ローズミンタラ

黄金湯


今週と来週は、豆福の抗癌剤が、お休み。

正月休み?

いえ、いえ、そうではありません。 体力回復の休みです。



豆福は猫を飼っているので、

( いや、正確には、猫に豆福が使われているので、 )

宿泊旅行の予定を組むのは、なかなか難しい。



クスリが休みのときにプチ湯治を考えたのですが、

今週の天気予報は、今日を除いて、毎日が雪!

温泉への往復が吹雪では、躊躇してしまいます。

お天気のいい今日のうちに温泉へ!

急遽、日帰り温泉、ウルトラプチ湯治を決行することにしました。



ジローとアーチに 「 いってきま~す 」

小金湯温泉までドライブ。

s-606-お見送り

アーチは、丸座布団で寝子(ねこ)モード。

ジローは、窓からお見送り。



小金湯は、札幌の奥座敷、定山渓温泉のちょっと手前。

かつては黄金湯と呼ばれていたらしい。

改名しなくてもよかったのに!



「 湯元 小金湯 」 には、桂の大木がありました。

s-606-はるにれ
( 根元に、鳥居と社があります )

解説によると、桂の推定樹齢700年、樹高約23 m、幹周りは10 m。

その昔、定山渓を開いた 「 美泉定山 ( みいずみ じょうざん ) 」 が

桂の根元で仮眠した際、樹霊が夢枕に現れ、

霊泉が湧くことを告げたという。

この根元のウロ ( 空洞 ) に不動尊がまつられ、

「 桂不動 」 と呼ばれるようになった。



無節操と言われようと、鰯の頭と言われようと、ご利益がありそうなところは、

お願いをすることにしています。

この桂の大木は、北海道の 「 記念保護樹林 」 に指定されています。



ランチもとって、ゆったりとして、きました。

ご利益があるといいナ~。












PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)