ローズミンタラ

温泉三昧


大風の傷跡を尻目に、気分転換 (?)

温泉に行くことにしました。

予約していた道東の 「 かんの温泉 」 一泊旅行です。

s-745-1かんの温泉

「 冬場は、おとんの足では危ないので、雪の来ないうちに行ったほうがいい 」

倅の勧めで、この時期に予約していたのでした。

もし、前日だったら、爆弾低気圧襲来で、中止。

危ない日程でした。



台風一過の晴天とまでは行きませんが、まあまあのドライブ日和。

かんの温泉は、泉源が多くて、11も浴槽があるというので、気分も弾みます。

秘湯と言われるだけあって、道は次第に狭くなります。



あ~あ、センターラインが無くなっちゃった。

山を登りながら大曲 ( おおまがり ) 、小曲 ( こまがり ) が続きます。

でも、四国の大曲、小曲、細い道で鍛えられたので、これくらいなら大丈夫。

あれー! 電柱も電話柱も無くなってしまった。

どうやら、別世界に突入するようです。

道の行き止まりが温泉でした。 



温泉は、ホテル内に1つ、外の温泉棟に9つあります。

ホテルから温泉棟までは坂と階段。

これに雪が積もると、ボクの足には、キケンかもしれません。

倅のアドバイスは適切でした。

ん?  「 老いては子に従え 」 ? ? ?  それには、まだ早いじゃろ!

貸切家族風呂 ( 幾稲鳴滝の湯 ) は、お休み中。 これは残念。

s-745-2然別峡 かんの温泉

館内温泉は午後8時で、外湯は日替わりで男女交代です。





電気は、自家発電。

携帯は通じません。

もちろん固定電話もありません。

テレビはBSのみです。

娯楽施設はありません。

ひたすら温泉。

夕食前にウヌカルの湯 5湯に入って、

s-745-3-金の雫

就寝前にホテル内の湯入って、

s-745-4ホテルの湯

この湯は、半露天。

外気が直接流れ込みます。

底からは、熱い湯が湧き出て、ときどき気泡がプクプクと湧き出てきます。

外気で冷やされるので、つい、つい、長湯になりがちです。




翌朝はイナンクルの湯 4湯に入ったのでした。

s-745-5春秋鹿呼の湯

一挙にで4~5ヶ所の温泉に行った気分。




念のため、「 かんの温泉 」 のHPをリンクしておきますので、

よろしければ、ご覧ください。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)