ローズミンタラ

年越しソバ


大晦日。

年越しは 「 そば 」 と 「 うどん 」 をつくるのが恒例になりました。



四国の香川県では、「 年越しそば 」 に 「 あけ・おめ・うどん 」

と言われているそうな。

あけましておめでとう うどんの略

年明けにうどんを食べようということらしいのですが・・・



ウチは 「 年越しそば 」 に 「 年越しうどん 」 。

ちなみに、年明けは、白味噌仕立てのお雑煮

豆福がそばアレルギーなので、

年越しは、「 うどん 」 も作ることにしようと始めたのが 「 年越しうどん 」 。

これが身内に好評で ( 自画自賛 )、

大晦日は 「 蕎麦と饂飩 」 の両方を作ることになってしまったのです。


s-556-1うどん
( うどん )

うどんは、昨日のうちに生地を作って寝かせておきました。

こうするとコシが強くなるのだそうです。

麺棒で延すと、かなり強力にはね返してきます。

豆福が元気になる、元気うどんです。


切るのは、パスタマシンと豆福

パスタマシンで切ったうどんは、ゆるやかにウエーブがかかります。

包丁できると、そんなことはありません。

今年は、パスタマシンと豆福の包丁切りの二本立てです。



そばは、地元農家の水島さん宅で採れたものを打ちます。

s-556-2そば
( そば )

地元の素材を、地元で打って食べる。

プチ贅沢の大晦。

ソバに、パスタマシンは使いません。

包丁とパスタマシンを比較すると、味はパスタマシンの負け!

ソバのパスタマシンは、一回で中止です。

うどんの時は、そうでもないのに、ソバの時は、味が違う。

なぜでしょうね?



手打ちソバと手打ちウドンをおんちゃんちに届けました。

集まった家族は14人!  ちょっとした宴会です。

ソバ 3 kg、うどん 2 kg

これだけあれば、大家族も、きっと、満福でしょう。







ps.

つたないブログにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

「笑顔と福の花 」 をお届けしようとしていたのですが、

今年は、うろたえ、ぼやいたり、嘆いたりの醜態を晒してしまいました。

有り難いことに、慰められ、励まされ、力を貸して頂いて、

たどり着いた大晦日です。

除夜の鐘で、気持ちのススを払おうと思います。

ありがとうございました。





ps.

豆福が楽しいCDを見つけてきました

従前の ケ・セラ・セラ の訳詞は、どこか投げやりでした。

このCDの ケ・セラ・セラ は違いました。  ジブリの高畑勲さんの訳です。

s-556-3ジブリと私とかぐや姫2

ご紹介しますね。

♪ 

ちいさいときママに 私はたずねた

なるかしら きれいに お金持ちに

ケ・セラ・セラ なるようになる

未来は見えない お楽しみ

ケ・セラ・セラ



恋をして彼に 私はたずねた

来る日も来る日も 虹の色ね

ケ・セラ・セラ なるようになる

未来は見えない お楽しみ

ケ・セラ・セラ



今では子どもが 私にたずねる

なるかな かっこよく お金持ちに

ケ・セラ・セラ なるようになる

未来は見えない お楽しみ

ケ・セラ・セラ



・・・・・・



気に入りました。

ボクも歌おうと思います。



♪ ケ・セラ・セラ なるようになる

  未来は見えない お楽しみ




来る年も、楽しみを見つけようと思います。

良いお年を!








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)