ローズミンタラ

大雑把な話


3日の雨を境に、急に寒くなってきました。
まだ、「 秋 」 を堪能していないのですが、
冬が来るぞ と せかしているのでしょうか?


ネット検索で北海道の名付け親と命名の経緯は、何とか分かったのですが、
「 県 ( けん ) 」 ではなくて 「 道 ( どう ) 」 とした理由は、
どうしても分からないままでした。

ところが、豆福が検索して 「 北海道 」 の HP にたどり着くと、
その理由が載ってるではありませんか。

北海道の名前について
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/mnj/d/faq/faq02.htm
な~んだ、灯台下暗しでした。

小難しいことが書いてあって、よく理解できないところもあるのですが
大雑把に言うと、むかしむかし7世紀後半のころ。
都に近い5つの国 ( 山城、大和、河内、和泉、摂津 ) を畿内5カ国と称し、
それ以外を7道 ( 東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道 ) と称していました。

s875-1.jpg
( 5畿7道 )

それぞれの 「 道 ( どう ) 」 には、いくつもの 「 国 ( くに ) 」 があったというのです。
道 ( どう ) とは、道路のことだと思っていたのですが、道路だけでなく エリア をも表すものだったのですね。

エリアの広さで言うと、昔の基準では「 道 > 国 > 藩 」 というイメージらしい。
それならば、もっと大雑把に言うと、
北海道は 「 県 」 よりも広いから 「 道 」 と名付けたというわけ ?
それで、「 でっかいどう、ほっかいどう 」 などというキャッチフレーズが登場した?
真偽のほどは、いかに?








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)