ローズミンタラ

甘夏マーマレード


今年も 美味しいマーマレードが、 で ・ き ・ ま ・ し ・ た 。
くまのプーさんは、はちみつが好物。 
ボクは、マーマレードが好物。 

美味しいマーマレードの一つに、新宿高野のマーマレードがありました。 
美味しいのですが、お値段が良すぎる。 
普段使いには、もったいない。 
でも、自宅で作ると、そのリッチな味を「ふんだん」に味わえるのです。 
つくらない手はありません。 

美味しいマーマレードづくりには、新鮮な甘夏と豆福の包丁技が必要です。
「甘夏の表皮を薄くスライスする」これが「匠の技!」
これが、マーマレードの食感を格段に引き上げるのです。 

 いつもは、2月の の時期につくっていました。 
2月までは豆福の体調がすぐれず、つくるのを諦めていたのですが、3月に入って、すこ~し復帰。
今年もつくることになりました。 

 あっ、ボクもちょこっとお手伝いしましたよ。
 東伊豆のポットハウスから甘夏を取り寄せています。 
 ここは、無農薬がウリ。 
 マーマレード用に表皮が厚めの「川野」と言う品種を送ってもらいました。 

作り方をご紹介しますので、「♪きょうの料理」のメロディーをイメージしながらご覧ください。 
 ♪ ちゃんチャカ チャカ チャカ ちゃん ちゃん ちゃん 
  チャカ チャカ チャカ チャカ ちゃん ちゃん ちゃん ・・・ 

【1.下ごしらえ】 
 ①甘夏をたわしでゴシゴシ洗います。
s-①002① 


 ②甘夏の表皮を6等分(これが黄金分割比)

s-②003②

 
6分割は、しにくいのですが、4分割だと大きすぎ、8分割だと、小さすぎるのです。


 ③表皮と内皮と果肉に分けます。

s-③005-5 


【2.外皮をゆでる】 
 ④剥いだ外皮を3回ゆでこぼして、苦味を抜きます。

s-④008 
1 回目は、沸騰後5分ゆで → 水洗いし → 1ミリほどの厚さにスライスします。 
このスライス具合が匠の技。 
0.3 ~ 0.5mm 厚にしてしまうのですから、ボクの出る幕はありません。 
2 回目は、スライスした外皮を沸騰後5分ゆで → 水洗い → 軽く絞る。 
3 回目も沸騰後5分ゆで → 水洗い → 固く絞ります。

s-⑤012 


【 3.ペクチンをつくる 】 
⑤内皮を水洗いし → 10分ゆで → 水気を絞り、細かく刻みます(A)
s-⑥

⑥果肉は細かく砕き → 絞り → ジュースにします(B)

s-⑦005-2 

 ⑦ (A) の刻んだ内皮と (B) のジュースを鍋に入れて加熱

  
  20~30分煮ると、内皮が不思議なほどトロトロになります。

s-⑧ 

 ⑧熱いうちに裏ごしします(これでペクチンができあがります)
 内皮はぜ~んぶ裏ごしされます。

s-⑨009-5 

【4.仕上げです】 
 ⑨外皮とペクチンを計量し、60%重量のグラニュー糖を鍋に入れ、

ペクチンで溶いて、
 外皮を加え、10分間コトコト煮ます。 
  グラニュー糖は、アクが少ないので、使いやすいのです。
  グラニュー糖は別名「てんさい糖」。 
  北海道の特産品の一つなのですが、「天才糖」 と言うイメージがあって気に入っています。

s-⑩ 

 ⑩テリが出てきたら、できあがり!

s-⑪017 
美味しいマーマレードができあがりました。
トーストに塗ったり、紅茶に入れたり、焼き肉ソースに入れたり・・・ 
でも、こんなに美味しくできると

くまのプーさんが蜂蜜を舐めるように、そのまま食べるのが、一番おいしい! 
 また、また、メタボ の タネ が増えてしまいました。













PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

豆福猫ちゃん、今年もいつのようにお手製ママーレードが出来て良かったですね。(拍手)
本復の証しですね。

takarinn | URL | 2015/03/20 (Fri) 11:08 [編集]


Re:美味

ありがとうございます。
来週、CTを撮って、再来週に結果発表です。
受験生のように ドキドキ しています。
転移していないように、祈るばかりです。

大福 | URL | 2015/03/20 (Fri) 19:24 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)