。
s885-13.jpg
( つわものどもの夢のあと )






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)