ローズミンタラ

個展


食欲の秋、読書の秋、運動の秋 ・ ・ ・ etc
今日は、芸術の秋と洒落込んでみました。
豆福と鉾井直作先生の個展に行ってきたのです。
先生の画業60年と地域交流センター 「 ゆう 」 の開業10周年を記念する個展です。

s866-1.jpg

帝国ホテル (東京) で個展を行ったり、
地元では北菓楼などで個展を行っていたのですが、
300点を超える作品の地元開催は、初めて。

s866-2.jpg

しかも、入場料無料! 
しかも、しかも、写真撮影OK! 太っ腹な企画です。

s866-4.jpg

先生の画歴は新聞に詳しいので、転載しますが、
出陳作品の中に、先生の自画像&山田さんが描いたパロディ画がありました。

s866-3.jpg
( 上は、本人、 左下が自画像、右下がパロディ画 )
特徴が捉えられており、思わずニヤリ。


新聞記事にもあるのですが、2002年に
小樽に停泊する船を描いた 「 白い船 」 がこれ!

s866-5.jpg

100号の大作、日洋展最高賞の作品です。


ピカソには、「 青の時代 」 がありましたが、
鉾井先生には、 「 黒の時代 」 がありました ( 推測 )。

s866-6黒の時代

20代の作品です。 ね!黒の時代でしょ (笑)


気になった作品をご紹介しますが、ガラスの反射と腕が災いして
うまく撮れないのです。

s866-8.jpg

s866-9.jpg

s866-10.jpg

作品は生 ( ナマ ) で観るのが一番!
ちょいと 「 ゆう 」 に足を向けてみましょう。

s866-7.jpg

「 鉾井直作の世界展 」 は10月2日まで。
場所は、砂川駅直結の地域交流センター 「 ゆ う 」 です。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)