ローズミンタラ

ファクトリー見学


数年前から、コンビナートや工場などの 「 産業観光 」 が評判。

ふだん目にすることのない現場を見学するものです。



砂川の馬具メーカー 「 ソメスサドル 」 が創業50周年の節目に

ファクトリーツアーと祝賀会を行うことになりました。

50年前に歌志内市で創業し、

砂川市に ファクトリー & ショップ を移転から20年になります。

創業50周年記年式 おめでとうございます。

s-534-1ソメスファクトリー

地元企業なのですが、工場の中は見たことが無かったので、

プチ産業観光に参加することにしました。



革のカットから制作までの工程を見ることができました。

革のカットは3種類。

①革切り包丁でカット

s-534-2革切り包丁

 彼がカットした革は、左上の ダレスバッグ 薄型になります。




②プレス機で裁断

s-534-3革プレス裁断

 何を作っているのか、聞くのを失念していました。




③CAD ( キャド ) で カット

s-534-4革切りCAD

 企画室で設計したとおりに カット できる マシン。

牛一頭分の革から製品として使えるのは6~7割とか。

しかも、革の縫製は手縫いで、二本針縫いという縫い方。

一本の糸の両方に針をつけ、交差させるように縫うのです。

ミシン縫いと違い、一箇所糸が切れても、大丈夫。

s-534-5二本針縫い

その手作業は、踊りのように美しい。

「 産業観光 」 の入口を垣間見た気がしました。



作っているのは、 鞄 ( カバン ) だけではありません。

馬具メーカーなのですから、馬具があります。

s-534-6宮内庁御用達

しかも、宮内庁御用達! もあった。

菊のご紋がしっかりと。





祝賀会は砂川パークホテル。
s-534-7 50周年プログラム

札幌交響楽団の弦楽四重奏がお出迎え。

参加者は、取引先、マスコミ関係者、地元関係者など、おおよそ300人。 

ソメス製品の抽選会もあって、大盛況。



ステージ脇には、

馬頭観音を奉じるお寺の貫主さんが揮毫した 「 馬 」。

s-534-8馬

奇しくも、今年はウマ年

そして、本日は、馬具メーカーの50周年記念日。

あれ、あれっ! ウマだらけです。

かくて、ソメスさんにとって

「 すべてがウマくいった日 」 となったのであります。









ps.

ソメスサドルの革製品は値が張りますが、丈夫で長持ち。

多少の壊れは、工場で修理可能です。

ちなみに、豆福が毎日のように使っていたショルダーバッグは

ファスナーを取替こそしましたが、12~13年使って、まだ現役です。



ps2.

帰りには、雪が降り始めました。

ファクトリーツアーと祝賀会の間は、晴れていたのです。

ソメスさん、本当にうまくいった日でしたねぇ。

s-534-9降雪予報

テレビの予報によると、明日は、平地でも20cm。

もう、根雪かなァ?

ボクのほうは、blog がうまくまとまらなくて遅くなってしまいましたが、

明日は、出勤日。 

もう寝なくっちゃ!







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)