ローズミンタラ

花壇づくり講習会


8月7日、こちらでは、一月遅れの七夕です。

竹がないので、柳に願い事や星飾りを吊るすのです。

この日、「 北海道子どもの国 」 で 「 花壇づくり講習会 」 がありました。

s-492-1花壇づくり講習会

講師は、月形町のコテージガーデンのオーナー、梅木あゆみさん。

北海道の委託事業のようで、受講料は無料

これは行かなくっちゃね。



参加すると、公園ボラティアでお会いした顔見知りが数名。

「アレ、今日は奥さんと同伴じゃないの?」

「奥さんは、どうしたの?」

「今日は、都合がつかなくて・・・」

いやー、豆福と一緒でないと 大福だけでは認めてもらえないようでした。



1時間の座学とスライドの講習を受け、さっそく実習です。



大型プランターに底石ならぬ 「 底・発泡スチロール 」

s-492-2鉢底石?

網袋に入れてプランター底に入れるのがコツ。

プランターを片付けるときに楽。


後は、土を盛って、プランター作り。

s-492-3 プランターづくり

①火山礫  ② 20ℓ 1500円の培養土 ③軽目の土をプラス ④よくかき混ぜます



プランターに苗を仮置きして、バランスを見ます。

s-492-4仮置き



グループに別れて、5個のコンテナをつくります。

s-492-5コンテナ完成
( コンテナ 完成 )

個別にアップすると

s-492-6完成したコンテナ
( ゴッホのひまわりかと見まごう ばっかり植えがあったり、 シックなのがあったり、テーマ別のコンテナ )


女性の出席者が圧倒的に多い中で、これが男4人が作った作品

テーマは 「 優美 」 にしておこうかな?

s-492-7 男のコンテナ

しばらくすると、四隅の這い性ゼラニュームが垂れ下がってくるので、見応えが出るはずです

男4人とも 「 これが一番いい! 」 と 自画自賛。

先生や、女性陣から点検の手が入りました。

よく見ると、土がちょっと少な目でした。 コンテナの土汚れも取っていなかった。

詰めが甘い!

悔しいけれど、そのとおりなので、反論できません。 

帰り際、春にボランティアでつくったコンテナをパチリ。

s-492-8春植えのコンテナ

まあ、まあ、見れるものに成っているじゃない。

ここでも、自画自賛。

また、詰めが甘い と言われないうちに退散することにしました。

バイ バーイ!  またねー!


記事を追加しました。
ps.

講師の梅木あゆみさんのブログにも  「 花壇づくり講習会 」 の記事が載っています。

「 社長室 」 というブログです。

文字が小さいので、老眼には苦しいのですが、彼女の活躍ぶりがよくわかります。

ローズミンタラの右側にリンクを張っておきましたので、ご覧ください。




PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)