ローズミンタラ

今日は、節分


2月は、父親のことを思い出すことが多い。

なぜか亡くなった日よりも、誕生日の方を思い出す。

「 紀元節生まれだ 」 と言っていたのと、「 正調、鬼祓い 」 の印象が

強く残っているからかもしれない。

s-402-節分

豆をまいて邪気を払い、春を迎える儀式

父の鬼祓いは、こんな風でした。

「 ♪ 鬼はー ソト! 鬼はー ソト!

福はー ウチ! 福はー ウチ!

天打ち、地打ち、四方打ち

鬼の目ん玉ぶっつぶせー、ぶっつぶせー 」 と大声で豆をまきます。



豆をまくのは、「 ♪ 天打ち 」 からです。

ココで、天井にまき、「 ♪ 地打ち 」 で、床にまき、

「 四方打ち 」 で、東西南北にまきます。

「 鬼の目ん玉ぶっつぶせ~ 」 は、開口部 ( 窓、ドア ) に投げつけます。



母親が炒った一升の大豆は、瞬く間に無くなってしまいました。

歳の数だけ食べると、その年は「無病息災」

「 福は~ウチ、福は~ウチ 」 と唱えながら頬張っていました。




使うマメは、殻付きの落花生に代わりましたが、

今年も、父親の口調を真似て、豆をまきます。

「 ♪ 鬼は~ソト、鬼は~ソト 福は~ウチ、福は~ウチ ・・・ 」

あっ、落花生は、千葉産にしました。

s-402-千葉vs中国
( 395円/140g が千葉産、   195円/250g が中国産 )

値段が3倍以上も違ってビックリしたのですが、年に一度の行事ですから

国産マメで鬼祓いです。





ps

TVの 「 あさイチ 」 では、節分にちなんで大豆の特集をしていました。

s-402-あさイチ

大豆を丸ごと食べると悪玉コレステロールの値が下がり、血管も若返るとか。

気になった方は、下記の入口からどうぞ。

あさイチ



砂川では、落花生やテトラパック豆が主流

大豆は、節分用品ではなく、食品売り場を探さないと見つけることができません。



豆に代わって勢力を伸ばしているのが、「恵方巻き!」

s-402-恵方巻き

恵方 ( 今年は、東北東 ) を向いて、目を剥いて、

大き口を開けて、太巻きを丸かじり!



こんなに流行るとは、思っていませんでした。

スーパーもコンビニも恵方巻きだらけ。

かつて、海苔巻きは、具とノリが多い端っこをもらうのが

最高の贅沢だったけれど・・・一本、丸まんまとは・・・。

いやー、商業イベント仕掛けの威力には

恵方を向かなくとも目を剥いてしまいましたョ。









PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)