ローズミンタラ

さし吉


見ごろを迎えたバラは、これ。

s-705-0.jpg

ピエール・カルダン。

ファッション界をリードする旗手だけに、派手!

霜降りの牛肉のような肉感の花、照りのある葉。

好みとは離れるのですが、ときにはこんなのがあってもいいか。




アメリカ・シモツケ・ディアボロは、てっぺんがボウボウ。

s-705-1.jpg

選定せんと、あかんなー。




思い切ってサマーカット。

あっちをチョキッ、こっちをチョキッ。

s-705-2.jpg

オバQの 「 ♪ 毛が三本・・・ 」 の散髪は、このあたりで終了。




Oh!

「 寿来ベリー 」も、ボウボウだー!


こちらも散髪せねば・・・

s-705-4.jpg




こちらの枝は、ちょっと硬目。

葉も、柿の葉のように照葉で硬い。

s-705-5.jpg

さっぱりして、心なしか涼しげ。



切った枝をは、バケツいっぱい。

s-705-9.jpg

このまま捨てるには、忍びない。




挿木をすることにしました。

s-705-7.jpg

これを見た豆福、

あ~あ 「 さしきち 」 になっちゃった!



「 たち吉 」 は、瀬戸物屋。 

「 惣吉 」 は、小樽の郷土料理屋。  さて、はて、「 さし吉 」 とは?

・ ・ ・ ・ ・

しらばっくれてもダメですね。

「 挿木気狂 」 の略で 「 挿しキチ 」 

ん~、意に沿わない命名だけれど、挿してみないと気がすまないので

命名は、甘んじて受けることにします。

でも

s-705-8.jpg

挿したバラが根付くと、こんなに魅力的な花が咲くのですから

なかなか、止められそうにありません。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)