ローズミンタラ

さし吉の通信簿 その1


秋は、良きにつけ、悪しきにつけ、何かと結果の出る季節。

春、夏 の丹精が実を結ぶのか?

春、夏 の手抜きのツケが出るのか?

通信簿をもらう時の気持ちに似て、

この季節は、ドキドキします。



十分手をつくしたはずなのに、

「 寿来ベリー 」 の挿木が根着きません。

s-733-1寿来ベリー


「 数撃ちゃ当たる 」 とばかりに

ムヤミヤタラに挿したのが災いしたのか、空振り。

その代わり と言っては何ですが、実生苗は 「 大当たり 」

s-733-2寿来ベリー実生苗

取り残した実が落ちて、実生苗になりました。

これをポットに植え替えて養生したのが、これ!

冬越ししたら、お嫁に出せるかも?





同じく挿木をしたアメリカシモツケディアボロの活着率は

かなり G o o d 。 これは、来年、お嫁入りです。

s-733-3アメリカシモツケディアボロ

同じ管理をしていたハズなのに、この差は一体何なんだろう?

個体差なのか、それとも手落ちがあったのか?



何年か前にナツユキカズラを挿木した時も

全滅の憂き目にあったのですが ・ ・ ・

これは、個体差と思って諦めるか? 来年、再挑戦するか?

ケ・セラ・セラ



春先に心配していたナツユキカズラは、2芽ほどが復帰して

今年も2階のベランダまで伸びました。

s-733-4ナツユキかずら

メデューサになるような元気はありませんでしたが、

花もつけて、よく頑張ってくれました。

s-733-5夏雪葛

月末には雪のように散ります。

来春は、このままでいいのか、苗を更新しなければならないのか、

悩ましい課題が増えました。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)