ローズミンタラ

ドライブ開始


本日の豆福は、大わらわ
午前中は、北海道子どもの国の花植えボランティア。

s830-1.jpg

午後は、砂川婦人ボランティアクラブ旅行用のおつまみづくり。
夜は、イチゴジャムづくり。

s830-2.jpg

いろんなことが重なってしまった日でした。
この時期になると、「 イチゴはいらんかね~? 」 と連絡が来るのです。
季節商品ですから、頑張ってつくります。


イギリス旅行は、ヒースロー空港のレンタカーから始まりました。
HISを通じてお願いしていたのは日本語カーナビ付きのコンパクトカー
ところが、用意されていたのは、英語ナビの「 QASHQAI 」
日本語名 「 Ⅹ-トレイル (日産) 」 のディーゼル。
ワォー! 話が違う!

s830-2X‐トレイル
( 写真で気づいたのですが、車のナンバーの色が前後で違っていた。これはなぜ?)


受付の黒人のおっちゃんが他の車のナビも探してくれたけれど、
日本語ナビはナシ! 
「 いよいよになれば、グーグルマップで検索するか! 」
借りることにしました。

操作で困ったのは、ウインカーとワイパーの操作位置が日本と逆
意識してウインカーを切るときはまだしも、
慌てるとワイパーを動かしてしまい、猶更、慌てることになります。

道路で戸惑ったのは、ラウンドアバウト。

s830-3ラウンドアバウト

まるで砂川市の市章のような交差点、これは何十年も見慣れているので何とかなる!
そう言い聞かせて? 運転していました。

s830-4砂川市章


三車線で、かなり大きな楕円状のラウンドアバウトもありました。
こうなると6本くらいの道が交差している。
ネット動画でイメージトレーニングを積んで行ったのですが、
5日間の運転で2回ほど出口の選択を失敗。

失敗しても、1マイルほど走ると、また、ラウンドアバウトがあるので、
そこで、くるりとUターン。
「 大雑把に回っても何とかなる 」
それで 「 ラウンドアバウト 」 と名付けたのでしょうかねぇ
ヒヤリとしたこともあったのですが、事故なく帰ってこれて、良かった!


1日目のナビの設定は、カンタベリーの大聖堂
大聖堂の裏側に案内されてしまいました。(表側は車が通ることができないようなのです)
出国手続きとレンタカーの手続きに時間を取られ、門限を過ぎたので
中には入れず、門外から 「 世界遺産の覗き見 」 になってしまいました。

s830-5.jpg
( 門の中に入れなかったので、右側の写真はネットから拝借しました )


ホリディインエクスプレスカンタベリーは、シャワーのみのホテル。
この日は寒かったので、湯舟が恋しい。
豆福が念のためパジャマを持ってきてくれていた。 Oh My God !


翌朝の食事では、近くの席に団体旅行で宿泊した地元のご夫婦が着席。
まったく表情がない認知症のご婦人に話しかけ、こぼした食材を拾いあげ、
食器を元に戻すなど、かいがいしいけれど自然なふるまいの夫。

一緒にいた団体と同じバスに乗って出発しましたが、
日本では、これからの風景なのでしょう。
考えさせられた朝でした。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)