ローズミンタラ

ナツユキカズラの謎


「 雨後の筍 」 の例えに似て、雨の後は、植物がよく伸びる。

庭先で、ナツユキカズラ が グィッ と伸びた。

花はまだ咲かないけれど、先っちょは2階の ベランダ まで届きました。

そのまま登って行けそうですが、

ジャック と豆の木ほど丈夫ではないので、止めておきます。

s-491-1ナツユキカズラ


ナツユキカズラ は不思議な植物です。

秋に地際から1mほどのところで バッサリ と切って越冬しています。

春先は、なかなか芽が出て来なくて、

このままで大丈夫か? と思うのですが、

今では、伸び放題。 「 我が世の春 」 を謳歌しています。



丈夫なんだ! 

と 思いたいところなのですが、

冬越しで、駄目にした人が 何人もいます。

もしかして、温かいところが好きな植物なのかもしれない。

この辺りは、「 ハーディネスゾーン( 耐寒性 )5 」 なのですが、

これよりも温かい5以上の植物なのでしょう。

そうだとしたら、納得がいきます。



仮説を裏付けようと、日本花名鑑でハーディネスゾーンを調べてみると、

s-491-2日本花名鑑

Oh! なんということか、

ここよりも寒いところでも生育するという 「 H4 」

仮説は沈没。



どうして、消えてしまうんでしょうねぇ?

亜麻のように、宿根草と言われているけれど、

何年かすると消えてしまうものがあります。

s-491-3亜麻の実
( 亜麻の実 )

その類なのかなぁ?

今は旺盛だけれど、来年は? どこかに不安が残ります。

やっぱり、ナツユキカズラは、謎の植物です。








PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)