ローズミンタラ

バックヤード




遠くでの花見、近くでの花見を終えて、

また、ローズミンタラの下僕モードに復帰しました。



今日は、バックヤードにしているスペースのご紹介です。

まだ、原種バラも、アジサイも、牡丹も、芽が動き始めたばかり。

s-452-1バックヤード

s-452-3芍薬

芍薬です。 左側のは一重の糸葉芍薬で、枠の中に咲かせようとしていたのですが・・・

どこにも枠にはまらないヤツがいるもんです。 枠外からはみ出して芽を出しました。

右上が、赤の芍薬 右下が白っぽい滝の粧。 紅白で咲く予定?

s-452-2クリスマスローズ

クリスマスローズの三年目。

黄色と赤のはずだったのに、どちらも赤い! 

年数が経つと、黄色くなるんじゃろか?  それとも、単なる間違い?





若かりしとき、バラの手入れは、土日がメインでした。

晴れの日は、いいのですが、

雨の日、雪の日は、

「 庭仕事は、したくないな~ 」

「 じゃあ、いつやるの ? ・・・・・ 今でしょ! 」

体力任せの 「 ちからワザ 」 でバラと付き合っていたような気がします。



花を愛でたり、庭でお茶をする時間は、

雑草や虫と格闘する時間の1%程度でした。

これが、自称:バラの下僕の由来です。



最近は、バラとお付き合いする時間が、グッと増えました。

逆に、体力がグッと減って、「 ちからワザ 」 は使えません。

休み休み、ボチボチ、ほどほどの仕事ぶりです。

休み休みの仕事ですから、花を愛でる時間は10倍に増えました。

雑草や虫とお付き合いする時間もそれなりに増えているのですが、

コチラの方は、10倍にならずに安堵しています。



バラづくりも長年になると、「 チリも積もれば 」・・・なのでしょうか

ヒト様の目にとまるようになって、お客が増えました。

声をかけられ、おだてられ、ガーデニングに拍車がかかりました。



去年は、NHKの趣味の園芸「玉さん庭をゆく」で放送されたり、

「 すながわカントリーロード 」 の一環でスロウに取り上げられたりしましたが、

今年は 「 じゃらん6月号 」 にちょこっと紹介されることになりました。

5月20日、発売予定。 「 いわた書店 」 さんに予約します。



バラが咲くのは、6月下旬ころからなので

記者の方には「見頃は、Webでご覧ください」

という趣旨の表記をお願いしたのですが・・・。

大丈夫かな?



ps

表側の原種チューリップは、2頭身のような「 ずんぐりチューリップ 」 ( 朱赤 )と

「 スラリほっそりチューリップ 」 ( 赤&黄 )です。

s-452-4原種チューリップ

これは、、スラリほっそりタイプの方です。





PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)