ローズミンタラ

納豆の話


関西の方に納豆の話をすると嫌われそうで躊躇したのですが・・・

しばし、お付き合いください。




仕事に厳しくなるのは、アタリマエのことなのですが、

かつての上司、O さんも仕事になると妥協のない人でした。

ちょっと、けむたい存在だったのですが、

あるとき、酒席で隣り合わせになり、

どういうわけか納豆の話になりました。

二人とも 「 熊ちゃん納豆 」 が好物だということを発見したのです。

納豆の由来から作り方、効能まで・・・

まるで水戸藩士のような?情熱で語るのでした。

「 へぇ~、こんな一面があるんだ! 」



それ以来、彼と粘っこい話になっても 納豆談義を思い出して

「 この粘っこさは、納豆のせい! 」 と思えるようになったのですから不思議です。



その 「 熊ちゃん納豆 」 を、とんと見かけなくなりました。

どこに行っちゃったのでしょうか?

お店には、納豆がたくさん並んでいるのに、

s-615-納豆売場

熊ちゃんに代わる納豆には、なかなか出会えません。

タレ文化が進んで、納豆は美味しくなったのですが、

熊ちゃんはどこに・・・



そう思っている矢先、JAストアで美味しい納豆を見つけました。

最近は、小粒納豆が主流のようですが、

この納豆は大粒です。

柔らかく炊けて、しっかりと豆の味がするのです。

また、名前が、いいんです。

その名は 「 ミスニセコ 」

熊ちゃんが垢抜けて戻ってきたかのような味。

納豆好きの方には、オススメです。

s-615-ミスニセコ

こんど、Oさんに教えようかな?

でも、納豆好きの先輩のことです。

きっと、ご存知でしょうね。



ps.

新幹線が北海道に上陸する北斗市に住んでいるネコ友の

おすすめは 「 にゃっとう 」

s-615-にゃっとう
( 現物が無かったので、画像はネットから拝借したものです )

ネーミングといい、イラストといい、ねこ好きのための納豆。

このタレには、面白いことにトロ味がついています。

なぜでしょうね。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)