ローズミンタラ

温泉三昧


鳥獣戯画展の立ちんぼと、旧古河庭園散策で

疲れた身体を癒やしに信州の渋温泉へ直行。

s-668-1.jpg

ここは 「 金具屋 」

名前だけ聞くと、金属を扱うお店 ?

イエ、イエ、れっきとした 「 お宿 」です。



ここは、もともと ( 300年前 ) 鍛冶職人が温泉宿を始めたので、

「 金具屋 」 という名前になったとか。

温泉も登録有形文化財の建物も有名なのですが、

今回は、温泉をご紹介します。



館内の温泉は8つ 、どれも源泉掛け流し。

4つの自家源泉 を持っています。  これには、オドロキ。  

一晩では廻りきれません。

s-668-2.jpg

ここが 「 浪漫風呂 」

映画の 「 テルマエ・ロマエ 」 を思い出しませんか?

浪漫風呂に入っているのは、ボク一人でした。

湯の中から誰か出てこないか期待していたのですが、

残念 ・ ・ ・ ・ ・ のぼせそうで断念しました。

入口のガラスには、「 龍と姫 」

s-668-3浪漫風呂入口2

アニメにありそうなのですが、思い出せません。




s-668-4.jpg

ここは 「 鎌倉風呂 」

縁起を担いだ ひょうたん形です。

家族風呂には、二人で入ったのですが、ここは割愛。



更に、渋温泉街には外湯が9つ  あります。

宿で、鍵を貸し出していて、どこの湯に入っても無料 ( ただ ) !

湯めぐり達人 ( ? ) に聞いたところによると、

1番湯と3番湯が熱くて、6番湯がぬるい。

1番湯の入湯時間は秒単位 ( 熱くて入っていられない )  らしい。

行くのを止めました。



9番湯が大湯 ( おおゆ ) と言って大き目の温泉。

s-668-5外湯

ここは、宿の人もオススメのところ。

入ってきました。

ここに蒸気風呂があるのですが、それが源泉なんですと。 

源泉は90℃台。  とても熱い。

ここの温泉は、加温ではなく、熱交換器で温度を下げている。

空知の温泉施設がこのことをが聞くと、きっと羨ましがります。



温泉街だから 当たり前だけれど あっちを向いても温泉

こっちを向いても温泉。  温泉だらけ!

それなのに、それなのに、ああそれなのに、足湯 がある。

s-668-6.jpg

誰が入るんじゃろ?

宿に湯があって、無料の外湯が9つもあるのに ・ ・ ・ 一体、誰が?

宿の人に聞くのを失念してしまいました。

「 聞くは一時の恥、聞かざるは末代の恥 」

おかげで ・ ・ ・ いまだに ナゾ のままです。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

渋温泉、よかったですね。私ももううんと前そうですね、30年近く前に子供たちを連れ亡き父も一緒にスキー❓も兼ねて行ったことがあり、外湯めぐりをして(私だけ!)ゆでだこになりそうになって熱い湯は足だけかだったかな?とにかく全部回って記念の手拭いをゲットしたことを思い出しました。
冬だったので、猿も温泉に入っているのを見たのも思い出しました。

「鳥獣戯画」展で延々並ばされた疲れは温泉三昧でとれたのではないでしょうか。
中々充実した旅でしたね。

takarinn | URL | 2015/05/25 (Mon) 11:52 [編集]


Re:

外湯を全件 踏破! スゴ~イ。 
きっと何人もいませんよ。
ブログ写真の信濃電鉄の名前は、「スノーモンキー号」でした。
本物の猿には逢えませんでしたが、「じぶざるくん」という猿のキャラクターを見てきましたよl
温泉は、また、行きたくなる。 あとをひきます。

大福 | URL | 2015/05/25 (Mon) 22:54 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)