ローズミンタラ

予想を裏切る世界


♪エーッシャ、 エーッシャ、 エッシャ ほい シャッシャ。
こんな出だしでは、
冥途の三丁目で巨匠がお怒りになっているかもしれません。

先日、豆福と芸術の森美術館の 「 エッシャーの世界 」 に行ってきたのです。
s876-1.jpg

「 芸術の森美術館と 」 いうだけあって住所もおしゃれ!
札幌市南区 芸術の森 2丁目75番地というところにあるのです。

美術館以外に工芸館、アトリエ、クラフト工房、版画工房、野外ステージ、etc。
広くて、一日では回りきれません。

とりあえず、本命の 「 美術館 」 へ
s876-2.jpg


エントランスホールには、かの有名な 「 滝 」 がお出迎え。
s876-3.jpg

建物から落下した水が水車を動かし、その流れはいつの間にか上り、再び落下する。
エンドレスの世界。
ありえないのに、自然に見えるのですから不思議。
エネルギー不滅の法則?

エッシャーは 「 オランダのだまし絵の版画家 」 というイメージでした。
トリックアート美術と何が違うんじゃろ?
そう思いながら会場に入ると、最初は、今まであまり目に触れることのなかった初期の作品の数々 ・ ・ ・
日本の浮世絵と共通する精緻な作品に遭遇。
エッシャーと比較すると、浮世絵はもっと評価されてもいいとも思ったものです。

会場の出口には 「 撮影可 」 のコーナーがありました。
パンフレットの写真と両方ご紹介しますが、
今回の作品展は疲れました。数が膨大だったのです。
s876-4.jpg

s876-5.jpg

入場したのは午前中。 見終えたのは午後2時!
エーッ! 
時間が分かった途端に 猛烈な空腹感。

レストランまでは、ちょっと、遠い。
急遽、近くのコンビニの駐車場で、おにぎりとお茶でランチ。
寂しいランチだったけれど、本物の作品に出会えた満足感でプア感は帳消し。
でも、次に行くときは、念のため弁当持参の方がいいかな?







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)