ローズミンタラ

まだ降りやまぬ!


かつての小学校唱歌 「 雪 ( ゆき ) 」の
二番目の歌詞は、こんなでした。

♪ 雪やこんこ あられやこんこ
   降っても降っても まだ降りやまぬ
   犬は喜び 庭かけまわり
   猫はこたつで丸くなる 

ゆったりとした いい歌なのですが、

s-783-1雪が降る降る

降りやまぬ ということは、積る一方だということでして、

道路は走りにくくなり、庭の雪は、約1.8m

こうなると、庭を駆け回ったら、溺れる。

・ ・ ・ いや、遭難する (?) かも。



先日、雪下ろしたばかりの車庫も また ・ ・ ・ かな?

s-783-2車庫

お隣の車庫は1mほど積もってしまいました。

今日は、重機を伴っての雪おろしです。

s-783-3車庫の屋根の雪おろし

雪を下して、ショベルでトラックに積んで、雪捨場に行く。

この繰り返し。

s-783-4トラック

大人二人で、半日かかっていました。

溶けてしまえば、ただの水なのに、

雪になると、体積が10倍。

晴れると、雪の嵩 ( かさ ) が減るのですが、

こう降り続けられては、減る暇 ( いとま ) がない。


お隣の車庫の屋根はすっかりきれいに。

s-783-5電線に積雪
( 電線に雪が積もっているのが見えるでしょうか? こんなものにも雪は積もります )


ついでに、ウチの前も重機で除雪してくれましたヨ。

ありがとうございましたー。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)