ローズミンタラ

春の妖精

卒業、退職、異動、etc
弥生3月は、別れの季節
新しいときがくるのだけれど、どこか、もの悲しい。

北海道新聞の「小世里の歳時絵」とも、今回でお別れ。
お気に入りだったので、残念!

今回のタイトルはスプリング・エフェメラル
(Spring ephemeral)は春植物、「春の妖精」です。

歳時絵には
カタクリ、フクジュソウ、エゾエンゴサク
そして、リスが…

北海道新聞 「小世里の歳時絵」

4月下旬の浦臼神社では、
カタクリとエゾエンゴサクの群落と
跳ねまわるエゾリスの家族に会えるはず。
これは見ごたえがあります。

そのほかに、シャッターチャンスを待っている
大口径の望遠レンズ群にも、お会いできます。

春の妖精に会えるのはもうすぐ!
(おまじないのつもりです)

それにしても今年の雪どけは遅いな~。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今朝、通勤途中の並木道でコブシの花が咲き始めました。堅そうな蕾の殻がはじけて、突然に真っ白で大きな花びらが姿を表す様子は見事です。梅も桜も(ライラックも?)一斉に咲き始めるという北海道の春をいつか見てみたいな。上のほうにいるリス、浮かれたにゃんこに見えます。

みちえ | URL | 2012/03/28 (Wed) 10:15 [編集]


古武士

大きな武骨な木に、白くて大きな花。
葉はまだない。見事ですよね。

蕾が拳のようだからコブシだとか、
実が拳のようだからコブシだとか言われていますが、
木が高くて、つぼみも実も見たことがありません。

骨太の木に、大きな白い花。これは「古武士?」です。

大福 | URL | 2012/03/28 (Wed) 14:13 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)