ローズミンタラ

時間と空間


この時期は、別れと出会いのとき。

歩んできた途 ( みち ) を振り返る人と、

未知 ( みち ) の世界を夢見る人が、交錯するとき

惜別と歓迎が飛び交う。

ゴールとスタートの両方を見ることができるこの時期に

木が育っていく様と比較していました。


ヨコ軸 ( X軸 ) を 「 空間軸 」 として、

タテ軸 ( Y軸 ) を 「 時間軸 」 とすると、

s-435-1 X軸 Y軸
【 1図 】

木は、時間の経過 ( Y軸 ) とともに大きくなり ( X軸方向に広がる )、

空間を占める割合が増大します。

木は、太く、大きくなり、存在感を示します。





ヒトを、この模式図にあてはめると、

Y軸の時間の経過は、木と同様なのですが、

X軸の空間で、単に身体が大きくなるだけでは物足りない。

知力、体力、人間性、強さ、優しさ、影響力、etc などが求められる。


s435-3XYZ
【 2図 】

もう一本、Z軸を引いて、人間性を表わせばいいのでしょうか?

強さや優しさは? 影響力は・・・どれほど軸線を引いたらいいのでしょう?

s-435-2軸々
【 3図 】

軸線がハリセンボンになってしまう。

表現しきれない。

古 ( いにしえ ) の仏師が千手観世音菩薩を思いついたのは、

どんな時だったのでしょうか。



ps.

2図と3図は、ネット画像の借用です。







PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)