ローズミンタラ

足あと


息子さんと二人で小さな宿と喫茶店を

切盛りしている女将さんがいます。

お客さんとの対応が評判で、固定客がつき、

口コミでお客が増え、忙しくなりました。

そうこうしている矢先、二人とも体調を崩してしまったのです。

blog 「 かもめや日記 」 を抜粋すると


『 夏から秋の過労がたたって、息子も私もとうとうダウンしてしまった。

働こうにも、体がいうことをきかない。

せっかく小樽の旅を楽しみにしているお客さんに、ヨロヨロしながらの応対では

申し訳ないので、この際、思い切って宿も喫茶店もしばらく休むことにした。

「 とうとう かもめや はつぶれたか 」 と思っているお客さんも

いるかもしれない。

いやいや、それどころか、身に余る評価を得て、 「 ほんと?  うちのお店、

そんなによく言っていただいていいの? 」 というくらいなのだ。

ありがたいことなのだが、それだけの評価をいただくというのは、

2人でそれだけ働かなければならなかった、ということでもある。

しかし、店の者が死んでしまっては元も子もない。

だから、2人が再起するために、エイッとばかり休むことにした。  』


かもめや日記 blog はコチラから。
http://blog.kamomeya.main.jp/
かもめや日記

ダウンしてつらい思いをしている女将さんから、豆福に絵葉書が届きました。

苦しいのに、それを押して、豆福を気遣ってのことでした。

s-613-足あと

自分のことは、さておいて、他人の心配をする。

なかなかできることではありません。

その気持ちに、心が震えました。

ありがとう。  感謝します。

そして、貴女と息子さんにも温かい陽の光が届きますよう

身体のきしみが、心のきしみが回復しますよう

祈ります。

小樽の砂浜に力強い足あとが続くことを期待して。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

読みながら涙涙・・・でした。

豆福さんもカモメやさんの女将さんも、とってもの知り合いなので二人の間に流れている目に見えない「大いなるもの」を感じてしまって、凡人のこの私はコメントする言葉がありません。
言えることは「光はきっと射す、今は遠くの彼方にあっても」、それを信じて生きましょう。

takarinn | URL | 2015/01/24 (Sat) 11:22 [編集]


Re: タイトルなし

泣かせてしまって、スミマセン。 お気持に感謝します。
弱気になって、オロオロして、みっともないのですが、これが今の精一杯。
友達から励ましを頂いて、豆福だけでなくボクも力をもらってます。
ありがとうございます。
いつか、また、ノーテンキな福福コンビをお見せしたいと思っています。

大福 | URL | 2015/01/24 (Sat) 17:48 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)