ローズミンタラ

酔っ払っちゃた


昨夕は、砂川パークホテルで 「 ワインの夕べ 」

講師の池田卓矢さんの解説をメモしていたのに、

不覚にも、酔っ払っちゃいました。

大事なメモを、会場に忘れてきたらしい。

s-797-1ワインの夕べ3
( 会費は100万ドル? そんな訳ありません。 ちょっとイタズラ (笑) )

39人の参加に対してワインが36本、ということは、

一人あたり約一本、飲めることになります。

ボクは、一本以上 飲んだかもしれません。

酔って当たり前!



今月は、豆福と倅の誕生月なので、

誕生祝いを兼ねて3人で出席することにしたのでした。

s-797-2-メニュー

本日のメニューは、料理5品+α ( デザート )、

ワインは5品種+α ( シェリー酒 )、

砂川パークホテルの田村さんのお誘いでした。

ワインロードの石ならぬ瓶を提供していただいたごなのです。

s-797-3①

白のスパークリングワインは、1.5 リットル のマグナムサイズ。

スパークリングワインは、瓶が大きくなると価格 ( 単価 ) はそれ以上に

大きくなるのだそうです。

普通は、大きくなると価格 ( 単価 ) は、安くなるのに、これは逆。

大瓶で熟成させるのが難しいからでしょうか?




s-797-4②

次の白ワインは、軽くてフルーティ。

今回の生ハムコロッケもおいしいけれど、

牡蠣と白ワインの組み合わせも魅力的。

蒸し牡蠣や焼き牡蠣などと一緒だとスイスイ行きそう。




s-797-5③鼈甲色

次の白は、濃厚、熟成14年の年代もの

この白は熟成した琥珀色 (左) 。 珍しくコルクに酒石酸 (中央) ができています。

赤のミディアムボディにも負けない味でした。




s-797-6④

シャトー・サント・コロンブ 2006

10年もののミディアムボディ赤なのですが、ちょっとライト

ラム肉には、次の8年もののミディアムボディの方がいいかな。



s-797-7⑤

8年ものの赤 ( 左上 )、こんなに飲んでいると、

ミディアムボディがフルボディ味に感じてしまうのですから

ボクの舌は、かなりいい加減なのかもしれません。

ここで、+αのシェリー酒 ( 右下 ) が出てきました。

鼈甲色で、甘くて杏のような香り。

チーズには、これもいいねェ。






s-797-8デザート

デザートが来ました。

ここまで来ると紅茶がほしいのですが ・ ・ ・

あっ、今日は 「 ワインの夕べ 」 でした。

満足、満足、満腹、満腹!

また、肥えてしまったかなー。



ps.1

ワインも風邪をひく?

気になっていた しぐさ があって、思い切って聞いてしまいました。

s-797-9ワインも風邪をひく

「 コルクの匂いを嗅ぐのはなぜ? 」

「 ワインが風邪をひいていないか確かめているのです 」

「 風邪をひく? 」

「 希に、風邪をひいて、本来の香りが出ないのがあるんです 」

「 へぇ~! ワインも風邪をひくんだ! 」

これは、知らなんだ。






ps.2

今年は、おいしい誕生祝いをすることができてよかった!

去年は、抗癌剤の後遺症で、おいしい誕生祝いができなかった。

豆福の体力は昔ほどではないけれど、戻りつつある。

ときどき、美味しいもの食べて、

ときどき、旅行に行って、楽しく体力回復しよう。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)