ローズミンタラ

ありゃま~ (その2)


ありゃま~温泉の翌日は、六甲山を越えて神戸港へ。

短時間で着く電車やバスもあるのですが、

豆福トラベル企画の発案で、六甲ビューラインを楽しむことにしました。

ロープウェー  ➡  バス  ➡  ケーブルカー  ➡  バス  ➡  電車 の

乗り継ぎルートです。

s-761-1ロープウエー

北海道は、冬枯れの景色なのに、

六甲は、秋景色が始まったばかり。 季節は逆回転。



六甲を堪能して電車の駅へ着いたところ、電車がいない。

? ? ?

事故があって、復旧には2~3時間かかるもよう。

そういえば、昨日も事故で電車が遅れた。

ん~、2日連続とは!

トラベルは、トラブル に変わってしまいました。

またしても 「 ありゃま~ 」 の第一声です。





しかたありません。

タクシーで北野へ移動して、異人館街を散策。

s-761-2風見鶏の館

神戸は山と海が近接しているので、坂道が多い。

異人館を見るには、歩くしか方法がありません。

歩くのが苦手なボクは、ひたすら自己暗示。

「 これはリハビリ。 これはリハビリ 」



s-761-3風見鶏の館3

「 風見鶏の館 」 や 「 もえぎの館 」 を見て、

次はレトロなシティループバスでベイエリアへ移動。







夜は、ベイクルーズと洒落こんで

神戸の夜景を見ながらのディナーを計画していたのです。

s-761-4コンチェルト

驚いたことには、同じフロア会に出席する予定の田中ご夫妻とばったり遭遇。

彼達は佐賀県から来たのです。

佐賀と北海道がアポ無しで、神戸で遭遇。 ベイクルーズの予約担当も驚いていました。

ビックリポンついでに、テーブルを隣り合わせにしてくれました。

「 ありゃま~ 」 第二声です。



クルーズ船 「 コンチェルト 」 は レインボーブリッジまで運行してUターン。

夜景を楽しみ、食事を楽しみ、会話を楽しみ、ジャズを楽しみ、

満足の90分、 神戸クルーズを堪能しました。

s-761-5-神戸ポートタワー内

今宵の夢は、エリザベスⅡ世号で世界一周








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)