ローズミンタラ

もう いいよー


先日、久しぶりに雨が降ったのが 嬉しくて

ブログで はしゃぎすぎたせいでは ないのでしょうが、

今度は 雨が降り止みません。

s-486-1棒状の雨

雨が、「 雨粒 」 ではなくて 「 棒状 」 に見えます。

大雨注意報 発令中。 



バラの花盃は、軽い 陽の光を 受け止めることができても、

重い雨粒は 受け止めきれない。

s-486-2うなだれて

どれもが首をうなだれ、満開の花は散ってしまった。



土の中の水分は、十分に満たされた。

イヤ、十二分を通り越して、もう、飲みきれない。

このままだと、溺れる。



素人ガーデニングは、天候の変化に一喜一憂です。





賢治の詩を思い出しました。

s-486-3雨にも負けず

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ 夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋ラズ

イツモシヅカニワラッテヰル

(後略)



なかなかこういう心境には、なれません。

嘆いたり、嬉しがったり、笑門亭は 喜怒哀楽100%。

s-486-4喜怒哀楽
( 喜怒哀楽 を ひらがな で表現すると こうなるのだそうです ・・・・・ ナルホド、すご~い )

今日は 空に向かって こう叫びます

「 もう、あがってもいいよー 」







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

過ぎたるは猶及ばざるが如しですね

何でもそうですが、やはりほどほどがよいようですがなかなかそううまくはいかないようですね。

喜怒哀楽のかな表現化は面白い発想ですね。どなたが考えたのかしら?
博学の大福さんですか?

takarinn | URL | 2014/07/28 (Mon) 20:18 [編集]


Re: 過ぎたるは猶及ばざるが如し

ようやく晴れました。
バラはバラバラになっちゃったのに、紫陽花は元気にピンピン。
それぞれ特徴があって、面白いものです。
「 喜怒哀楽」のかな漢字、面白いですね。
地域交流センター「ゆう」の非常勤講師(応援団?)の干場さんという女性の作品です。
よく考えつくものだと、感心してしまいました。

大福 | URL | 2014/07/28 (Mon) 21:20 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)