ローズミンタラ

糸へんの冬


ナツユキカズラを見ていて、先輩だった人の口癖を思い出していました。

その口癖を借りると、こうなります。

ナツユキカズラは、もう、「 糸へんの冬だ 」

最初に聞いた時は、「 ??? 」



鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしていたのでしょう。

解説してくれました。

「 糸へんに冬と書いたら、なんという字だ? 」

そこまで聞かされたら分かります。

「 終 」 でした。


s-523-1ナツユキ赤味
( 花がしおれ、茎は赤くなっています )

そう、ナツユキカズラは、花の色も変わって、散って、

「 糸へんの冬 」を迎えたのです。

s-523-2ナツユキ散る
( 散った花がら。 コチラは 「 夏雪 」 と書いたほうがピンときますね )


日差しがあるのに 風が冷たい。

とは 言っても、黙っていては片付かないので、

豆福とツルを外すことにしました。

s-523-3ナツユキ2F

2階のベランダにしぶとく絡みついていましたが・・・

s-523-4ナツユキ落下中
( 落下中です )

なんとか落下。

s-523-5ナツユキ落下
( 落下しました )


その後の始末に 手こずります。

短くカットして、ゴミ袋に。

大きなゴミ袋 2杯+α 。



自然は、スゴイ。

s-523-6三つ編み

ナツユキのツルが、自然に絡んで、三つ編み、四つ編み、5つ編み。

ちょん切ろうとすると、豆福が一言。

「 リースをつくれそう 」

ナルホドね。 女性の発想です。

ボクは、ちょん切ってゴミ袋に入れることしか考えていませんでした。


s-523-7編みツル

並べてみると、長いのは4m超え。

敷石が20cm角ですから、カウントできそうです。



つくったリースは3個

直径40cm前後が2個、 約30cmが1個できました。





並べてみると、

s-523-9ツタのリース

ウ~ン、寒いはずだ。 スノーマンを連想してしまいました。


暗くなるのが早くなりました。

でも、今日中に大物が一つ片付いて、良かった!



リースは、風除室で乾燥して 飾り付けを・・・しようと思います。

できるかな?

風除室では、ハローウィンの飾りと同居。

s-523-10風除室

冬支度に手がかかって、

本物のパンプキンを彫るところまで辿りつけないでいます。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)