ローズミンタラ

秋の空


【 秋の足音 】
秋は、「 カサッ、コソッ 」 という音とともに来るのだと思っていました。
枯葉が舞い、道端を転がり、こすれあい、「 カサッ、コソッ 」 と音をたてる。

ところが、今年の秋は、音もなく、しかも、突然にやってきました。
9月に入っても、「 暑い、暑い 」 と言わせていた夏を
ものの見事にうっちゃって、 いきなり秋の到来。
大慌てで長袖に衣替え。

これから先は、ちょっと面倒なことも書くのですが、
しばし、おつき合いください。

【 学名と和名 】
動植物の 「 学名 」 はラテン語なので、
日本では、英字やカタカナで表記されることが多いのですが、
「 和名 」 までもが、表音文字のカタカナで表記されます。

音感に優れた人は、カタカナ発音で 「 趣 ( おもむき ) 」 を感じることができるのでしょうが、
ボクは、視覚から感じる方なので、表音文字は苦手です。
これが、表意文字の漢字となると、イメージが湧きやすくなるのです。

【 ナツユキカズラ 】

s864-1.jpg

「 ナツユキカズラ 」 は、今年も 2 階 のベランダまで、ツルを伸ばしました。
春先は、新芽が少なくて、冬越し失敗か? と いぶかっていたのですが、
嬉しいことに、今年も復活しました。

夏に細雪のような花を咲かせるので、この名前がついたと言われています。
それならば、漢字で 「 夏雪かずら 」 と書けばいいのに と 
思っていました。

s864-2.jpg

ところが、今年、ちょっとした気持ちの変化がありました。
いきなり、夏が追い出されてしまったせいでしょうか。
サッサと行っちゃったので、「 夏往きかずら 」 とか
夏が、お陀仏になったので、「 夏逝きかずら 」 とかいう文字が浮かんできたのです。

s864-4.jpg

どういう漢字を当てはめるかは、読み手の感じ方次第!
それならば、和名もカタカナでいい。
漢字表記は、ワープロの誤変換を楽しむようなもの。
こんな風に思えるようになっていたのです。
自分のことながら感じ方の変化に、ドギマギしてしまいました。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ナツユキカズラ 漢字表記にすると、夏雪 夏往き 夏逝き色々ありますが気分ですかね。
秋になると、学生のころから宿題に追われ、ゆく夏を惜しみつつ妙な感慨に襲われたことをこの年になっても思います。

「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(古今集)のような、繊細な驚きは千年前の古代人のようには実感できない昨今ですね。

takarinn | URL | 2016/09/12 (Mon) 14:55 [編集]


Re: タイトルなし

秋の色彩は、穏やかで、シックなところが好き。
「枯葉」も好きな音色。
この穏やかな風景が続いてほしいと願うのですが、この時季を過ぎると「厳冬」
先のことは、考えないことに・・・ケセラセラ!

大福 | URL | 2016/09/13 (Tue) 09:19 [編集]


秋の彼岸入りもして、やっと、こちらも秋の気配で朝夕涼しくなってきました。そちらは、一気に涼しさから寒さへですね。
さてこのところブログがアップされてませんが、秋咲バラのお手入れにお忙しいのかしら?

takarinn | URL | 2016/09/20 (Tue) 10:22 [編集]


Re: スミマセン

一気に肌寒くなりました。
ブログサボりの言い訳は、山ほどあるのですが、所詮、言い訳でしかないので、
あわてて、アップ、アップ!
おつき合いください。

大福 | URL | 2016/09/20 (Tue) 21:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)