ローズミンタラ

カレンダー原画展-4


カレンダー原画展の最終版。

10月の担当は、「 ゆう 」 副理事長の山田さん。

タイトルは 「 アーチスト・オブ・スナガワ 」 です。

タイトル通りに砂川の真のアーチストがデフォルメされて登場。

s-554-10月


風神雷神図の鬼神は、きっと、画家の鉾井先生でしょう。

日洋会委員、日本美術家連盟会員で、

砂川を拠点に海外にも足を運び、制作している画伯です。

砂川市立病院にも、作品が展示されています。

s-554-鉾井先生

ほとばしる情熱の色、いつまでも戯けているすがた、時には凛とした作品も

まさに芸術家。


バニーガールは、きっと、1月を担当した襖絵の寿美子さんでしょう。

Blogでは、いつもキャ~ッとはしゃいでいるので

彼女のblogを覗いてみましょう。

「 百まい襖展のブログ 」

http://blog.livedoor.jp/hyakumaifusuma/


大ドックリの鎧武者は、ゆうのアートコーディネーター太田先生でしょう。

彼の右手には、砂川演劇集団 「 一石 」 の、左手には  「心呂座 」 のタトゥーが

記されている。



ゆうの舞台は、彼の心血が注がれたもの。

鎧は彼の心意気。 情熱の赤です

「 ゆう 」
「 ゆう 」
http://www.you-sunagawa.com/index.php






11月の担当は、市の商工労働観光課の坂本さん。

タイトルは 「 11/11 」 。

s-554-11月

「 雨の夜、SuBACo ( すばこ ) に詰めていると、

横断歩道を黒タイツの女性が渡った。

惹かれたけれど、あいにく 傘が無い。

彼女は遠ざかり、信号は赤。

追いかけようか・・・

冷たい雨幕の中に彼女の姿は消えていった 」

その日が、11月11日

s-554-11月2

これが、「 雨と 黒タイツと 焦燥感 」 になったと妄想するのですが、

実際のところは不明。

ストッキングでなくて タイツ。

網タイツではなくて 黒タイツ といったところに意味がありそうなのですが・・・。





12月の担当は、いよいよ大御所の出番です。

イタリアンレストラン風露のオーナーの内海さんです。

タイトルは 「 砂川夢想人 」

s-554-12月

これはきっと、ご自分のことですね。

そう、彼はいつも夢見る人。

頭の中には 「 玉手箱 」 、おもちゃがいっぱい詰まっています。

s-554-12月2

「 石窯ピザ&パスタ 」
石窯ピザ&パスタ 」
http://furo-sunagawa.com/



「風露のblog」
風露のblog
http://italianfuuro.blog.fc2.com/







ps.

やっと、12ヶ月のご紹介が出来ました。

ご紹介してきた人たちの合作で このカレンダーは完成しました。

ボクは 「 ボザール人 」 には程遠い 「 ボサーっと人 」 なのに

誘ってくれた大御所、そして、カレンダーを完成してくれた

ミニチュア作家のMeguさんに感謝しながら

原画展を閉店させていただきます。

ありがとうございました。


あっ、原画展は、SuBACo(すばこ)で1月末までです。

s-554-7すながわ すばこ

お近くにお越しの方は お立ち寄りください。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いよいよ今年のカウントダウンが始まります。2015カレンダー紙(ブログ)上原画展ありがとうございます。
一年間カレンダーにて楽しませていただきます。
来たる年が一層充実したお年になりますように、そしてお互い初老期?いや老年期を身体に気を付けて転ばぬように過ごしましょう。ではでは、また来年!

takarinn | URL | 2014/12/30 (Tue) 08:17 [編集]


Re: タイトルなし

ご笑読いただき有り難うございました。
来る年が、 楽しみが多い年でありますようご祈念申し上げます。
登山よりも下山のほうがむずしいのだそうです。
老年期、慎重にふもとまでたどり着きたいものです。

大福 | URL | 2014/12/30 (Tue) 20:59 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)