ローズミンタラ

カレンダー原画展-3


カレンダー原画展の続きです。

キャ~の寿美子さんのメッセージも一緒にどうぞ。

7月の担当は、井上さん。

タイトルは 「 宇宙 」 

s-551-7月

「 そら 」 と読むのか、「 うちゅう 」 と読むのか」迷うところ。



キャンバスに貝殻を貼り付けているので 、

タイトルは「 海 」 でも良さそうなのだけれど、

そこを 「 宇宙 」 と読むところに意味がありそうです。


s-551-7月2

原画を斜めから見ると、立体感が一層引き立ちます。

実物は SuBACo (すばこ) で どうぞ!







8月の担当は、地域おこし協力隊の小崎さん。

タイトルは 「 ころころころ星物語 」

s-551-8月

う~ん、これはどこで切ったらいいのでしょう。

「 ころころ ころ星物語 」 と読むか、

「 ころころころ 星物語 」 と読むか、迷うところ。



詩には織姫と彦星の物語が・・・

この辺りの七夕は、本州と違って、月遅れの8月。

8月にふさわしい星物語。


s-551-8月2

地元で炭川 ( タンガワ ) と呼ばれた 汚れたイメージのパンケ川を

天の川に見立て、きれいな星を散りばめてくれたことに感謝。

星物語の顛末は、カレンダーに載っているのですが、

気になる方は、SuBACo ( すばこ ) までごお越しくださいね。





9月の担当は、オリジナル・ハンド・クラフトの Atsushi.s さん

あつしさんは、革のマイスターでもあります。

タイトルは 「 秋色のレザー 」 

s-551-9月

シックな色合いが、目を惹きます。



原画? いや、いや、現物のバッグはもっとシック。

s-551-9月2


そして、それに添えられた 「 POST CARD 」

惹きつけられました。

s-551-9月3宝物バッグ

ちょっとご紹介しますね。



宝箱バッグ

どんな宝物を入れますか?

このバッグは、物を入れて運ぶには

ちょっと向いてない形 サイズ感です。

ある人のことを考えて作りました。

きっと、ある人は、この宝箱に形のある 「 物 」

ではなく、形の無い 「 モノ 」 を 宝物として

入れてくれると思います。

それは・・・・



さあ、この続きは、SuBACo ( すばこ ) に行ってみましょう。









PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)