ローズミンタラ

ROSE MINTAR


ローズミンタラ 「 ROSE MINTAR 」は、
英語のローズ、ROSE ( ばら ) と
アイヌ語のミンタラ、MINTAR ( 庭、遊び場 )の
ハイブリッド造語です。

s857-1.jpg

「 バラと遊ぶ庭 」 と称して遊び呆けていたところ、
留萌の さんが得意の木工クラフトで 「 ROSE MINTAR 」 の
大きな標札を作ってくれました。
s857-3.jpg

ご夫婦で来砂の折、持参してくれたのです。
嬉しいやら、恐縮するやら。 
工作が不得手なボクとっては、嬉しいプレゼント。 
大喜びです。 


さて、これは、どこに飾ろうか?
ここかな? 
いや、こっちのほうがいいかな?

s857-4.jpg

結局、一番目立つ玄関ドアに飾ることにしました。
来客を歓迎するにふさわしい飾りになりました。
ありがとうございます。


もう一つ、
1寸厚のウォールナットを切り抜いた 「 ROSE MINTAR 」 も
頂きました。
シックな色合いで、塗料を2度塗りしてくれています。

s857-5.jpg

さ~て、これは、どうしようかな~?
迷っている時間は、それなりに楽しいものです。
飾り場所はどこ?
しばらく楽しんでみようと思います。

彼は、ネット上で 「 萌樹工房 」 というクラフトショップを持っていたのですが、
http://moegikoubou.cart.fc2.com/

8月からブログも始めました。
ブログ名は 「 萌樹工房あれこれ
http://moegikoubou.blog.fc2.com/
工房での製作の様子や日々のことなどを綴ったブログです。
ボクのブログとリンクさせてもらいました。

彼のブログでは、手作り作家さんたちのネットのお店
ハンドメイドショップ カチート 」 ともリンクしています。
http://cachito-handmade.com/
こちらは、小物を扱っていて、見るだけでも楽しい。



ps.
迷走している台風10号の影響なのか、めちゃくちゃ暑い。
今夜あたりから風の影響が出るというので、
背高ノッポのレッドクイーンやベルバラに支柱を立て、
植木鉢類を物置に格納しました。
どうぞ穏やかに通過してください。

開花してlいていた2番花も泣く泣く切り落としました。
悔しいので、数日前の様子をアップします。
ご覧ください。

s857-6.jpg
球根ベゴニアです。
先日、恥ずかしがって葉の下に隠れていた赤い花も やっと顔を見せました(緑の大鉢)。


s857-7.jpg
三尺バーベナに寄ってきたモンシロチョウ。
モンキチョウやアゲハチョウも寄ってきます。
見た目は優雅なのですが、あまり嬉しくありません!

s857-8.jpg
アゲハチョウが2羽(?)も来ました。
まるでステルス戦闘機のようなのです。
ひそかに青虫の卵を葉の裏に産みつけていきます。
卵はふ化して青虫になり、葉を食べてしまうのです。
ひらひらとヒトを惑わせて、そのスキに子孫を残していくのですからかないません。

s857-9.jpg
エルの2番花です。


この嵐が過ぎたら、次は、秋花の準備。
「 秋のバラは しっとりと大人の色で咲く 」
Mr.ローズ、鈴木省三さんの名言です。
秋のバラは、香りも とびっきり。
秋のバラが健やかに育つよう、穏やかな天候を祈るのみです。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

砂川の「ROSE MINTAR」さんと留萌の「萌樹工房」さんがコラボしたあ!
どちらも、深い?縁のあるある方々なんですが、遠くから観察させてもらうと、何やらよく似ているんですよね。結論から言うと「夫唱婦随」「婦唱夫髄」コンビの文化人という共通点があり、”それぞれの地で地域文化とさりげない教養で深く関わり地域に根差している”をコンセプトにした生き方をなさっているようです。

大きく連結して今まで以上の双方のご発展を祈っています。

「秋の薔薇は大人の色で咲く」はいい言葉で気に入りました。人生の秋に差しかかっている私たち「大人の色」を出したいものです。

takarinn | URL | 2016/09/01 (Thu) 12:28 [編集]


Re: ROSE MINTAR

エールをありがとうございます。
「萌樹工房」さんの作品には、ただ驚くばかりです。
笑門庭は、きっと、「婦唱夫髄」の方が似合っていると思っています。
そのココロは、「oku山の神」にはかなわないからです。

一つ、お願いがあります。
「秋の薔薇は大人の色で咲く」に「しっとりと」を加えてください。
「秋の薔薇は、しっとりと大人の色で咲く」としてほしいのです。
今日のブログに載せたのですが、日本語IMEの逃走で、訂正できずにいたのです。
近々こっそりと?加筆するつもりです。

大福 | URL | 2016/09/01 (Thu) 23:07 [編集]


「しっとり」この一語があると無いのでは、大きくニュアンスが変わりますね。
もう一度「秋の薔薇は、しっとりと大人の色で咲く」。いいフレーズです!

takarinn | URL | 2016/09/02 (Fri) 09:46 [編集]


Re: タイトルなし

返信をご覧いただけたようなので、さっそく訂正しました。
「しっとり」があると無いとで、大違い。
お気に召していただけて、直し甲斐がありました。

大福 | URL | 2016/09/02 (Fri) 12:26 [編集]


萌樹工房さん作のローズミンタラのプレート、何と素敵なんでしょう!ローズミンタラさんの、シックで大人なおしゃれ感漂う雰囲気をちゃんと捉えていることに感心してしまいました。
どちらもしっとり大人の色で咲いていますね。おぬしら、やるなあ!

jyarinnko | URL | 2016/09/03 (Sat) 23:08 [編集]


Re:嬉しさ倍増

>おぬしら、やるなあ!
この言葉に、思わず吹き出してしまいました。
jyarinnkoさんのイメージを裏切る発言だったからです。
でも、イメージを裏切るということは、新鮮味があって面白い。
萌樹工房さんからのプレート、嬉しかったですよ。
そして、jyarinkoさんの今回の評価、これも、嬉しい。
嬉しさ倍増です。

大福 | URL | 2016/09/04 (Sun) 22:32 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)